類は友を呼ぶ

2017–10–22 (Sun) 15:37
私は昨日不思議な光景を見た。
現実なのだがいつもスピリチュアルで言う法則がそのまま具現化したビジョンだった。
「自分の周りは鏡」「波動やステージの違い」「引き寄せの法則」、現実的な言葉で言えば「類は友を呼ぶ」だろうか。

昨日は衆議院選挙戦の最終日だったが、各政党の最後の街宣が行われた。
中でも上記の事実が如実に表れた二つの街宣があった。
私は昨日はずっとネットで選挙に関して色々な情報を見ていたが、二つの街宣についてのツイートや画像、動画を見比べて景色や集まった人々の違いに驚きを禁じ得なかった。

一つは旋風を巻き起こした枝野党首率いる立憲民主党で雨の中新宿でやっていた。
その後は自民党の安倍総理の秋葉原の街宣があった。
前者はお立ち台に立ってすぐそ側まで聴衆が取り囲み静かに演説を聞き時に賛同の声と拍手が入る。
自然発生的に枝野コールも起こるがこれは選挙期間中日本各地で同じ現象があった。
後者は警察と自民支持者と創価学会員及びガラの悪い連中がバリケードを作り、反対意見のプラカードやヤジを取り囲んで封殺する。
自民党は用意をしたおびただしい日章旗と馬鹿でかい横断幕で、脚本通り称賛を叫び最後には安倍晋三の大合唱だ。
ツイッターで「大人の塚本幼稚園」というハッシュタグが立っていたが、ドンピシャのキャッチだった。

私はここでどちらがどうという是非は着けないが、一方では雨の中自主発生的に大勢が集まり後ろの人のために傘を畳み、大人しくしかし真摯に演説を聞いている。
片や金で人を動員し警察を私物化してバリケードを張り反対派を排除恫喝して人気を演出する。
安倍総理は前回の秋葉原の失態のリベンジのため用意周到にこの舞台を仕込んだのだろうが、結果日章旗がはためくカルト集団の絵が出来上がってしまった。

両方に集まった人達はそのまま支持される人間の資質やレベルが投射されている。
同じ波動、同じステージの人間が集まっているわけだ。
さすがに秋葉原の日章旗が林立し大戦前夜を思わせる光景は異様すぎてマスコミも報じられなかったらしい。
安倍大好き産経も読売も一切載せていない。

様々な国民がいて思想信条は自由だ。
アキバで日章旗を振り回す人達が多勢になったら、日本にはそれなりの道が用意されるだろう。

下の画像の対比を見てどう感じるかは魂のグループの違いによると思う。

DMqMHHYU8AAm5EO.jpg a851a3a81c65acb20eecde6f5628e484.jpg DMtjmOwUEAAetVf.jpg





« 矛盾した願い事 | HOME |  事実は小説より奇なり »

コメント

コメントの投稿

 
管理者にだけ表示

トラックバック

トラックバックURL

http://leomasquerade.jp/tb.php/341-75b3d9a6

⇒ この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

 | HOME | 

プロフィール

masquerade

Author:masquerade
職業画家でベネチアンマスクを描いています。

PR

カレンダー

09 | 2018/10 | 11
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

最新記事

カテゴリ

人気記事ランキング

月別アーカイブ

タグ

メール送信

リンク

フリーエリア

QRコード

QR

PR