守護霊の知らせ

2018–05–31 (Thu) 17:15
守護霊は一人で生涯変わらないというのがほぼスピの考え方として共通している。
その他に補助霊とか背後霊というのがいて守護霊以外にも守護する存在が数人固定的にいるが、中には何年かで変わって行く場合もあるようだ。
その中で指導霊という能力や才能を授けたりする守護霊もいて、これが変わるといきなり転職したり違う能力に目覚めたりする場合がある。
これらを総称してガーディアンスピリット、あるいはガイドと呼んでいるが、霊能者などに見てもらうとしばしば同じ格好や様子で出てきたりするのはこの一人だと思っていい。

大体4人ぐらい守護する存在が付いていると言われるが、芸能人や政治家など100,1000単位で付けている人もいるようだ。
全てが守護する存在とは限らず、中には悪さをしたり何もしなくてただ居るだけという霊も憑いている。
たまたまどこかでひょいと肩に乗ってきた霊などはすぐに離れてしまうが、何かしら縁があったり意図的に憑いた場合はちょっと厄介だ。
ただ、守護する存在としての霊は一度いわゆる成仏しているので、不成仏で浮遊している霊とは違う。

守護霊、指導霊、補助霊、背後霊、ガイドと色々呼び名はあるが概ね意味は同じで、生涯変わらない守護霊と他数人の補助霊が守護してくれると考えていいだろう。
他にもハイヤーセルフというものがあるが、これも高次の自分や魂の源など色々解釈がある。
ハイヤーセルフガイドと言ったりスピリチュアルでは解釈も呼び方も様々だが、大きなところでの捉え方は同じだ。

案外スピリチュアルには疎い人でも、自分の守護霊がどんな人なのかぼんやり知っている人がいる。
イメージ的におじいさんとかおばあさんとか髭を生やしていたり着物を着ていたり。
亡くなったご先祖様など具体的に感じている人もいる。
そしてそれは殆ど当たっているようだ。

困った時やピンチの時に助かったとか、救われたと思ったら必ず彼等の介入が入ったと思ってよい。
あとは何となく予感めいたものを感じたらそれも彼等の報せだ。
気が付かなかったら身近な誰かを使ったり、あえて事を起こし気付かせたり、色々な方法で助けてくれる。
ただ、彼等は知らせ注意喚起をしてくれるが、選択は本人なのでそれを無視したり違う道を選べばそれを変えることは出来ない。

付いている存在の魂が向上するように彼等は守り教えてくれるが、それになかなか気が付かない場合も多い。
道に迷った場合は必ず助けてくれるし合図をくれるので、アンテナを立てて自分の直観、閃き、予感、何かの印象や言葉を逃さないようにした方がよい。
信じらられないかもしれないが、ガイド達に「どうすればいいか教えてください」と心から願ってみれば、本当に何かの方法で教えてくれるだろう。




« 死の占い | HOME |  迷信とジンクス »

コメント

こんにちは

母の顔を見るたびに、
「お母さんを一人で買い物に行かせてはいけない。」
「お母さんに重たいものを持たせてはいけない。」
と強く思った時があります。

ボケ老人ではない、と母は嫌がりましたが、
できるだけ一緒に買い物に行き、
その途中に母が事故に遭った時がありました。

あれは祖母からのメッセージだと、今でも思っています。

でも、どのような形をとってお知らせが来るのか、
後になってからでないと本当にわかりませんね。

Re: タイトルなし

コメントありがとうございます。

そのエピソードは明らかにおばあさまのお知らせだったようですね。
「ふと思う、何度も思う、そんな気がする」というのは見えない世界からのメッセージの場合が多いです。

後から検証すると思い当たることは誰でもあるでしょうが、そこにとどまらず幾つかのパターンを気に留めておくと、今度は「あれ、この感じは覚えがある」と気づき事前にキャッチできるようになりますよ。
要は本人が日頃意識するかどうかだと思います。
沢山受け取ってくださいね。

コメントの投稿

 
管理者にだけ表示

トラックバック

トラックバックURL

http://leomasquerade.jp/tb.php/394-88f92e16

⇒ この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

 | HOME | 

プロフィール

masquerade

Author:masquerade
職業画家でベネチアンマスクを描いています。

PR

カレンダー

08 | 2018/09 | 10
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

最新記事

カテゴリ

人気記事ランキング

月別アーカイブ

タグ

メール送信

リンク

フリーエリア

QRコード

QR

PR