龍の国

2016–06–09 (Thu) 17:10
台湾に行って来た。
単なる観光旅行だが二泊三日で一日台北観光も付いていたのでそれなりに充実した内容だった。

台湾は独特のスピリチュアル文化を持つようで沖縄に近い感じだ。
台湾人の知り合いがいるが、台湾では何かあると占いに行くのが普通だと聞いたことがあり、そういう意味では見えない世界を信じている人が多いということだろう。
占いにも四柱推命や米粒占いなど色々あるようだが、残念なことに私は占いに行く時間がなかった。

観光で連れて行かれたのは「大龍峒保安宮」という健康長寿のお寺で、参拝客が多く日本の寺院とはまるで様子が違った。
色々拝む手順や作法があるらしいが、よくわからずガイドの言うままに小さな木片を落としてお神籤を引いた。
勿論漢文なのでガイドが内容をざっと説明してくれて悪い感じではなかったが、なんとどさくさに紛れてホテルでそのお神籤を他の紙類と一緒に捨ててしまったことに後から気が付いた。

そのせいでもないだろうが、帰る日は朝からボーッとして何かが変だった。
空港へ行くバスでは街並みを見ていると悲しくなって涙が出てきたり、魂がずれて体から浮き上がっている感覚に捉われそれを引っ張って自分の体に戻さなければならない感じだった。
どうも何か悲しい気持ちを拾ってしまったのではないかと思った。
泣く泣く台湾を去って行く悲しみで、もうここへは来られないという感じが涙と共に湧いてくる。
極めつけはぼーっとしていて空港のチェックインで検査のため横にしたバックから携帯が籠に飛び出していて気が付かず、搭乗間際になってないのに気づいたことだった。
同行者がギリギリ取り戻してくれたが、信じられないようなミスだった。
何とか無事に帰国し家についたがその日はネガティブ思考がひどく、自分ではないようでこれは何か連れてきたと思ってしまった。

きっと台湾を去りたくなかった人と波長が合ってしまったのかもしれない。
携帯を隠して帰れないようにしたかったのかと邪推さえした。

台湾と日本は昔から縁があり一時は日本が台湾を統治していた時代もあった。
色々ないきさつはあるが、今も台湾の人達は日本には友好意識を持ってくれている。

一晩寝てそれは取れたようだが、後から調べるとどうも私の行動は無防備だったようだ。
雨がひどくて傘が乾かないので仕方がなくホテルの部屋で傘を広げて干したり、洗い髪を乾かさず疲れて寝てしまったり、これらは台湾では浮遊霊に憑依される禁忌の行為だったのが分かった。
その上お神籤は捨ててしまったし。

まあ、思い込みといえばそれまでだが、旅行に行くとその土地のものと波長が合ってしまうのは誰でもあるし意に介さないのが一番かもしれない。

台湾は突然行くことになったので、何か意味があったのだろう。
中正紀念堂では蒋介石の大きな銅像の前に立つと今も彼の魂が高みから台湾の国や人々を眺めているのを感じた。
また、至る所に龍という文字があって台湾には沢山の龍が住んでいるのだというのも分かった。
龍に縁のある私は乗った飛行機もキャセイパシフィックで元は香港ドラゴン航空だったので、何とも龍尽くしの台湾旅行だったようだ。

DSC_1220.jpgDSC_1218.jpg



« イカスピ | HOME |  異質の参拝 »

コメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

Re: タイトルなし

コメントありがとうございます。 台湾は独自のスピ文化を持っているようです。 後で調べてびっくりしましたが、その土地によって色々しきたりがあるのですね。 閲覧して頂いて嬉しいです。 頑張って更新します。(笑)

コメントの投稿

 
管理者にだけ表示

トラックバック

トラックバックURL

http://leomasquerade.jp/tb.php/135-101af89a

⇒ この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

 | HOME | 

プロフィール

masquerade

Author:masquerade
職業画家でベネチアンマスクを描いています。

PR

カレンダー

09 | 2018/10 | 11
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

最新記事

カテゴリ

人気記事ランキング

月別アーカイブ

タグ

メール送信

リンク

フリーエリア

QRコード

QR

PR