スピリチュアルと政治

2015–08–30 (Sun) 16:47
今日は国会前で安保法案反対の大掛かりなデモがあった。
日本国中から人が集まり、来られない人は日本各地でも同時にデモや集会をやっている。
かつての安保闘争を彷彿とさせるが、今までもデモはあっても政権のマスコミ制圧で殆ど報道さえされていない。

これだけの人心が安倍総理に想念を向けていても、彼は倒れるどころか強引に法案を通そうとしている。
大抵の人間ならこれ程多くの否定的な想念を浴びればまともではいられないと思うのだが、政権は安泰のようだ。

彼が総理になって暫く経ってから、私はテレビで彼の顔を見ると気持ちが悪くなるようになった。
一つ思ったのは彼は選ばれているということだ。
勿論彼のおかげで恩恵を被っている人間や組織は、反対している人より多いだろう。
しかし彼に危機感を感じ立ち上がっている人達の想念の強さに比べれば、彼を利用している人達の想念は弱いと思われる。

にも拘らず、物事は安倍政権の思惑通りに進み、強力な黒子の振り付けがあるにしても神がかり的に危機を切り抜け強引に政権運営を進めている。

歴史を見れば必ず彼のような、善悪は別にしても節目を作る人間が出てくる。
神の遣いか悪魔の遣いかは置いておくにしても、そういう人間はスピリチュアル世界から選ばれたのだと思う。
だから使命を終えるまで強力なサポートが付く。

安倍総理の顔を見て何を感じるかは人それぞれで、もしかしたら感じ方によってその人のスピリチュアルの属性も分かるかもしれないが、私は後ろにどす黒いものが見えて正視に堪えなかった。

しかし彼を礼賛しているスピリチュアル界の人気ブロガーもいるので、非物質世界には是非などないのかもしれない。

思うのだが、国単位、地球規模でもスピリチュアル世界は大きな動きがあって、天災、人災、戦争などにも関与しているのではないか。
大震災や大噴火が来ると予言されているが、人々の想念でそれは変わると言われている。
しかし必要悪のような自然淘汰もあって、全ては高次元で決められる予定調和なのだろうか。

人間は所詮いっとき今の地球に肉体を纏って生まれてきただけの存在だ。
肉体はいずれ滅ぶが、問われるのは内側にある魂の在り方だろう。

アセンションで乗る列車が決まるという。
高次に行く列車か、そのまま下る列車か二者択一である。
安倍総理とデモの参加者はどちらの列車に乗るのだろうか。



« 奇妙な子供 | HOME |  シンクロは呼ぶ »

コメント

コメントの投稿

 
管理者にだけ表示

トラックバック

トラックバックURL

http://leomasquerade.jp/tb.php/31-71bf6446

⇒ この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

 | HOME | 

プロフィール

masquerade

Author:masquerade
職業画家でベネチアンマスクを描いています。

PR

カレンダー

10 | 2018/11 | 12
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

最新記事

カテゴリ

人気記事ランキング

月別アーカイブ

タグ

メール送信

リンク

フリーエリア

QRコード

QR

人気ブログランキング

PR