三峯神社と猿

2018–05–20 (Sun) 17:16
三峯神社へ一泊で行って来た。
ここは2~3カ月に一回は心身の浄化も兼ねて行っているのだが、今回は身内と一緒にゆっくり宿坊へ一泊してきた。
今までは晴天の日が多かったが今回は霧に包まれていた。
三峯神社の霧は神様が降りてくると言われているが、先が見えないような場所もあって幽玄な雰囲気が漂っていた。

宿坊の部屋に入ると、窓の外に連れが猿を見つけた。
鹿は会ったことがあるがまさか猿がいるとは思わなかったので驚いた。
三階だったが下の屋根の上で子猿が一匹座っていたのだ。
猿も神遣いと言われるが、三峯神社で猿に遭遇するとは。

どうも今回は猿のシンクロがあるらしく、荷物を置いてお社を順に参拝しずらりと並んだ末社を一つ一つ見て行った時猿田彦神社に連れが目を止めた。
「猿田彦珈琲ってあるけどここから来ているのかな」と連れが聞いた時に突然頭上から一枚の木の葉が連れの目の前にひらひらと落ちて来た。
私は「ほら、返事をしてくれたかも」と言ったが、あまりのタイミングの良さだった。

それから東照宮の摂社に参り、日光東照宮には行かないのかと聞かれ、そこには「見ざる聞かざる言わざる」の三猿がいることを思い出した。
まあ、こじつけというか連想ゲームのようだが、実は猿のシンクロは翌日も続いていた。

帰途の途中、西武秩父駅での待ち時間に買い物があるという連れに付き合って市街地を歩いて行くと偶然秩父神社を見つけた。
せっかくだから参拝して行こうということになり、案内を見たら境内に有名な三猿がいるではないか。
こちらも徳川由来の神社で家康公が三猿の彫刻を彫らせたそうだ。
日光東照宮の三猿とは反対でよく見てよく聞いてよく話してという元気三猿と言われており、日光東照宮とは対照的な猿だ。

それにしても日光東照宮には行かないと言ったのだが、翌日全く意図せず秩父神社の三猿に参ることになるとは不思議だった。
猿は厄が去るという厄落としや導きという意味があるらしい。
狼の神社である三峯神社で猿に遭遇し、帰りは三猿に参拝することになったのはきっと何か意味があったのかもしれない。
三峯は憑き物落しの神社だが、憑き物が落ちて猿のシンクロが起こり厄も去って最後にはお元気三猿で元気をもらったと考えれば、何ともハッピーな神社詣でだったようだ。

単なる我田引水のこじつけかもしれないが、ネガティブよりはポジティブに考えた方がよいし、最後に秩父神社へ行ったのは完全に偶然だったのできっとガイドが私達を行かせてくれたのだろうと思う。
憑き物が落ちて厄が去り元気になれると信じれば、そんな現実を引き寄せられるような気がする。
色々な方法で見えない世界は教えてくれたり注意喚起をしてくれる。
単に偶然と思わず物事を視点を変えて見るのもいいのではないだろうか。

蛇足だが、私は三峯神社へ行く朝方茶色の子犬を連れている夢を見た。
子犬だと思ったのだが・・・これ以上は言わないでおこう。笑


DSC_0189.jpg DSC_0175.jpg







« 人の寿命 | HOME |  他者への祈り »

コメント

コメントの投稿

 
管理者にだけ表示

トラックバック

トラックバックURL

http://leomasquerade.jp/tb.php/389-92ea652b

⇒ この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

 | HOME | 

プロフィール

masquerade

Author:masquerade
職業画家でベネチアンマスクを描いています。

PR

カレンダー

08 | 2018/09 | 10
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

最新記事

カテゴリ

人気記事ランキング

月別アーカイブ

タグ

メール送信

リンク

フリーエリア

QRコード

QR

PR