スピリチュアル能力を開く

2015–08–25 (Tue) 17:21
霊能力は特殊なものだと考えている人が多いが、実は人間は生まれながらに大なり小なりは持っていると言われている。

元々ずば抜けた能力が備わっている人もいるし、人生のどこかでそれが突然開眼する場合もある。
臨死体験や脳の手術などはよく聞くが、その他もiいきなり神が降りてきたとか修行によってというのもある。
人を救うほどの能力はギフトとしても、誰でもが動物である以上本能的な勘のようなものは持っている筈だ。

子供の頃は霊感が開いていて、見えないものと遊んでいる子供もいたりするが大人になるに従いそれは閉じてくる場合が多い。
最近スピリチュアルに目を向ける人が増えるのに伴い、スピリチュアル講座やワークショップも百花繚乱の感がある。

私は能力は元々与えられるもので、いくらお金を掛けて習っても手に入れられるものではないと考えていたが、何度かその手のものに出てみて少し認識が変わった。
皆スピリチュアル能力は持っているという前提に立てば、確かに訓練次第で伸びるだろうし閉じていたものも開くかもしれない。
また、一つ判ったのはそういう能力はシンクロし増幅する傾向があるということで、似たような人間が集まるとお互いが刺激になって動き出す可能性がある。

事実私もワークショップで前世の弟に会ってメインガイドとも繋がったし、それからかなり開いてきたという感覚がある。

スピリチュアル能力とは芸術的才能と似ている。
みんな絵は描けるが上手い下手があり、好きな人は習うとある程度描き方を覚え上手くなるがそれ以上は才能の有無だろう。
そうして習わなくても初めから上手く描ける天才のような人もいるという感じか。

スピリチュアル能力は霊を見るとか目に見えない世界を知るということだけではないと思う。
人間は動物であるから、本能的に気の流れや波動などを体が察知する場合がある。

地震体感というものがあり、発信しているブログやツイッターもあるが、それを感じている人は霊感を持っている人が多い。
大抵は耳鳴り、眩暈、痛み、体調不良らしいが、地震の大きさや場所までも予測がつく場合もあるようだ。
地磁気や電磁波を感じたり、背後の知らせもあるだろう。

地震の前には動物や鳥類が異常な行動をするのはつとに知られているが、それは人間でも同じで東北大震災の前にはめまいや頭痛を訴えて病院を訪れる人が多かったそうだ。
また、知り合いで3.11の大地震の直前に、突然具合が悪くなり外へ出たという人もいた。

私も最近大きな地震の前に2回地震の夢を見て、いずれも二日以内にかなり揺れて夢の通りの揺れ方だったと驚いたことがあった。
考えたら3.11の時も外出しようかと思っていたが何となくその気になれず外出をやめて家にいた。
もし外出していたら帰宅難民になっていたかもしれないから、きっと守護霊が教えてくれたのだと思う。

スピリチュアル能力は何も特別なことではないのだろう。
自分に役立てるために能力を開きたいと思えば、その方法を習うのはありだろうし、もしかしたら新しい世界が見えてくるかもしれない。

しかし、芸術的才能と一つだけ違うのは、そういう能力を開くということは悪い物と繋がってしまう危険性もあるということだ。


ネガティブな物を付けている人やエネルギーバンパイアのような人もいる。
スピリチュアル能力があるといってもダークサイドの人もいるし、そういう人もそれなりの力があって助けてくれたりもする。

スピリチュアルの世界を冷静に判断し、自分にとって必要なものを取捨選択する能力をこそまず学ばなければならないと自戒も含めて思っている。




« 霊能力はギフト | HOME |  スピリチュアルの危険性 »

コメント

コメントの投稿

 
管理者にだけ表示

トラックバック

トラックバックURL

http://leomasquerade.jp/tb.php/28-7e0c5cdc

⇒ この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

 | HOME | 

プロフィール

masquerade

Author:masquerade
職業画家でベネチアンマスクを描いています。

PR

カレンダー

11 | 2018/12 | 01
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

最新記事

カテゴリ

人気記事ランキング

月別アーカイブ

タグ

メール送信

リンク

フリーエリア

QRコード

QR

人気ブログランキング

PR