甦る前世

2015–09–24 (Thu) 16:53
昨日はスピリチュアル系の大きな催しに行って来た。
ヒーラーやリーダー、占い師などいわゆるライトワーカーが宣伝も兼ねて、大きな会場にそれぞれブースを出して割安でセッションや占いをするというものだ。
10分から15分で1000円から3000円だから価格的にも手頃でヒーラーショッピングができるし、出店側もお客獲得のチャンスともいえる。

興味があったのと、何人か軽く見て貰いどんなリーディングをするのか、自分の分かっているガイドや過去世が出てくるのかを知りたかったのもあった。

たまたま知り合いから話を聞いていたチャネラーも出店していたので、ついでにというのもあり行ってみたのだが、そこで思いもかけない出来事が起きた。

目的のチャネラーを見つけ早速過去生を見て貰ったところ、まず絵を描いている場面を見たらしく色々説明された。
しかしそのうち突然彼女は感動したように目に涙を浮かべた。
驚くことに、私は前世のどこかで彼女に絵を教えていたという事実に突き当たったらしい。
私もそれに呼応するように様々な情報が降りてきて、二人同時にかつてヨーロッパのどこかで私は彼女の絵の先生だったとお互い分かったのである。

彼女はチャネリングをする時簡単な絵を描くらしいが、なぜか私の前では描けずにいておかしいと思っていたところ、私が画家だと教えると一気に昔が甦ったようだ
その時は私もチャネリング状態になっていて、様々な言葉が出てきて彼女に話したが、それが琴線に触れるらしく泣き出して逆セッション状態になってしまった。
私にも10代後半の金髪の彼女が見えて妙な懐かしさを感じたり、その時の彼女との遣り取りのビジョンも見えていた。

あまりの展開にお互い驚愕していたが、知り合いの伝で彼女と結びついたのは偶然以外の力を感じる。
その知り合いはかつて私の弟だった女性だから、これはもはや「仲間を集めている」という私のハイヤーセルフからの説明通りではないかと思ってしまった。

仲間を集めてどうするのだろうかとその時は思ったが、あながち幻想ではないのだろうと改めて感じた。
一人で勝手に感じるなら妄想と言われても仕方がないが、お互いに同じ感じを受けるなら信憑性は高まる。

日常の生活では会って離れていく人々にそんな縁があったとは気が付かないのが普通だが、もしかしたら、いや、きっと人生で知り合う人達はどこかで会っていたことがあり、特に身内や親しい人間は良縁悪縁どちらも必ず過去生で関係があるものだ。

輪廻転生など信じない人の方が多いが、ひと度発想を転換し視点を変えると驚くような過去の世界が見えてくるかもしれない。

a.jpg



« ネットとスピリチュアル | HOME |  チャネリングの方法 »

コメント

コメントの投稿

 
管理者にだけ表示

トラックバック

トラックバックURL

http://leomasquerade.jp/tb.php/42-8a4f1f5a

⇒ この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

 | HOME | 

プロフィール

masquerade

Author:masquerade
職業画家でベネチアンマスクを描いています。

PR

カレンダー

08 | 2018/09 | 10
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

最新記事

カテゴリ

人気記事ランキング

月別アーカイブ

タグ

メール送信

リンク

フリーエリア

QRコード

QR

PR