犠牲者は善良な人々

2016–06–28 (Tue) 15:26
イギリスのEU離脱ショックについて様々な解説がなされブログでも色々な立場から今後を予想しているのを見たが、大まかに言えることはこれはリセット、リセッションではないかという考え方だ。
それが最終的な目的だが、それには一度崩壊させ混沌状態から振り分けもう一度新たな枠組みを作るという作業が必要だ。
しかしその最終目標がどれなのかは綱引き状態で、まだ起こしている本人達もはっきりと見えないのではないか。

これはスピ的にはアセンションだし、俗的にはイルミナティーのグローバルエリートが目指すNWOなのかもしれない。
陰謀論と言われようが確実なのは、もう歴史の歯車は動き出して世界の仕組みは変わりつつあるということだ。

近未来は悲観的な予測の方が多いが、それを乗り越えていけば全く違った価値観の世界が生まれる可能性がある。

まず卑近の問題としては、経済的にはドイツ銀行やシティーバンクの倒産で経済が大混乱し、それに乗じて仮想通貨に切り替わり貨幣価値がなくなるという説だ。
これはすでにビットコインがあるし日本の三菱UFJも仮想通貨を始めるらしいから、あながちあり得ない話ではない。
銀行からお金が降ろせなくなるというのはベネズエラやアメリカでも起きているから現実味を帯びている。
政治的にはEU離脱に関してイギリスを始め各国で内乱が起こる可能性があり、これも国際的な混乱を引き起こす。

全ては第3次世界大戦を起こそうと思った勢力がテロや様々な事件を起こしても無理だと知って、経済恐慌で世界を戦時状態にすればと考えたのかもしれない。
しかしそこに地球の身震いともいえる異常気象や不可抗力の事象が加わり、大きな人間の集合意識と宇宙や自然や見えない世界の干渉がぶつかり合ってカオス状態が始まったというのが今ではないだろうか。
行き先は乗り物に聞いてくれという状態だ。

しかし遠大な物語を語っても現在生きて生活している我々の日常があるわけで、ロスチャイルドが世界銀行を作るか否かより毎日普通に生活していけるかが個人にとっては大切なことだ。

私的には何年かは激動が続くと思っている。
自然、人工どちらでも色々な災害や動乱が起こるだろう。
自分を守れるのは自分だけで国家は守ってくれないのだけは確かだ。
それどころか国家の犠牲になる危険性の方が高い。

今回の英国ショックで自殺者が増え電車が止まったと言われているが、リーマンショックの時も大変な事態になっていた。
日銀がマイナス金利を実施した時は家庭用金庫が売れ、銀行から資金を引き揚げる人が少なからずいたようだ。
危機に敏感な投資家はいつもそれで儲けるが、庶民はそこまで金銭に貪欲ではないので、割を食うのはいつも善良な人々だ。
日本は参議院選が終わるまでは経済破綻は何としても政権が阻止するだろうが、それ以降はどうなるかわからない。

個人もリスク管理は早めにした方がいいのではないか。


« 厄落とし | HOME |  運の使い方 »

コメント

無題

このページを読んだときに「安心しなさい。私には会いにいく人あいます。」という声が頭の中で響きました。
私はワンダラーです。
あなたにどう思われようと関係ありません。
スコット博士の本が何よりの証拠だから。
あまりいわないようにします。

無題

このページを読んだときに「安心しなさい。私には会いにいく人がいます。」という声が頭の中で響きました。
私はワンダラーです。
あなたにどう思われようと関係ありません。
スコット博士の本の診断テストが何よりの証拠だから。
あまりいわないようにします。

Re: 無題

コメントありがとうございます。
私もスコット博士の診断はやってみました。
今は沢山のワンダラーやスターピープルが目覚めているようですね。
でも一般の理解はまだ少ないようで、困難にぶつかることもしばしばです。

コメントの投稿

 
管理者にだけ表示

トラックバック

トラックバックURL

http://leomasquerade.jp/tb.php/145-e35ae0fd

⇒ この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

 | HOME | 

プロフィール

masquerade

Author:masquerade
職業画家でベネチアンマスクを描いています。

PR

カレンダー

11 | 2018/12 | 01
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

最新記事

カテゴリ

人気記事ランキング

月別アーカイブ

タグ

メール送信

リンク

フリーエリア

QRコード

QR

人気ブログランキング

PR