幽鬼の群れ

2016–10–30 (Sun) 17:19
10月31日はハロウィンだがおめでたい日本人は商業ベースに乗せられて年々仮装してお祭り騒ぎをするようになっている。
そもそも年に一度外に出てくる悪魔や悪霊を追い払うという日なのだが、日本では悪魔や怪物の格好をして馬鹿騒ぎをするお祭りになってしまったようだ。

最近アメリカではピエロが出没して人々を震撼させており、ピエロ恐怖症になる国民がいるようだ。
そのおかげでハロウィンを怖がるアメリカ人もいるらしい。
愉快犯が人々の恐怖を誘ってパニックになっているようだが、元来魔物的なものを真似ることはそちらの波動と同期してしまうということを知っておくべきだと思う。

ハロウィンは精霊や妖精、悪霊や魔物など古代ケルト人がその存在を認識していて始めたものだ。
実際仮装して騒いでいる人達はそのような存在など信じていないから出来るのだろうが、本当にいるのだとしたら彼等を喜ばせ誘い出すだけだと思われる。

悪魔崇拝の儀式だと断ずる向きもあるが、あながち間違っていないだろう。
肝試しに行って悪霊に憑依されるのを大規模な集団でやっているような感じだ。
個々人にその手のものが乗るかどうかはわからないが、大きな集合意識として闇的なものに同期してしまう危険性はあり、スピリチュアル的には極めて危ないと私は思っている。

実際アメリカでもハロウィンの時期は事件が起こったり仮装した人間が必ず行方不明になっている。
日本はなんちゃってハロウィンだからまだ具体的な事象は起こっていないが、集団的に禍々しいものと繋がりはしないかという気持ちで見てしまう。

人間が意識しなくても見えない世界と繋がるのは色々な方法がある。
神と繋がるためには洋の東西を問わず決まった格好がある。
僧侶、神主、神父、司祭、それぞれ衣装をまとってそれを依り代に神と繋がるといっても過言ではない。

だからもし悪魔と繋がりたければ悪魔の好む格好をすればいいし、悪霊を呼びたければ悪霊の真似をすれば集まってくるかもしれない。
強引な解釈なのはわかっているが、どうも私的には渋谷や六本木の魔物に仮装した集団は、本人にもその場所にも危険のような気がする。
まるで幽鬼の群れに見えて仕方がないのだ。




« 神様は教えてくれる | HOME |  エンジェルナンバー »

コメント

こんばんは

日本にもハロウィンが定着してきましたね。
若い人が仮装するくらいなら微笑ましいのですが、ゾンビメイクが多いのが何とも不思議に思っていました(笑)

確かに、アメリカではハロウィン中の事件が多い印象があります。やはり被り物とか仮装をするので、そこに目をつける連中がいるのでしょうね。

話を飛ばしますが、最近の日本では、人が集まるところで事件を起こして、結果的に大量殺人になっているのが気になります。
また、高齢者の犯罪も多いですよね。
宇都宮で爆死した元自衛官とか、新幹線で焼死自殺をした高齢者とか。

今のところ、日本のハロウィンは平和そのものなので、萌え系くらいで留めてほしいです。

Re: タイトルなし

コメント有難うございます。

確かに今の日本はおかしくなっていますね。
日本の国単位で考えるとよくない集合意識が強くなっていると思います。
人心が乱れた時に集団も国も魔が忍び寄ってきますから、何とかそれを否定する個人が多くなってほしいです。

格好から変えていくのはカルトや邪教も一緒で、形から入るというのは実はスピリチュアル世界にも通用する部分があるのではないかと思っています。

コメントの投稿

 
管理者にだけ表示

トラックバック

トラックバックURL

http://leomasquerade.jp/tb.php/196-d2b1d9f1

⇒ この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

 | HOME | 

プロフィール

masquerade

Author:masquerade
職業画家でベネチアンマスクを描いています。

PR

カレンダー

09 | 2018/10 | 11
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

最新記事

カテゴリ

人気記事ランキング

月別アーカイブ

タグ

メール送信

リンク

フリーエリア

QRコード

QR

PR