LGBTとスピリチュアル

2018–08–02 (Thu) 15:55
先般自民党の極右女性議員がLGBTは生産性が無いと言って炎上したが、これについては生産性で人間を論じるレベルでアウトだ。
自民党の総裁が直々に議員に勧誘したそうだが、その安倍さん自身が子供を持っていない。
また、女性先輩議員の大臣経験者など既婚独身かかわらず子供なしが何人もいるのに、どうやって論理の辻褄を合わせるつもりなのか。
多分親分の歓心を買いたかったのだろうが、その激しい矛盾に失笑を禁じ得ない。
ただ、かつてならマスコミも騒ぎ大問題で議員辞職だが、自民党の幹事長始め極右連中が同じ考えなので大した問題にもなっていないのが今の奴隷日本の現状だ。

LGBTは性的マイノリティーを指すが、彼等についてスピリチュアル的解釈はあまり確たる定説がない。
普通に考えれば転生の過程でスパンが短かったから直前の性の心のまま来てしまったとか、過去生のカルマだとか、あるいは魂が格上なので障碍者と同じで敢えて生き辛い選択をし修行しているとか、特別の役目がある等々だ。
多分どれも当たっていて、ケースバイケースなのかもしれない。

彼等が普通の人間より生きる上において多くの困難を抱えているのは間違いないことで、それを政治の場で差別排除することは言語道断だ。
去年障碍者施設で大量殺人があったが、理由は「障碍者は生きる価値が無い、社会のお荷物だ」という理由だった。
この犯人は安倍晋三総理に心酔していて彼を喜ばせようと犯行前に手紙まで出している。
くだんの女性ヘイト極右議員も似たような論法で、総理の意を汲み「総理が言えないから私が言う」と、どこかで聞いたような理由でぶち上げたのかもしれない。

同性愛は人類の歴史と共にある。
古代ローマギリシャ時代も皇帝が少年を愛人にしていたし、ギリシャの哲学者もバイセクシュアルが多かった。
日本の武将も小姓を戦地に連れて行くのはよくあって、織田信長と森蘭丸は有名だ。

問題はLGBTや障碍者を生産性が無い、社会のお荷物だと言って差別排除する風潮が、今の安倍政権になって段々顕著になってきた事だ。
障害者年金をカットしようとしたり生活保護費用を引き下げたり弱者切り捨てに走っているのは、国民がマイノリティー排除の風潮を否定しなくなったからだ。

全世界でマイノリティーの社会的差別はずっとあった。
日本でも障碍者や精神疾患は座敷牢に入れられた時代がある。
しかし文化水準が上がり社会が成熟して行けば、いかなる人間も人権を持ち弱者を社会が支えていく政治へと転換してきたはずだ。
私が学生時代は自民党政治だったとはいえ学校ではまず人権と人間の自由平等を教えられた。
自民党には「人の命は地球より重い」と言い、それを実践してハイジャックから人命を救助した総理大臣がいた。
因みにそこで助けられた日野原重明という聖路加病院の医師は、後にオウムサリン事件で多くの人たちの治療にあたり助けた人だ。

しかし、今の自民党政治が歴史の先祖返りを目指しているのは、今回のLGBTヘイト発言でも証明された。
そのうち姥捨て山、座敷牢法案でも出て来るのではないか。

障碍者や性的マイノリティーは、普通の人が想像もできないような苦難を負っている。
そんな人達を認めず、差別したり排斥したり「生」そのものを否定するような今の日本に絶望的な闇を感じる。
人権は天からの賦与であり義務と納税の代償ではない。
強い者が弱い者を守るのは動物の群れでさえやっていることではないか。


DSC_0345 (1)





« 人生を解くカード占い | HOME |  幽霊はいる »

コメント

コメントの投稿

 
管理者にだけ表示

トラックバック

トラックバックURL

http://leomasquerade.jp/tb.php/428-e95e855b

⇒ この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

 | HOME | 

プロフィール

masquerade

Author:masquerade
職業画家でベネチアンマスクを描いています。

PR

カレンダー

11 | 2018/12 | 01
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

最新記事

カテゴリ

人気記事ランキング

月別アーカイブ

タグ

メール送信

リンク

フリーエリア

QRコード

QR

人気ブログランキング

PR