焼き場に立つ少年

2017–08–09 (Wed) 16:05
今日は長崎原爆の日だ。
広島の1.5倍の規模の原爆が落とされた。
以前長崎と広島に行ったが、長崎はスピリチュアルに覚醒する前で平和記念公園や原爆資料館、浦上天主堂も訪れたが胸のざわめきが暫く収まらなかった。
広島は最近なので原爆ドームには怖くて行かれなかった。

今日ネットを見ていたら長崎の原爆に関する画像が色々アップされていて、あまりにも有名な原爆直後の少年の写真もあった。
「焼き場に立つ少年」と題名が付いた写真。
若い頃これを見て涙が止まらなかったが、今日もまた久しぶりに見て込み上げるものがあった。
死んだ弟を背負って焼き場に来て、直立不動で弟の火葬を待つ少年。
どんな無残な屍の写真より原爆の残忍さを雄弁に物語っている一枚だと思う。

これを見た時画像から伝わってくる何とも言えない波動を感じる人は、必ず胸が痛くなり涙が出てくるだろう。
写ったその空間と少年が未だにその時の切ない、そして人類への警鐘ともいえる悲愴な波動を発しているような気がする。

スピリチュアルに覚醒して命のない様々なものでも波動、エネルギーを持っていることが分かった。
心霊写真を見るとぞっとするのはその写真がネガティブな霊の波動を出しているからだし、ネットで悪意のブログを読んだら作者の悪しきエネルギーが伝わって来る。

画像は幾多の言葉より訴求力がある。
世界中の人々の胸を揺さぶったこの長崎原爆直後の少年の写真は、被写体の少年も撮ったアメリカ軍の軍曹もその瞬間何か天の凄まじい意思を受けていたような気がする。
ベトナム戦争でナパーム弾から逃げる裸の少女の写真も有名だが、こういう写真が世に出て人々の胸に突き刺さり人心を動かすのは人知を超えた不思議な力が働いていると思う。
人類への天の啓示なのではないだろうか。
この写真を撮ったジョー・オダネル氏は以後の人生を反戦、反原爆に身を捧げたのだから彼は天に選ばれたのだろう。

今朝ネットでこの少年の写真を久しぶりに見て、改めてこの写真の放つ魂を震撼せるような波動を感じて胸が痛くなった。
中年以降の日本人なら、この写真を教科書やどこかで目にしていると思う。
スピ的人間でなくてもこの写真と背景を知ったら心が揺さぶられるのが当たり前だと思っていたが、しかし今の日本には何も感じない人たちもいるのではないかとふと考えてしまった。
戦争をゲーム感覚にしか考えていない若者が、果たしてこの少年の写真の意味するものを理解できるかどうかは疑わしい。

下のリンクはこの写真が撮られた経緯と背景。

20638674_2016288265270590_7079435966117412926_n.jpg



http://www.dailymotion.com/video/xzghxa#.UYKKBxyILXp


« 思考の迷宮 | HOME |  我思う故に我在り »

コメント

こんばんは

「焼き場に立つ少年」。
私はこの写真の背景を今知りました。
原爆や戦争の悲惨さを直接訴える画ではないのですが、その背景を知ることでやるせなさを感じました。

日本は本気で核兵器禁止条約に批准しないのですね。
国の立場としても矛盾しているから、若い人も国に習えで、鈍感に無関心になってしまうのではないかと思います。

Re: タイトルなし

コメントありがとうございます。

戦争の記憶は風化していきますね。
国策で歴史を修正したり今の政治は戦前回帰そのものです。
平和という言葉が政治的発言になるという政権は間違っています。
人それぞれですが、自分の良心に恥じない生き方をしたいものです。

コメントの投稿

 
管理者にだけ表示

トラックバック

トラックバックURL

http://leomasquerade.jp/tb.php/313-6bc65511

⇒ この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

 | HOME | 

プロフィール

masquerade

Author:masquerade
職業画家でベネチアンマスクを描いています。

PR

人気記事ランキング

最新記事

カテゴリ

カレンダー

06 | 2018/07 | 08
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

最新トラックバック

月別アーカイブ

プライバシーポリシー

タグ

メール送信

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR

人気ブログランキング

PR