人間を見分ける

2016–04–01 (Fri) 17:10
最近は様々な人との出会いがあるが、どうも人間の種類を見極める練習をさせられている気がする。
ある場所で一緒にという人が多いがそれでも言葉を交わしたりその後会ったりする人もいて、中には確実にかつての仲間だったり、もっと言えば宇宙の同胞だった人もいる。

人間は直感的に人について様々な印象を持つが、それは結構当たっていて特に何となく嫌だったり印象が良くない人は自分にとっては、いい相手ではないと思った方が良い。
類は友を呼ぶしソウルグループや様々な分類で分かれるので、合わないと思う人はそれが違っていて、好印象を持てるならそれが一緒なのだろう。

私の場合はスピリチュアル的にダークサイドかどうかを判別しなければならないらしい。

昨日たまたま見つけたスピ系のコラムでなるほどと思うことが書いてあって、思わず膝を打ってしまった。

1、スピリチュアルでも善より悪の方が強い、白魔術より黒魔術の方が強い。

まさしくその通りで、世界や日本を牛耳っているのは1パーセントの人間で憑いているのは闇の力だ。
卑近な例では、例えば黒魔術系のアチューメントなどは速攻で効果が出るし、それをやっている術者も能力的にはそれなりのものを持っている。
上と繋がろうが下と繋がろうがいわゆるスピリチュアル能力は使えるようになるし、かえってダークサイドの方が即効性や現世利益は大きいかもしれない。

2、闇の力で成功した者は、周りが皆不幸になっている。

そういう力と繋がり成功や栄耀栄華を手に入れた人間は、特徴としてその周りは皆不幸や不運に見舞われているということだ。
そちら側の力を背景にすると自分の気に入らない者を排除したりそれを踏み台にしてのし上がるわけだから、共存共栄はあり得ない。
本人が気が付かなくても自分だけ恵まれて周りは皆不幸になるような場合や、自分の気に入った人しか周りには集まらないような場合は、良い守護ではなく闇系の守護の力と思ったほうがいい。
高次の守護に助けられた成功者は必ず周りの者も豊かにし、人を選ばず遍く光のエネルギーを分け与える。
そのために成功させてもらえたのだから。

思えばこの二つに近い人に最近遭遇した。
そういえば、どこかの国の総理もこのモデルケースのような気がする。
地球の次元が上がれば最終的には光と闇も統合されるらしいが、なるべく早くそうなってほしいものだ。


« 天網恢恢疎にして漏らさず | HOME |  眷属は神の遣い »

コメント

コメントの投稿

 
管理者にだけ表示

トラックバック

トラックバックURL

http://leomasquerade.jp/tb.php/114-37fe7b84

⇒ この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

 | HOME | 

プロフィール

masquerade

Author:masquerade
職業画家でベネチアンマスクを描いています。

PR

カレンダー

11 | 2018/12 | 01
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

最新記事

カテゴリ

人気記事ランキング

月別アーカイブ

タグ

メール送信

リンク

フリーエリア

QRコード

QR

人気ブログランキング

PR