霊能力の繋がる場所

2017–12–03 (Sun) 16:32
最近なるほどと思うスピ的考察を読んだ。
占い師でも霊能者でも簡単に霊視出来る人はあまり高いところとは繋がっていないという内容だった。
確かにどこと繋がっていても守護霊や背後霊、過去や未来がある程度見えたり分かったりする。
霊能者と言われる人は自分が情報を持ってくる場所や相手を知っている人もいるし知らない人もいる。
また、御本人はそう思っていても実は騙されていたりして高次の霊を騙った質の悪い存在の事もある。
それでもある程度は見えない世界を見せてくれるのだ。

以前知り合った霊能者で様々な神仏が自分にはついていて、呼び出して力を貸して貰っているという人がいた。
確かに御本人は信じて疑っていないので何とも言えないが、そう簡単に八百万の神を呼び出せるものだろうかと私は思ってしまった。
神をつけるということもやっていたが、そこまで行くと?マークがついた。
自称陰陽師や新興宗教のようなところで神入神や守護霊を付けるという秘儀をやっている場合があるが、これはアチューメントの亜流であまりよろしくないものを憑けられるのは想像に難くない。

彼、彼女らは自分にそんな能力を与えてくれる存在を本当に神仏だと思っているわけだろうが、簡単に人間が神を人の体に入れたりつけたり出来るものだろうか。
実際こういう能力者達は霊を見たり話したりして見えない世界と繋がっているのも事実だろうから、そんな技を見せられれば普通の人は凄いと思って信じてしまうだろう。

繋がっているところが以前記事にしたミカエル会社や不動明王会社の社員や派遣ならまだいいが、もしかしたらサタンや牛頭魔人の凄腕営業マンの可能性だってある。
凄腕営業ならカルトの一つぐらい簡単に作る能力は与えてくれるだろう。

スピリチュアル能力を持っている人もピンからキリまでいて、霊能は最もポピュラーな一つだが、中には本当に一生を懸けて神仏の使徒となったり人知れず災害や大きな厄難を押さえている能力者もいる。
あるいはいわゆるスピリチュアルではなくても医療や芸術や発明発見など違うスキルでスピ能力を発揮し人類に寄与している者もいる。
大きなギフトを与えられると人生と引き換えにするような大仕事が来る。

見えないものが見える聞こえるというのは、自分は勿論占い師や霊能者に鑑定してもらう時にも本当に見せてくれているのが大丈夫な存在なのかどうかは慎重に見極めた方がよい。
ポイントは自分の直観と、その後の感じを検証することだ。
ちょっとでも違和感があったら気を付けた方がいいし、何度か回数を重ねる途中でそれが出て来た時も注意かもしれない。

残念な話だが霊は嘘をつくし、神仏のふりをするのはよくあるようだ。
しかし心から自分の守護霊なりガイドなりを信じていれば必ず警告をしてくれるだろう。


3196_L.jpg




« 世界観が変わる | HOME |  過ちを認める »

コメント

こんばんは

神仏が見える、言葉が聞こえた、なんてことがあったら、要注意と思ったほうが良さそうですね。
幻覚や幻聴とも言えそうですし、全く別の問題が発生しているかもしれないですし。(汗)

Re: タイトルなし

コメントありがとうございます。

中には本当に見えたり聞こえたりする能力者もいるようです。
ある時神が降りて来たという人もいますし、名乗っているのが本当かどうか証明できない世界です。
もっと言えば神様も名前があってもエネルギーなので便宜的にその名前という可能性もあります。
ただ、自己申告して来る神様やことさらそれを強調する神様は疑問符が付くでしょうね。

見える聞こえるは内なるエゴの声か、あまりよろしくないものかもしれません。

コメントの投稿

 
管理者にだけ表示

トラックバック

トラックバックURL

http://leomasquerade.jp/tb.php/354-81b2bf73

⇒ この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

 | HOME | 

プロフィール

masquerade

Author:masquerade
職業画家でベネチアンマスクを描いています。

PR

カレンダー

07 | 2018/08 | 09
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

最新記事

カテゴリ

人気記事ランキング

月別アーカイブ

タグ

メール送信

リンク

フリーエリア

QRコード

QR

PR