集合意識の怖さ

2016–08–28 (Sun) 17:06
先日フェイスブックに流れてきた動画で、ある啓発セミナーの様子をたまたま見た。
かなり大きな会場で講師がステージ上にいた。
フィナーレと思しき状況で、講師が拳を振り上げ客席が一緒になってエールのようなものを叫ぶという場面だった。
見た瞬間ドン引きしたが、これは今はやりのマインド系セミナーではよくあることなのだろう。
客席は興奮状態で心が一つになり拳を振り上げ声を出すのだろうが、昔から政治宗教の場では洗脳方法としてよくあってヒットラーなどは背後の魔物にそうやって人々のエネルギーを献上していた。

私は小さい頃から集団や組織が嫌いだったが、それは皆同じ事をさせられるからだ。
集団になれば集合意識が強くなり、それを悪用しようとすれば恐ろしいことを起こせる。
カルトはその典型だし国単位で起こしたのはナチスだ。
戦前の日本も天皇を使って集団洗脳状態にさせたから似たようなものだろう。

人を集める人間は必ず集まった人々のエネルギーを貰っている。
芸能人や歌手もそうだがこれは悪用されないので問題はない。
しかし、その背後にネガティブな存在がいると、集まる人間のエネルギーを食べ強大になり支配しようとする。

分かりやすいのはカルトで、そこでは洗脳状態になり金銭、生活、人生、そして自分のエネルギー全てを教祖に捧げることになる。
洗脳から目覚め脱会でもしようものなら仲間に殺されかねない。
そこにはカルトという集合意識しかないから、もはや他の意識は受けいれられず排斥されるのだ。
この催眠にかかってしまった集団の一番恐ろしいのは、教祖より仲間内でお互い監視し合ったり序列が出来てくることだ。

これは古代の奴隷制度がそうで、最近ではナチスも同様だった。
奴隷を見張らせるのは上等な奴隷、ユダヤ人を騙してガス室に送るのは同じユダヤ人。
洗脳されるということは、決して洗脳した人間には刃向かわないという大原則がある。

いま日本人は北朝鮮を独裁国家だと見ているが、翻って自分達はどうかと思う日本人は少ない。
格差社会が広がり6人に一人は貧困だと言われる。
年金は10兆円以上も株式運用で溶かし福祉を切り捨て外国には金をばら撒く。

とても国民を幸せにしている政権だとは思えないが、生活の不満はもっと弱者に向けられ強い奴隷が弱い奴隷を叩くような状況になっていないだろうか。
現政権は過去何度も失敗した共謀罪も成立させるようだが、これで政治に都合の悪い事は秘密保護法で国民に隠し政権への不満分子は共謀罪で粛清できる。
単一化された集合意識は為政者の号令でどの方向にでも行くことになるだろう。

そうなる前に何かが起こると予感しているが、少なくともそれはもはや人間の力によるものではないような気がしている。



« 全ては繋がる | HOME |  人間の欲望 »

コメント

コメントの投稿

 
管理者にだけ表示

トラックバック

トラックバックURL

http://leomasquerade.jp/tb.php/171-8cbca703

⇒ この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

 | HOME | 

プロフィール

masquerade

Author:masquerade
職業画家でベネチアンマスクを描いています。

PR

カレンダー

11 | 2018/12 | 01
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

最新記事

カテゴリ

人気記事ランキング

月別アーカイブ

タグ

メール送信

リンク

フリーエリア

QRコード

QR

人気ブログランキング

PR