幽霊はいる

2018–08–03 (Fri) 16:57
連日記録的な猛暑が続くが、気持ち的に涼しくなろうと肝試しに行く若者も増えるのではないだろうか。
夏休みのイベントとしてお化け屋敷も盛況になるが、嘘か真かお化け屋敷には本当にお化けが居着くという話がある。
これはスピリチュアル的に考えても結構当を得ていて、地縛霊や浮遊霊などが同じ波動に引き寄せられてやってくるわけだ。
スタッフのお化け以外に本当に何かいたと訴えるお客が必ずいるが、きっと実物に遭遇してしまったのだろう。
大概は冷やかし半分や淋しくてやってくる浮遊霊が多いからその場限りで終わるのが殆どだ。

しかし肝試しなどで「幽霊屋敷」と呼ばれている曰く付きの廃屋、病院、そしてトンネルはよした方がいい。
実際そういう所には悪霊や死霊が住み着いていて、そこに浮遊霊なども集まりネガティブな霊の溜まり場になっていることが多い。
幽霊屋敷と呼ばれる家は殺人事件や夜逃げなどの物件が多いし、生死関係なくそこに残った怨霊に同じ波動の浮遊霊が集まり死霊までやって来て住み着いてしまう。

だから面白半分で入ったら攻撃されたり取り憑かれる可能性は十分ある。
地縛霊となっているからその場所に足を踏み入れない限り問題はないが、たまたま弱っていたり霊感が強かったりネガティブな波動を持っていたりすると憑依されてしまうことがありお持ち帰りになる。

大抵は怪我をしたり熱を出したりで終わるが、ひょっとして前世や先祖がゆかりが深かったりすると、ずっと乗られて大変な目に遭う可能性もあるのだ。
強力な地縛霊は何体も浮遊霊や悪霊が重なって一つの物の怪となっていたりするので、安易に肝試しに行って彼等を刺激すると帰りに交通事故で大怪我などの悲劇になりかねない。

大抵暗くてジメジメし空気が淀んでいるような場所にとどまっているので、魔のトンネルなどと呼ばれる場所では視える人はトンネルの天井から壁まで幽霊が見えるらしい。
普通の街角でも場末の小路とか古い建物の陰とか、暗くて嫌な感じのするところは霊の溜まり場になっていたりする。

この世には成仏出来ずに彷徨って地縛霊や人間を狙う悪霊になる霊魂もいる。
何十年何百年と地縛霊となってそこに居座り続けると、もはや祈祷師が除霊をしても敵うレベルではなくなるらしい。
昔、庚申塚という魑魅魍魎を封じ込めた塚があるが、これもいたずらに石をどけたり工事でそこを掘り返したりするとよくないことが起こったりする。

この世にはまだまだ目には見えない怖いことがある。
お化け屋敷で恋人同士がキャーキャー言っているのはまだいいが、くれぐれも曰く付きの廃屋や幽霊屋敷と言われている場所に肝試しには行かない方がよい。


3636aa14f6733baad17c43be232fc5a7_s.jpg





« LGBTとスピリチュアル | HOME |  スピリチュアル業界の深さ »

コメント

コメントの投稿

 
管理者にだけ表示

トラックバック

トラックバックURL

http://leomasquerade.jp/tb.php/429-e133344b

⇒ この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

 | HOME | 

プロフィール

masquerade

Author:masquerade
職業画家でベネチアンマスクを描いています。

PR

カレンダー

10 | 2018/11 | 12
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

最新記事

カテゴリ

人気記事ランキング

月別アーカイブ

タグ

メール送信

リンク

フリーエリア

QRコード

QR

人気ブログランキング

PR