日本は何処へ行く

2017–05–20 (Sat) 16:59
昨日共謀罪が衆議院法務委員会で強行採決された。
これはテロ対策と表向きは言っているし国民も騙されているが、実態は政府に刃向かう不穏分子の取り締まりである。
沖縄の座り込みや国会前の反政府デモを片っ端から潰すための法的根拠に使われる。

平たく言うと権力に逆らうと仲間まで一網打尽で、反原発運動や核処分場設置に反対する住民運動も罪に出来るというわけだ。
このからくりを知っている国民は一体どれくらいいるのだろう?
これもメディアが一切不都合を報道せず、皇室の記事をぶつけて来たり、とにかく国民に真相を知らせず関心を持たせないようにしているからだ。

かつての秘密保護法、安保法制、今回の共謀罪と、安倍政権は傲慢に強行採決で成立させてきたが、それすらも国民の大半は無関心で今や森友問題、加計学園疑惑とどんなに安倍政権が国家と国民の税金を私物化しても何も感じていないようだ。
他の国なら何度総理の首が飛んでもおかしくないし、韓国のように連日デモ、暴動が起こってもおかしくない。

これは自分の身に火の粉が降りかからないし、生活に変化がないからだ。
税金が上がったとか病院の支払いが高くなったと思っても、まさか悪政のせいだとは結び付かないし、暢気にお笑い番組や真子様婚約の特番を見て普通の生活が出来ているからだ。

人間は自分の身に降りかかって初めて危機感を覚える。
しかしその場で起こった出来事を嘆くだけで、どうしてそうなったかは明らかな因果関係がない限り原因を追究しようともしない。

原発事故で国民は許容量以上の被曝をし、それは今なお続いている。
そのため突然死や癌、白血病は統計的にも増えて因果関係が立証されるが、家族が癌になっても心筋梗塞になっても6年前の原発事故で食べて応援でかなり被曝したせいかもと思う人は少ないだろう。
何年後かに自衛隊が戦争に参加して死者が出ても、遺族さえ安倍政権があの時集団自衛権を認めたからとは思わないかもしれない。
東北大震災のように生活が劇的に変わるまで、日本人はピンとこないのだ。

日本人ほど危機感の欠如と先を見通せない国民は少ないような気がする。
ある意味自分の運命を従容と受け入れる魂が多いのかとも思うが、権力に弾圧されても「負の集合意識を持たない」などとスピリチュアル的なお花畑論を説けるだろうか。

そもそもスピ的にもスタンスが分かれているので、ネガティブにフォーカしない、国家や集団には振り回されない、今の生活を大事にする、という立ち位置もそれはそれでいいだろう。
私も日本はもはや行くところまで行かないと変革は無理だと思っているし、これも天の配剤かもと諦める部分もある。
しかし昨日は、一人の人間としてもスピリチュアル的感覚をもってしても、今の政権に対して何故みんな気が付かないのだろうとやるせない気持ちになった。




« 念は宿る | HOME |  邪気払い »

コメント

コメントの投稿

 
管理者にだけ表示

トラックバック

トラックバックURL

http://leomasquerade.jp/tb.php/286-c418a23c

⇒ この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

 | HOME | 

プロフィール

masquerade

Author:masquerade
職業画家でベネチアンマスクを描いています。

PR

カレンダー

11 | 2018/12 | 01
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

最新記事

カテゴリ

人気記事ランキング

月別アーカイブ

タグ

メール送信

リンク

フリーエリア

QRコード

QR

人気ブログランキング

PR