神社の不思議写真

2017–03–12 (Sun) 18:04
昨日は急遽三峯神社へ行って来た。
身内がお礼参りに行きたいというので同行することにした。
片道4時間の行程はきつかったが、天気にも恵まれ無事に参拝を終えられた。

修験の山、霊山と言われている三峯山だが、マスコミで取り上げられ参拝客は多くなった。
それには賛否両論あるが、少なくとも神様は沢山の人が来てくれて喜んでいるだろうし、色々な思いで来る人はいても皆れぞれの気持ちで来ているのだから、それはそれで少なくとも同じ人間が可否を付けるべきではないと思う。
よく言うように神社に呼ばれたり来られなくなったりして、自ずと淘汰はあると思うからだ。

神社へ行くと私はよく写メを撮る。
神社でみだりに写真を撮るものではないとも言われるが、よく行く神社は親近感が生まれてつい撮ってしまう。
もう一つはあまりに神気が凄くて何とかそれを記録したいと思う気持ちもある。

神社仏閣へ行き出した頃は何も考えず記念に写メを撮っていたら不思議な写真が撮れて驚いたが、逆光のフレア現象やゴーストだと後から調べてなるほどと思った。
しかしそれだけでは説明のつかないものも偶然写っていたり逆に撮ろうと思うと写ったりしている。
だから今はゴースト以外にも神気だったリオーラだったり何かのエネルギーもあるのだろうと思っている。

ただ、スピ系ブログにいかにも神様が写りましたと強調している感じのものもあって、そういう気はないのでこのブログには報告と一緒に記録的に載せているだけだ。
偶然ではないと思えるのは不思議写真が撮れる場所は、ここで撮ったらいいかもと閃いたりいつも行く神社は特定の場所だったりするし、反対に写そうと思ってもやめた方がいいと思い直したり、シャッターが下りない時もあるからだ。

私はオーラは見えないし神気も神様も霊魂も見えないが、携帯の画面を見ているとそういう不思議な光が写っていることがあり、それをそのまま撮っている感じになっている。
また、そういう場所で自分を撮ると必ず同じ赤紫の光が写り、中には画面半分を消してしまうほどになる場合もある。
違う場所でも同じパターンで撮れるので、これはもしかしたら私のオーラか私についているエネルギー体なのだろうかと思うようになった。

フレア現象やゴーストだと説明はつくが、神社の不思議写真はどこでも撮れるわけではないので、やはり単にカメラの機能的原因だけではないかもしれないと思っている。
下の一枚目の写真は間違ってシャッターを押したので斜めになっているが、連れに一直線に光が当たっており何となくほっこりした。
三枚目は自分を撮るといつも現れるマゼンダピンクの光。

まあ、本人がそれでもしかしたら神様や神気を感じられたかもと思えば幸せな気持ちになれるので、不思議写真の真贋の証明は不要ということで。笑

DSC_2066.jpg DSC_2091.jpg DSC_2006 - コピー (2)




« ギフトの対価 | HOME |  政治とスピリチュアル »

コメント

コメントの投稿

 
管理者にだけ表示

トラックバック

トラックバックURL

http://leomasquerade.jp/tb.php/251-bc214d86

⇒ この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

 | HOME | 

プロフィール

masquerade

Author:masquerade
職業画家でベネチアンマスクを描いています。

PR

カレンダー

09 | 2018/10 | 11
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

最新記事

カテゴリ

人気記事ランキング

月別アーカイブ

タグ

メール送信

リンク

フリーエリア

QRコード

QR

PR