人生を解くカード占い

2018–07–30 (Mon) 17:45
前記事で書いたが、ルノルマンカードという占いのカードが届いた。
やり方などはネットで検索すると出てくるし、カードの意味も幾つかのサイトで詳しく解説しているのでざっと見て早速やってみた。

確かに面白い。
幾つかスプレッドがあるが、圧巻なのは36枚の全カードを使ってリーディングするものだ。
グランタブローという名前が付いているが、大きな絵という意味で確かに占いのテーマばかりでなくその人の人生までもが浮かび上がってくるようだ。
ただ、リーディングも難しく位置関係から始まりカード同士の干渉を読まなければならない。
何度か形式を変えてやってみたが、いくつかあるカードの意味をどう解釈するかは結局読み手のセンスによるところが大きく、タロットやオラクルカードと同じだと思う。

たまたま電話占いの鑑定師をしている友人と電話で話したので、早速彼女に実験台になってもらい占ってみた。
彼女自身も仕事で鑑定する時はタロットもオラクルも使うがルノルマンカードはまだやっていないので、出たカードの写メを送り電話で話ながらリーディングして行った。
彼女の恋愛を占ったところそのものずばりというカードが適材適所?に出てきて、やはりかなり確度は高いようだ。
本職の占い師と一緒にやっているのだからそのうち二人でのリーディングになり、色々な角度から検討出来て一つの推理小説を読むように物語が紡がれていくのには驚いてしまった。

彼女は鑑定する時には殆どとっかかりとしてタロットを使うと言っていたが、既存のスプレッドではなくオリジナルを編み出してやっているという。
試行錯誤の末確立したそうだが、案外自分流でやってもいいのかもしれない。
過去現在未来を読むのは普通だが、シャッフルの仕方や展開ももっとオリジナルでいいかもしれないと考えた。

鼠のカードというのがあってそれを見て彼女が、彼の元カノがネズミ年だから元カノが心配だと言ったが、それこそ素朴なリーディングだと思う。
カード占いは奥が深い。
案外絵柄で直観的に来るものが当たる場合があって、理論通りにやるより瞬間的な閃きや印象も大切にした方がいいようだ。
そういう意味では絵柄が豊富なルノルマンカードは解釈の幅が大きい。
ルノルマンカードは数字も付いているので時系列も占えるようだが、どのように全てを繋げるかはこれからの課題だ。

カード自体は日本語解説なしだとアマゾンで1000円以下で購入出来る。
ネットで意味も占い方法も載っているので興味のある人は話の種にいかがだろうか。


DSC_0345 (2)




« カード占いは語る | HOME |  LGBTとスピリチュアル »

コメント

コメントの投稿

 
管理者にだけ表示

トラックバック

トラックバックURL

http://leomasquerade.jp/tb.php/427-5ffd00d0

⇒ この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

 | HOME | 

プロフィール

masquerade

Author:masquerade
職業画家でベネチアンマスクを描いています。

PR

カレンダー

09 | 2018/10 | 11
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

最新記事

カテゴリ

人気記事ランキング

月別アーカイブ

タグ

メール送信

リンク

フリーエリア

QRコード

QR

PR