前世を知る

2017–06–03 (Sat) 17:38
人には今の人生に影響が深い前世がいくつかある。
魂が丸ごと転生するのか、一度大きなソウルグループのようなところへ帰り混ざり合った記憶の断片を持って来るのかそのあたりは諸説がある。
前者の例は証明されていて、実際子供が過去生を事細かに喋って調べてみたら該当する人が確かにいたなど多数検証されている。
また、後者の場合だがスピ系人間に多く、自分が著名なシャーマンや歴史上の有名人だったと言っている人がいる。
世界中に何人も偉人の前世の人がいてびっくりするが、大きなソウルグループの記憶の欠片を持ってきていると思えば完全否定はできない。

自分の前世が農民や奴隷よりは貴族や御姫様の方が人生の慰めになるのは言うまでもないので、妄想でも思い込んで生きるモチベーションにするのなら結構なことだ。
まあ、スピ的には前世も証明のしようがないので、言った者勝ちで信じた者は救われるということだろう。

私もスピリチュアルに覚醒して幾つか自分の今生に関係ある前世を知った。
悲惨なものが多く、なかなかガイドに見せてもらえなかったが、今の人生に抱えている問題や傾向がそれで解明できて目から鱗が落ちた感じだった。
だからと言ってそれが本当かという確証はないし、もしかしたら自分の疑問に都合のいいような前世を無理に作り出している可能性もある。
しかしそれによってある程度心の整理が出来たのは私にとっては有難いことだったし、諦めがついたり納得もしたので前世を知ってよかったと思っている。

本来なら知らなくていい筈の前世を知る事になるのはやはり何か必要な理由があるからで、現実の生活が幸せで満ち足りていれば前世など知る必要はない。
そのために生まれる時過去の記憶をすべて消して来るのだから。
図らずも前世を知らなければならなかった人は、その後の人生にそれが必要だったからだ。

単純に興味がある人もいるだろうが、簡単なサインは自分の嗜好や癖などで、それらは大方前世に関係のある場合が多い。
食べ物の好みや服装の傾向、好きになる人のタイプなどは前世の影響が大きいし、恐怖や不安の対象も過去生でそれにまつわる経験をしているからだ。
また真逆の場合もあって、金や権力に拘る人間は過去生でそれを得られず悔しい思いをしていたり、殺される人間は殺していたりする。
転生は過去に経験していなかったものを今世でするために来ている場合が多く、過去生で姫だったからと思いこみ姫のような生活をしたがる人間は本当は貧しい農民でその階級を羨んでいたから今生でそれを体験したかったりする。
本来は過去に経験していればもうする必要はない。

色々なパターンの転生があるが、自分の悩みや苦しみの原因が知りたいと思ったら前世を知ってみるのも問題解決の一つの方法だろう。
ただ、過去生は無数にあるし必ずしも楽しかったりいい過去生ばかりではない。
人を殺したり残虐な死に方をしたり、今の自分からは信じられないような過去生を持っている場合もある。
人間の魂は様々な転生の中でカルマを積みカルマを解消し、延々と輪廻転生を繰り返し霊的進化を遂げていくらしい。

中には宇宙から来たスターシードやオールドソウルと言われるミッションを持った魂もいるが、それはごく一部で皆普通に人間の修行を積むためにこの世に生まれて来る。
鏡をじっと見詰めると過去生の顔が見えることがあるそうなので、試しにやってみたら昔の顔が見えるかもしれない。


DSC_2163.jpg




« 引き寄せの法則 | HOME |  人生の旅 »

コメント

コメントの投稿

 
管理者にだけ表示

トラックバック

トラックバックURL

http://leomasquerade.jp/tb.php/290-fc86af92

⇒ この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

 | HOME | 

プロフィール

masquerade

Author:masquerade
職業画家でベネチアンマスクを描いています。

PR

カレンダー

09 | 2018/10 | 11
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

最新記事

カテゴリ

人気記事ランキング

月別アーカイブ

タグ

メール送信

リンク

フリーエリア

QRコード

QR

PR