手は語る

2016–12–06 (Tue) 17:55
私は手相を観る。
若い頃本を読んで勉強したのだが、それはあくまで基本線や典型的な形の線と特徴を書いているものでどれも説明は同じだ。

手相の起源は古代インドで紀元前から占いとして使われていて、そういう意味では不変の占いツールだと言える。

手相を観る時は基本線を知った上で占い師の解釈になるから、カードと同じで読み方も様々だ。
基本に忠実に読む鑑定士もいるがそういう人は限界がある。
私は自分の勉強のためにかつては時々中華街などで手軽な手相鑑定をして貰っていたが、続けて二人観て貰ったら全く違ったことを言ったのに驚いたことがある。
私自身の手相が複雑なので読むのが難しいのは知っているが、そういう時はもう占い師の感覚によるしかない。

手相は手の線だけではなく、大きさ、手の平や指の形、感触、印象なども大切な鑑定材料になる。
私の読み方は最初に基本線は見るが、そこから色々な事が降りてくるような感じになる。
最後は見ている人の後ろが教えてくれたりするから、殆どリーディング、チャネリングになったりする。

手は人間の気が出入りするところで、その人間の情報が沢山詰まっている。
第一印象で汚い手や嫌な感じの手はその人自身がそうだと思ってもいい。
「目は口ほどにものを言い」というが、目を手に置き換えてもいいくらいだ。

手相の詳しい解説は置いておくが、シンプルで余計な線がないのは単純でわかりやすい性格、細かい線や複雑な線がある手はよく言えば繊細、悪く言えば気苦労や無駄が多いようだ。
また縦線が多いのは運気がいい人で横線が多いのはあまり運が良くなかったという事だが、その時によってどちらが目立つかで状態も分かったりする。

手相は変わる。
自分の線を覚えておいて時々チェックして、もし明らかに線が消えたり新しい線が出来たりしていたらこれから人生の変化があるというサインだ。

手相は色々なところで役に立つ。
他人を知りたい時掌の線までは見られないだろうが、形や大きさ指の形状などでも大雑把なことは分かる。
そして握手をしてみれば触り心地で良い感じか悪い感じかも大きな判断材料になる。
また相手と親しくなりたい時は握手をするとよい。
その時心を込めて手を握れば必ず気が通じるから相手に伝わる。
恋人同士や親子が手を握りたがるのは、気=エネルギーで繋がりたいからなのだ。

もし運気を上げたいならとにかく手を綺麗にすることだ。
金持ちや成功者は皆綺麗な手をしている。
手入れをし常に労わってやるようにすれば運気は上がる。


DSC_1754.jpg



« 因果応報 | HOME |  パワーストーンは生きている »

コメント

こんばんは

>手は人間の気が出入りするところで、その人間の情報が沢山詰まっている。
第一印象で汚い手や嫌な感じの手はその人自身がそうだと思ってもいい。
「目は口ほどにものを言い」というが、目を手に置き換えてもいいくらいだ。

汚い手・嫌な感じの手って、きっと血流の悪さや油っぽいとか汗っかきといった体質的なものとは違う不快感なのですよね。

他人の手を触らる機会がほとんどないのですが、少し気になりました。(汗)

Re: タイトルなし

コメント有難うございます。

職業などの物理的条件で手は変化しますがそれを差し引いてもなんとなく嫌な手というのはあって、私も手相を観る時触りたくないと思った手があります。
「手を汚す」という言葉がありますが、手は人間の行動や生き方さえ代弁していると言っていいかもしれません。

私は人を本気でリーディングしようと思ったら両手を握ります。
すると一気に情報が流れてきます。
怖くてよほどのことがない限りやりません。

自分を守りたかったら信頼できる人の手しか触らない方がいいですね。笑

コメントの投稿

 
管理者にだけ表示

トラックバック

トラックバックURL

http://leomasquerade.jp/tb.php/212-e7535670

⇒ この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

 | HOME | 

プロフィール

masquerade

Author:masquerade
職業画家でベネチアンマスクを描いています。

PR

カレンダー

09 | 2018/10 | 11
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

最新記事

カテゴリ

人気記事ランキング

月別アーカイブ

タグ

メール送信

リンク

フリーエリア

QRコード

QR

PR