霊の存在

2017–08–19 (Sat) 17:05
偶然にもここ数日いわゆる霊が見えるという人と話した。
一人はメールで、一人は実際に会って話したが、二人とも年配の人でその歳まであまり人に話したことはないと言っていた。
タイムリーにもお盆の時期だったが、やはり普通に生活している人でも人知れず見える人はいてそれを隠して生きてきた場合も多いのだろう。

一人は見ようと思って見えるわけではなく、気持ちがフラットの時や危機の時に見えるそうだ。
事故に遭いそうになって九死に一生を得たことが二度あり、一度目は車を運転していて道端に女性がしゃがみ込んでいて不審に思い車を止めたそうだ。
その時対向車が突っ込んできて止めなかつたらぶつかっていたという。
二度目はやはり運転中男性の首が飛んできたので驚いて車を止めたら、前を走る車が荷崩れを起こしやはり止めなければ直撃されていたという話だった。

二人の幽霊がどんな人かはわからないが助けてもらったと言っていた。
しかしこの人はランダムに見えるらしく、ある時は病院の前を通りかかっておばあさんがいたのでてっきり生身の人だと思い渡るように車を止め促したら憑いてこられて半年大変だったと言っていた。

もう一人は小さいころから癇の虫が強く虫切りをして貰うと指の先から白い煙が出ていくのが見えたと言っていた。
小さい頃から原因不明の熱や病気になり癇癪を起こす大変な子供で、目の前が真っ赤に見える時があったり色々な声が聞こえたりしたそうだ。
今でも子供の幽霊に手を握られたりするらしいが、御本人は小さい頃から霊感があったと自覚はしてはいなかったようだ。
それらは霊の干渉を受けていたのではないかと言ったら妙に得心していた。

上述の二人とも前者は母親が同じ見える人で、後者は先祖にいわゆる町のまじない師がいたと言っていた。
やはり霊能力は遺伝で、おまけに現実の人間関係でも類は友を呼ぶらしい。

誰でもスピリチュアル能力は持っている。
霊が見える人はごく少数かもしれないが、皆どこかで波動が合うと浮遊霊に取り憑かれたり生霊を飛ばされたりこちらから飛ばしたりしている。
信仰心の厚い人は神仏の加護を受けやすいし、先祖が陰徳を積んでいるとその余禄を頂ける人もいる。
不思議に救われたり思いがけない偶然は殆ど見えない世界のおかげだ。

ラッキーだったとか、助けられたと思った時は必す守護霊やガイドが働いてくれているし、逆に理由のない落ち込みや体調不良は良くない方の影響を受けているかもしれない。
全てそれのせいにするわけにはいかないが、どうしても不思議に思う事や偶然のシンクロがあったら後ろで守ってくれている存在を考えてみればいい。
良い事があったらお礼を言うと、喜んでまた助けてくれるに違いない。




« 過去を変えれば未来も変わる | HOME |  神社仏閣巡り »

コメント

こんにちは

>二度目はやはり運転中男性の首が飛んできたので

こんなことがあると悪い霊の仕業だと思い込みますが、
逆の場合があるんですね。
助け舟を出すなら、もう少しソフトなアプローチをするものだと思いがちですが、
手段を選ぶことができなかったということでしょうか。
いずれにせよ、インパクトがありすぎです。(汗)

Re: タイトルなし


コメントありがとうございます。

私も聞いた時はびっくりしましたが、ご本人は助けてもらったと言っていましたからその通りなのだと思います。
守護してくれる存在は色々な方法で教えてくれますね。
その時はそう思えない場合でも、結果が全てだと思います。
時には試練だったリきつい警告だったりもありますが、本人の成長や気づきのために手を変え品を変え知らせてくれるのが守護の人達なのでしょう。

首はその人の守護霊の誰かだったかも?笑

コメントの投稿

 
管理者にだけ表示

トラックバック

トラックバックURL

http://leomasquerade.jp/tb.php/316-0cc40ea8

⇒ この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

 | HOME | 

プロフィール

masquerade

Author:masquerade
職業画家でベネチアンマスクを描いています。

PR

カレンダー

09 | 2018/10 | 11
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

最新記事

カテゴリ

人気記事ランキング

月別アーカイブ

タグ

メール送信

リンク

フリーエリア

QRコード

QR

PR