心身の浄化

2017–12–24 (Sun) 13:41
最近色々立て込んでいてブログ更新もままならなかった。
年末だからというわけではないが、自分の中でも最後のデトックスが来ていた。
今年は何かと体調不良や意識のクラッシュが多く、心身共にリセットを余儀なくされているような年だった。

最近九星気学で9年間でどん底の年だと分かり、やはり統計学は当たるかも、と納得が出来た。
こういう統計学や算命系の鑑定は、自己暗示にかかりやすい人間はあまり知らない方がいいのではないかとも思う。
構えて引き寄せてしまうからだ。
ポジティブに考えられる人は転ばぬ先の杖的に迎えられるだろうが、ネガティブ人間は自分でネガティブのループに陥ってしまう。

私がこの一年で学んだことは、一つの大きなトラブルやネガティブな出来事は必ずいくつかの伏線があって、それが合致した時に起こったり一つのきっかけが次々と他の要素を呼び込むという事だった。
例えばもともと悪い運気の時に気持ちがネガティブになり、人間関係の躓きがあって同時に体調を崩したとする。
これは前二つの素地があって、人間関係ではネガティブな他者の波動を受け疲れていたところにそれが作用し体調を崩し、なおかつ自分の抱えてきたカルマがそこで発動して、おまけに実は前世で大変な目に遭っていた歳だったリするとかなりの条件が重なってしまう。
多分この半分でも欠けていたらトラブルは回避できたかもしれない。

よく占いでも病気やトラブルの原因は何ですかと聞きたくなるが、一つではなく複数が重なっていることが多い。
シンクロし増幅して大事になってしまうのだ。

ただ、人生で起きる出来事は大きなことほど必ず意味がある。
私はスピリチュアル的思考になってから、その意味の追究を始めてしまうようになった。
自分がプログラムしていたり選択してしまった事柄なので、意味を探ったら必ず気づいたり改めたり学ぶというケアこそが大事だと思う。

今月は仕事面で忙しかったのと胃腸のトラブルにも見舞われたが、これでクリアしなければならない今年の潜在意識の課題も見つかったので最後の厄落としだと思っている。
台風が過ぎ去った後に空気がきれいになるように、しんどいことがあっても解決した後にすっきりするのは浄化が行われたという事なのだろう。


DSC_2650.jpg




« 自分にかける「呪」 | HOME |  宇宙の法則 »

コメント

こんばんは

お仕事で忙しいのは何よりですが、もしかして体調を崩されているのでは、と思いました。
でも、最後のデトックスでしたら、あとは収束するのを待つのみですね。

>自分がプログラムしていたり選択してしまった事柄なので、意味を探ったら必ず気づいたり改めたり学ぶというケアこそが大事だと思う。

「気づいたり」「改めたり」「学ぶ」ことが一番の目的なのかなあ、と思い始めています。
私は原因ばかり突き止めようとしていましたが、素直に受け入れ始めてから、何かが少しづつ変わってきたように思います。
とは言え、まだ完全に終わった訳ではありませんが。(汗)

Re: タイトルなし

コメントありがとうございます。

神経性胃腸炎を起こしておりました。
原因も色々重なっているようです。

魂が成長するために人間に生まれているのですから、死ぬまでこれでいいということはないのでしょうね。
経験から学ぶというのは実生活で必要ですが、魂レベルでもそれをしないと毎回同じお試しが来るようです。
今年の厄は今年のうちに落としたいものです。

コメントの投稿

 
管理者にだけ表示

トラックバック

トラックバックURL

http://leomasquerade.jp/tb.php/358-2befd1b6

⇒ この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

 | HOME | 

プロフィール

masquerade

Author:masquerade
職業画家でベネチアンマスクを描いています。

PR

カレンダー

11 | 2018/12 | 01
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

最新記事

カテゴリ

人気記事ランキング

月別アーカイブ

タグ

メール送信

リンク

フリーエリア

QRコード

QR

人気ブログランキング

PR