天神様に会いに行く・1

2016–07–04 (Mon) 17:27
先週太宰府天満宮へ行って来た。
一泊の駆け足だったが、年に二度ほどはお詣りし祈祷をして貰うので少し早いが今回も行くことししたのだ。

実は先月枕元に置いているお守りを洗濯してしまうという頓馬なことを仕出かし、(しかもそれは去年もやっていた)これはやはり早目に行かなければならないということなのだろうと思ったわけだ。
二度もお守りを洗濯するということはよほどお守りも浄化してほしかったのかもしれない。
かなり私のネガティブ邪気を吸ってくれていっぱいいっぱいだというサインだと勝手に解釈した。
事実その頃は深刻な相談や鑑定があって、自身のスピリチュアル的方向性を見直しなさいとガイドから言われているような状態だった。
早くお返しして次のお守りにバトンタッチしてもらわなければと思っていた。

因みにお守りやお札の類は機械的に製造された単なる物でしかないと考える向きもあるが、私は自分がそこに神様を感じそう思って接するなら必ず宿るものがあると考える。
その神社神社に神様がいて、天満宮のお札は宮司さんが祈祷して天神様に繋げてくれたものだしお守りも持つ人間の心によって同じ効果があると思っている。
本当にそこに神様が来てくれるのか、あるいは自分のガイドなり守護霊がその代わりをしてくれているのかは分からないが、御札もお守りもこちらが心を込めれば依り代として充分加護してくれると思う。

神社は呼ばれると言うが、太宰府天満宮に行こうと決めて日程や航空券の手配で何気なく6月29、30日にしたところ、、実は私は全く知らなかったのだが、6月30日は大祓いの日だったのが後で分かった。

事前に天満宮から大祓いの案内が来ており祓いの人形と志を郵送していたところ、30日に行くことになってよく見たら当の大祓いのその日ではないか。
そもそも大祓いの日をよく見ていなかった私も間が抜けているが、あまりの偶然に驚いてしまった。
天神様は本人も来なさいと呼んでくれたらしい。

そんなわけでやはり天神様には改めて御縁を頂いたことに感謝した。

最近は神社巡りが趣味になりつつあるので、行った当日は香椎神宮にお詣りしてみた。
清冽な神気を感じる場所で、小雨が降っていたがゆっくりと参拝し帰りに池の真ん中にある弁天様にお詣りをした。
綺麗な弁天様で、自分の描いているベネチアンマスクに雰囲気が似ておりしばし佇んで見とれていた。
芸術の神様なので何となく励まされたような気がしたが、偶然にも雨にもかかわらず揚羽蝶がお社の後ろから出てきて私の周りを一回りしまたお社の後ろに消えた。

きっと何か繋がれたのかもしれないととても嬉しくなったが、同時にとんでもないことが起きていて、神様はやはり優しさと厳しさを持ち合わせて参詣する人間の心構えを試しているのかもしれないと思った。

長くなるので次回へ。

DSC_1357.jpg DSC_1353.jpg





« 運の使い方 | HOME |  天神様に会いに行く・2 »

コメント

コメントの投稿

 
管理者にだけ表示

トラックバック

トラックバックURL

http://leomasquerade.jp/tb.php/147-46337d9e

⇒ この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

 | HOME | 

プロフィール

masquerade

Author:masquerade
職業画家でベネチアンマスクを描いています。

PR

カレンダー

10 | 2018/11 | 12
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

最新記事

カテゴリ

人気記事ランキング

月別アーカイブ

タグ

メール送信

リンク

フリーエリア

QRコード

QR

人気ブログランキング

PR