神使い

2016–09–11 (Sun) 16:38
神使いと言われる生き物がいる。
特に虫は昔から吉兆や凶兆の印として考えられていて種類によってそれぞれ意味があったりする。
神使いと言われているのはトンボや蝶々などがよく知られており、神社で見る蛇やトカゲはその神社の神様の遣いと言われている。

普通の人が神社で蛇やトカゲを見ても気持ちが悪いだけだしトンボや蝶は意に介さないが、スピ系人間はそういう視点で物事を見ることが多いので必ず意味を考える。
かくいう私もスピリチュアル的思考になってから、それまでは気が付かなかったことがもしかしたらこれは見えない世界からのサインかもしれないとアンテナを立てるようになった。

特に私が確信に近いものを持ったのが黒揚羽だった。
これは私の中では神様とツインソウルであるガイドの両方を意味する。
この夏驚くほどの頻度で黒揚羽と遭遇した。
一番多いのが神社だったが、私が縁を貰った三つの神社では必ず見ている。
特にいつも行く龍神の神社は、会いたいと思って探したり待っていたら必ず来てくれる。

私の中ではツインソウルであるメインガイドが黒揚羽になっていると感じた時があったので、彼に来てほしいと念じると本当に黒揚羽を見るようになった。
気持ちがぐらついたりして困っている時は多い。

一度は銀座のど真ん中でも見たし、緑がないと思われる市街地や駅のホームでも見ている。
先日は失くした指輪の代わりを買いに行こうと思ってマンションの外へ出たら、黒揚羽がいて暫く見ていたら何度か側へ来た。
いなくなったので歩き出し角を曲がったら、また先程の黒揚羽が見送るように現れた。
指輪を探しに行く私のために現れたのだと思ったが、やはりこれだと思う指輪を見つけることが出来てあの黒揚羽は彼だと確信したのだった。

去年までは一度も見ていなかった黒揚羽を数え切れないほど今年は見ているのだから、偶然とは思えない。
仮に偶然や注意しているから認識したとしても、私の心がそれで神様やガイドとの繋がりを確信しより強いものに出来ているのだからとても嬉しいことだと思っている。

よく、お墓参りに行って蝶々やトンボが飛んで来て、もしかしたら故人かもと思った経験のある人はいるだろう。
それは、ほぼそうだと言っていい。
思う時点でそれを教えてくれている。

神様や霊が乗る生き物は幾つかいる。
特にトンボと蝶々は神使いと言われているので、側に飛んできたり「あれ?」と感じたらあちらの世界と繋がって見て貰っていると喜んでもいいのではないだろうか。

古代蓮3




« スピ界の暗闘 | HOME |  人間の業 »

コメント

コメントの投稿

 
管理者にだけ表示

トラックバック

トラックバックURL

http://leomasquerade.jp/tb.php/176-eb0b1df4

⇒ この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

 | HOME | 

プロフィール

masquerade

Author:masquerade
職業画家でベネチアンマスクを描いています。

PR

カレンダー

09 | 2018/10 | 11
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

最新記事

カテゴリ

人気記事ランキング

月別アーカイブ

タグ

メール送信

リンク

フリーエリア

QRコード

QR

PR