預言カフェ

2016–08–17 (Wed) 17:26
預言カフェに行って来た。
キリスト教系の団体がやっているカフェだが、コーヒーを飲むと信者である従業員の人が3分ほどお客に対してキリストの言葉を預言として降ろしてくれる。
各人各様の内容で抽象的ではあるがその人間にしか判らないことなど核心を突いているものも多く、中には泣き出す人や感極まる人もいる。
必ず録音するので後で聞き返すと改めて正鵠を得ていることも多い。

一年ほど前に行ったことがあったが、今回は別店舗が出来たことを知り突然行きたくなって行ってみた。
二人ほど預言をしてくれる人がいたが、私には若い女性が預言をしてくれた。
早口で明らかにどこかからメッセージが来るようなので、主と言われる高次の存在から降りてきているように思った。

内容は驚いたことにスピリチュアルに覚醒して、漠然と私が感じていたことを言い当てていた。
「遠くから来た人々とのコミットメント」「新しい展開と待っている人がいる」「これからは自分の意志ではなく神のサイクルに入る」
等、どうも私はやはり新しいステージに入るようで、それには焦らず急がず神がちゃんと決めてくれるという内容だった。

最初から「遠くから来た人々」と聞いて思わず宇宙人を考えてしまったのは自分でも笑止だったが、非常に寓意的な示唆だった。
以前ヒプノセラピーを受けた時、私の描いている仮面の絵は一緒に地球に来た時の仲間だというのを自分の潜在意識が答えていたことに驚き、それ以降もしかしたらと思うようなスピ系の人々にも出会ったりしたが、最近はすっかりそれも忘れてしまっていた。

今回の予言がそれを指しているとは限らないが、他にも人々が覚醒したり新しい世界が開けたりするという内容があり、それに私が関わるとも言われた。
「それってアセンション?」と咄嗟に思ってしまったが、まあ色々な意味に取れるので我田引水的解釈は控えよう。
しかしこれからは神と通じるとか神が教えるとか言う文言があって、最近神社巡りをし神と繋がりたいと思うようになったのはこういう意味なのだろうかと考えた。

一年前の予言は、選択肢が沢山あり例えばお店に行って色々なものが選べるような状態だが、品物を知っているお店の人に相談しながら選んだ方が良いと言われた。
まさしくお店の人は私のガイドで品物はスピリチュアル的ツールだったように思う。
予言通りこの一年スピ的に色々な事を経験しガイドに駄目出しされたり取捨選択の末今日に至るが、奇しくも一年後また預言カフェに行って預言を聞いたのは偶然だとは思えない。
実際ちょうど一年前だったと後から分かったくらいだから。

スピ的には中途半端な今の状態がこの先変わっていくだろうと希望が持てたことで、今回の預言カフェはかなり意味があった。
悲しいかな社会や他人のことはある程度予想はついても、自分のことになると感情が入り無知蒙昧になるのがスピ系人間には多い。

素直に神に聞いてみるのも一案だろう。
この際の神とは私の場合イエスキリストでもお釈迦様でも限定したものではなく、つまり神仏と言われる高次の存在のことだ。

預言カフェ


« 潜在意識とブロック | HOME |  スピリチュアルグループ »

コメント

コメントの投稿

 
管理者にだけ表示

トラックバック

トラックバックURL

http://leomasquerade.jp/tb.php/166-f50e2dd0

⇒ この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

 | HOME | 

プロフィール

masquerade

Author:masquerade
職業画家でベネチアンマスクを描いています。

PR

カレンダー

11 | 2018/12 | 01
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

最新記事

カテゴリ

人気記事ランキング

月別アーカイブ

タグ

メール送信

リンク

フリーエリア

QRコード

QR

人気ブログランキング

PR