鞍馬・貴船 1

2017–02–24 (Fri) 15:40
今年の元旦の初夢で鞍馬山にハイキングに行く夢を見たので、京都へ行って来た。
鞍馬山へ登り貴船神社へ降りていくコースを一日かけて辿った。
夢の中で「鞍馬山へハイキングへ行こう」と男の人に言われたのだが、後で調べたら文字通りハイキングコースになっていて驚いた。
残念ながら夢の中の男性は現れず一人で行って来たが、二泊三日の旅程で中日一日で鞍馬寺、貴船神社を回った。

行った日は生憎寒く京都は雪がちらついていたが、晴明神社へ行ってみた。
安倍晴明の像があってご挨拶をしたが、晴明神社は好き嫌いが別れるらしい。

実は一日目は出発前から体調が思わしくなく、夜はホテルで休んでいて鞍馬貴船へ行けるかどうかも不安だった程だが、翌朝は治っていて予定通り鞍馬へ向かうことが出来た。
鞍馬の登りはケーブルカーで行って貴船へ降りようかと計画していたが、ケーブルカーは出たばかりで20分待たねばならずこれは歩いて登れという事かと思い覚悟を決めて登ることにした。

不覚にも2月の鞍馬山は雪が積もっていることを想定しておらず、道は解けていても木々の梢から雪がぽたぽた落ちて来た。
途中由岐神社があり、御祭神が大国主命だと知ってこれは参拝をしないわけにはいかなかったと思った次第。
また九十九折りの道には弁天様もいたりして、やはり端折ることはまかりならなかったようだ。

本殿に着くと例の六芒星があって本殿にお詣りしてからそこに立ってみた。
スピ系の人は色々感じたとブログなどで読むが、どうも私はそういうのはあまりないらしい。
人もまばらだったので何度か立ってみたが、何かが降りてくるわけではなく(笑)、感じたのは何度か立ってみたいと思い離れがたかったということだろうか。

その後奥の院へと向かう。
ここから道が雪解けだったり雪が残っていたりして足元が悪く結構難儀した。
ポイントになるような場所も良くわからず木の根道は雪に隠れて後からあのあたりかと思ったくらいだが、なぜか写真を撮りたくなって撮ってみたらエネルギーのようなものが写っていたので、やはり普通の場所ではないようだ。

やっと魔王殿に着くと、そこは木々と雪に囲まれてひっそりとした空間だった。
参拝してからも去りがたく雪の積もったベンチに無理に腰かけしばらくそこにいた。
殆ど切れることなく人が行き来していたが、ちょっとの間誰もいなくなると頭上でカラスが鳴いたりして不思議な異空間だった。
ここも去りがたく、季節が良かったら何時間もベンチに腰掛けぼーっとしていたかもしれない。

やはり来て良かったと思った。

DSC_1916.jpg DSC_1924.jpg DSC_1930.jpg

 




« 信仰の危うさ | HOME |  鞍馬・貴船 2 »

コメント

こんばんは

>残念ながら夢の中の男性は現れず一人で行って来たが、二泊三日の旅程で中日一日で鞍馬寺、貴船神社を回った。

前日まで悪かった体調もしっかり整えてくれた上に、足場の悪い雪道を無事通ることができただけでも、その男性の意思を感じますね。(笑)

右写真の地面と灯篭にかけてはやはり金色っぽいですよね。
見れば見るほど不思議な写真です。

Re: タイトルなし

コメントありがとうございます。

確かに当日は何かに助けられたようにきつい山道も歩けましたし予定通り全てを回ることが出来ました。
あの夢の男性はきっと私のガイドで一緒についていてくれたのですね。笑

写真は単に木漏れ陽が当たったのだと思っていましたが、よく見ると金色に光っていたり不思議な感じですね。
エネルギーチャージしてもらったかも?
一日中でも居たい場所でした。

コメントの投稿

 
管理者にだけ表示

トラックバック

トラックバックURL

http://leomasquerade.jp/tb.php/244-4e1ab9c6

⇒ この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

 | HOME | 

プロフィール

masquerade

Author:masquerade
職業画家でベネチアンマスクを描いています。

PR

カレンダー

11 | 2018/12 | 01
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

最新記事

カテゴリ

人気記事ランキング

月別アーカイブ

タグ

メール送信

リンク

フリーエリア

QRコード

QR

人気ブログランキング

PR