自責と他責

2018–06–17 (Sun) 15:43
自責、他責という言葉があるが人間もこの二通りの傾向に分けられるような気がする。
トラブルがあると人のせいにする人と自分のせいにする人でどちらが楽かと言えば勿論前者だろう。

私は自責タイプの人間で特に物事の分別が付くようになると自分の中に倫理や道義の価値観を作り上げてしまい、しばしば自縄自縛になり自らを苦しめて来た。
「天に背く」「人としてどうか」「良心が痛む」等々。
この感覚が発動すると人生の失敗や過ちに罪悪感や贖罪意識が出て、自責、自虐、自己犠牲、自己刑罰へと行くことが多い。

私は宇宙人だったせいか(笑)、親にしたら心の中が読めない子で特に権力的な母親とはあまり折り合いは良くなかった。
普通の親子関係だったが彼女が夫を亡くし一人暮らしになりまだら認知が出始めると、強迫観念のように娘を支配しようとし出した。
近くに住んで面倒を見ていたが毎日のように不満を訴える母親に段々息苦しくなりながらも、何か言うと「死ぬ」と泣いたり脅すので刺激しないようにひたすら言いなりになっていた。
数か月後に私は自分のメンタルがおかしくなっているのに気づいた。
ストーカーのように毎日電話を寄越す母親に怖くなって電話にも出られなくなったが、一方心の中では認知の母親にこんな仕打ちをしていいのかという良心の呵責と人としてどうかという自責の念で葛藤に苦しみ進退窮まっていた。
もうこんな状態から逃れたいと思って朝になったら目が覚めなくてもいいと考えるようになった矢先、大きな病気が発覚した。

今思えば全てから逃げ出したいと思ったから、逃げ出せる方法を自分で引き寄せたのかもしれないが、入院手術をして生きられるのだろうかと考えた時私はようやく自分の母親の呪縛からブレイクスルー出来たのだ。
つまりそこまでなって初めて私は自分で決めた一人よがりの倫理や道義の基準を外せたわけだ。

自分が母親に縛り付けられていると思ったのは実は自分自身で縛っていただけであって、それは自分で作り上げた「人間としてせねばならないこと」というマイルールのせいだった。
「母親を見捨てる娘」という構図は私の見方であって「ボケて娘を壊す母親」という違う見方も成り立つのだ。
ボケ始めた母親に縛られ心身を病んで生命の危機に晒されるまで追い込まれたのだから、人の道など通用する次元ではないがすでに洗脳状態で客観的に考えられなくなっていた。

問題は相手ではなく自分の中にあったのだと後になってようやく気が付いた。
「親を介護しない子供」の自分を許せないから許せる理由を自ら作った。
良心の呵責や罪悪感を払拭するには「これだけ自分も痛んで苦しんだ」という証明をして自らを納得させなければ、「人の道という呪詛」から心を解放できなかったのだろう。

自責の念を相殺するために自分を痛めつけることを潜在意識でやっている場合がしばしばある。
もし私が上記のような他責型の人間であれば、子供を苦しめるひどい親だと考え楽だったろう。
それぞれの魂が持っている宿縁や因業はあるかもしれないが、少なくとも魂は自分を苦しめ傷つけることは決して課題として持って来てはいない。

一番してはいけないのは、自責と自虐と自己犠牲と自己刑罰だ。
そんなことをしても誰も喜ばないし、私も大事な人達を悲しませてしまった。


019.jpg





« 拉致問題の政治利用 | HOME |  恋愛と生霊 »

コメント

たびたび失礼いたします

masqueradeさんのお住まいの地域では、地震の揺れは大丈夫だった
でしょうか?
(私の地域は関西から離れておりますので、影響は少なかったのですが……)

 さて、お母様への自責の念のお話。その悲痛は、ご本人以外、なかなか理解できないと思いますが、私も、似たような経験があることを思い出しました。
 masqueradeさんの自責の念には到底及ばないものですが、それは、
15年ほど前、私が他県の人と結婚して、実家を出ていくときのことです。
 父はとっくに亡くなっていて、私が実家を出ることは、イコール、母を
ひとりぼっちにしてしまうということなので、なんとなく重い気持ちで
いたところ、遠い親戚や、疎遠になっていた人から「自分だけ幸せに
なるつもりか?」「お母さんがかわいそうだ」と責められました。
 逆に親しくしている親戚や、私自身も仲のいい母の友達は、「心配しないで、お母さんのことは私たちに任せて」と、背中を押してくれたんですけどね。
 今回、masqueradeさんの記事を読んで、あのときの、それほど親しくもない人からわざわざ責められるという出来事は、私自身が引き寄せていたんだと
気づきました。私のなかに、母を置いていく自責の念があったからだと思います。それにしても、あのとき言われたことを私も随分長い間、引きずってしまいましたので、自責というのはあなどれませんね。
 

Re: たびたび失礼いたします

コメントありがとうございます。

地震のお気遣いいただきましたが、私は関東在住なので全く関係はありませんでした。
また大きなのが来るかもしれないと「体感さん」たちが言っているのでまだ気を付けた方がいいようですね。

自責の念は持たない人にとっては理解しがたいものがあるかもしれません。
でも、相手の気持ちが分かったり人の立場で物を考える人間はどうしてもその方向に行ってしまいます。

ただ、それを超えて客観的に事実を判断する必要があるのではないでしょうか。
自分の立場から導き出す自責は、一人よがりな強迫観念になってしまう可能性もあります。
サチさんの場合はお母様も一人娘と離れて悲しいかもしれませんが、一方自分の人生を楽しんだり子供への責任感を手放せたのでいい面もあったと考えることもできます。

何事も色々な角度から考えた方がいいかもしれません。
どのみち子供が幸せになるのが親の一番の願いではないでしょうか。

コメントの投稿

 
管理者にだけ表示

トラックバック

トラックバックURL

http://leomasquerade.jp/tb.php/403-db7db42a

⇒ この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

 | HOME | 

プロフィール

masquerade

Author:masquerade
職業画家でベネチアンマスクを描いています。

PR

カレンダー

11 | 2018/12 | 01
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

最新記事

カテゴリ

人気記事ランキング

月別アーカイブ

タグ

メール送信

リンク

フリーエリア

QRコード

QR

人気ブログランキング

PR