波動が変わる時

2017–08–31 (Thu) 16:05
波動というのはスピリチュアル用語だ。
よく波動が高い、低いなどと使い、波動を上げるのがスピに足を踏み入れた時の事始めだ。
波動、周波数、エネルギー、気なども似たような意味で使うが、いずれも魂磨きで霊的成長を目指しているということだろう。
魂に着眼するからそうなるが、普通の人間として生きていく上で人間性を磨いたり高めたりすればこれは自動的に行われるものだ。
人格者や高潔な人、徳の高い人は自ずと波動も周波数も高い。

スピの講座に高額の料金を払って通うより、周りの人間に優しくしたり人に親切にしたり道端のゴミを拾うなど実践して行けば充分波動アップはすると思う。
シニカルな言い方をしているが、波動というのは確かに判るようにはなった。
実際波動の変化というか自分が確実に変わってきていると思う事はこれまで何回かあったからだ。
私の場合は半強制的に覚醒させられた部分がある。
後からスピ的にそれを検証してみると教科書通りの展開のようで、恐るべしスピリチュアルと思ったものだ。

人生の「まさかの坂」は自分の波動が変わる前に起こる。
負の先払いとも言えるし東洋医学では好転反応とも言う。
例えば人生の転機の前は悪いことばかりが起ったり、その悪いことが結果的にいいことに繋がったりということがよくあるだろう。
人生のアクシデントですっかり周りの景色が変わって本人自身の在りようも変わるのは、まさしく波動が変わりステージが変わるからだ。

「痛み失くして成長なし」という言葉があるが、喜びの前には苦しみがあるというのはスピに関係なく世の真理だろう。
私自身もスピリチュアルに覚醒したのは半ば強制的にその道に進まされたようなもので、多分私の魂にとっては必要な道程だったからハイヤーかガイドかとにかく目に見えない存在が試練という形で後押ししたのだと思う。

人生で大きな岐路には大きなことが起こるが、それほどでなくてもやはり小さい変動の時もそれなりの好転反応は起こる。
分かりやすいのは誰でも体調の異変があるようだ。
やたら眠くなったり逆に眠れなかったり精神的な不安定もよくある。
異常な眠気に襲われるのはスピ的にその後大きな転換期があるからだと言われているが、これは私も経験があるのでその通りだと思う。
現実的な体調不良も多い。
大抵は違うエネルギーが入って来るので、それまでの体に溜まったものをデトックスする意味で熱を出したりおなかを壊したりする。
身体から出るものは何でもデトックスなのであまり薬で止めない方がいいようだ。

現在、日本はかなりネガティブな波動が流れている。
敏感な人はニュースを見るだけで影響されてしまうだろう。
私も正確な情報を収集したいのでかなりの時間をネットに費やしているが、おかげで最近はそれに集中すると調子が悪く、分かりやすいのは目がかすみもう見るなと後ろから叱られる感じになる。

今は色々なものが押し寄せて自分の体を守るのもいっぱいいっぱいの人が多いのではないかと思うが、どんなにきつくともそれはスプリングボードで身を縮めている状態だと思い、ジャンプすれば次のステップが必ず来るのを信じよう。


006.jpg




« 北朝鮮ミサイル | HOME |  天の世直し »

コメント

コメントの投稿

 
管理者にだけ表示

トラックバック

トラックバックURL

http://leomasquerade.jp/tb.php/322-a6f4380a

⇒ この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

 | HOME | 

プロフィール

masquerade

Author:masquerade
職業画家でベネチアンマスクを描いています。

PR

カレンダー

11 | 2018/12 | 01
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

最新記事

カテゴリ

人気記事ランキング

月別アーカイブ

タグ

メール送信

リンク

フリーエリア

QRコード

QR

人気ブログランキング

PR