人間の修行

2017–04–02 (Sun) 16:37
今スピリチュアルに興味を持つ人や覚醒する人が多い。
アセンションが始まっているからとスピ界では言われているが、唱えているご本人達も捉え方や定義が様々だし、みんな言っているからそうなのかと思っているスピ人間たちも多いだろう。
かくいう私もその口だったりするが、とにかくよくわからないまでも「次元上昇」とか「二極化」というのは統一見解らしい。

「引き寄せの法則」「宇宙の法則」で、思考はエネルギーであり何でも思った通りになるという説は最近多いが、地球の全人類が自分の思った通りになっていったら世話はないだろうと思うのは私だけではあるまい。
ただ、最近確かに時間の経つのが早くなり、身の回りでもそこここで驚きの展開があったりする。
中には思った通りとか予想通りになっていき驚くこともある。
そんな背景もあって、特に転生の少ない若い魂は地に足がつかず、ふわふわのスピ人間になっていく。

近頃そういったスピリチュアル人間が増えたせいか、ブレスレットの制作を頼まれる関係で、スピを仕事にしている人もスピに入りかかっている人も知り合う機会がある。
人生に迷ってスピに入り込んだり元々素養があってその扱いに悩んでいたりという若い人は、パワーストーンのパワーでも欲しいと思うのだろう。
見えない力で悩みを解決し一気に開運して自分の望むものを手に入れたい、つまり占いや霊能者に力を貸してもらったり、ブレスレットでもお守りなどスピグッズの力でも棚ぼた式に運気が上がれば、などと考えるスピ人間は増えているような気がする。

困った時に誰かの助けを必要とするのは自然な事で、それがスピリチュアルになることもあるだろうが、間違ってほしくないのはスピリチュアルは魔法の杖ではないし、魔法をかけてもらおうと思ったらさしずめ憑けられるのは文字通り魔物だ。
あくまで自助努力、あるいはハイヤーや守護霊の指導、警告、こういうものがあっての悩み解決、カルマ解消、運気向上であり、他力本願はもれなく怖い他力が付いてくる。

「天は自ら助くる者を助く」という言葉があるが、人間に生まれた以上人間の味わう喜怒哀楽は必ず修行として体験しなければいけない。
難行苦行であっても、それは自分の魂が決めてきた事だからだ。
そういう過程を経て初めて道は開けるし、苦しんでも学びが出来た時ハイヤーや守護霊がスピリチュアル関係の適切な助言者のところへ連れて行ってくれるのではないだろうか。

安直にスピリチュアルや神様に頼り人生の美味しいところだけを手に入れたいと願うより、まず人間性を磨き器を広げ人として成長することが必要だろう。
その行程で魂のカルマや課題が解消され霊的進化が進むと、求めていた幸福や素晴らしい人生がやって来ると思うのだ。

現世の人間にとって、スピリチュアルはあくまで人としての成長を手助けするものだ。
でなければ人にならず初めから魂だけでスピリチュアル世界にいればいいのだから。



« 前世のリベンジ | HOME |  洗脳政治 »

コメント

コメントの投稿

 
管理者にだけ表示

トラックバック

トラックバックURL

http://leomasquerade.jp/tb.php/264-792656c6

⇒ この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

 | HOME | 

プロフィール

masquerade

Author:masquerade
職業画家でベネチアンマスクを描いています。

PR

カレンダー

11 | 2018/12 | 01
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

最新記事

カテゴリ

人気記事ランキング

月別アーカイブ

タグ

メール送信

リンク

フリーエリア

QRコード

QR

人気ブログランキング

PR