前世は語る

2018–07–03 (Tue) 17:09
誰でも何となく好きな事、好きな場所、あるいは興味を持つものや、逆に嫌悪感、恐怖を感じるものなどがある。
自分の中の説明の出来ない思考回路や行動様式、感情的反応などは過去生に由来する場合が多い。
よく言われるが、水の怖い人は水死、高所恐怖症は墜落死、閉所恐怖症は生き埋めの過去生を持っているらしい。
その他にも何かについて恐怖心を持っていたり、反対に得意だったり才能があったりする場合も前世でも同じ事をやっていた可能性がある。

日本人なのにある国が好きだとかある時代が好きだというのも過去生でそこにいたりして、実際その地を訪れてみたり、博物館でその時代のものを見てデジャブを感じることはよくある。
私はスピ系の知人が何人かいるが中で4人魔女だったことがあるという人がいて、いずれも占い師やセラピストをしているが、一人は火焙り、一人は絞首刑、一人は縛られて水に沈められ、一人は少年に扮して逃げ延びたという。
首を絞められ殺された人は今でも首を触られるのが嫌だと言っていたし、火焙りの処刑で死ぬ間際に自分が叫んでいたのを思い出したという人もいた。

これは妄想だと思ってもらってもいいが、私にも中世ヨーロッパで告発され捕まり拷問の末死んでいった過去生がある。
冷たい地下牢の床で体が腐り「まだ死ねないのか」と思っていたビジョンが見えた。
凄絶な死に方を知った時はさすがにショックだった。
でも自分の今生を顧みた時、生き方としてあの時の死に様が魂に深い傷となり、影響しているのが納得出来たような気がした。
このシーンはガイドになかなか見せてもらえずやっと覚悟が出来た時にセルフヒプノで見ることが出来たものだ。

もう一つもっと古い過去生があるのだが、その時の仕事でパワーアップの為奴隷の目をくりぬいて飲むか食べるかしていたらしく、皿や瓶に目玉が入っているのをはっきりと見た。
これもあまりにショッキングなので最初は見せてもらえなかった。
やっと見た時に、私はずっと左目に病を持っていて、奴隷の左目をくりぬいていたから今もそれを持ち越しているのだろうと腑に落ちた。
その時に誓ったのが魂の契約で、「力を手に入れるために人を犠牲にしたのだから、力は人のためにしか使わない」と誓いを立てたようだ。

まあ、トンデモ話なので一笑に付されてもいい内容だ。
他にも騎士で戦った前世が多く裏切られて後ろから刺されることが数回あったり、その場所を今世でもメスを入れたりと、今の人生に符合することが過去生を見て多々あったので、私自身はそれらの前世は信じているし謎を解明できたと考えている。

因みに悲惨な過去生が多いのは人生で遭遇した問題やトラブルに関係する過去生だからで、もし今抱えている問題を解決したくて過去生を知りたいのならまずネガティブな前世しか出てこないことは覚悟しておいた方がいい。
単にどんな過去生があるのか見てみたいなら、セラピーの前に「一番幸せだった前世」と設定してから見に行った方がいいだろう。

私は自己犠牲、罪悪感、贖罪意識、不安、恐怖とネガティブ思考を抱えていて、それに関する過去生はむべなるかなの悲愴なものばかりだったが、一度「一番幸せな前世」というのを設定して見に行ったところ、ベネチアで今のガイドと夫婦をやっていた過去生が出て来た。
その時にベネチアンマスクを被り踊っていたようだ。

人によっては自分の前世の証拠を探して来る人もいる。
前世の記憶を持って生まれてくる子もいて、その追跡調査をするとほぼ真実として証明できるそうだ。
そんな事実を突きつけられれば、転生はあると認めたくもなる。






« 前世を知る | HOME |  前世のパターン »

コメント

コメントの投稿

 
管理者にだけ表示

トラックバック

トラックバックURL

http://leomasquerade.jp/tb.php/414-d9dc82c6

⇒ この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

 | HOME | 

プロフィール

masquerade

Author:masquerade
職業画家でベネチアンマスクを描いています。

PR

カレンダー

09 | 2018/10 | 11
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

最新記事

カテゴリ

人気記事ランキング

月別アーカイブ

タグ

メール送信

リンク

フリーエリア

QRコード

QR

PR