闇は招く

2016–03–08 (Tue) 20:40
人間の欲には様々あるが、最近は欲と欲のぶつかり合いを目の当たりにすると非常に疲れる。
今日も仕事関係の権力抗争に辟易として帰宅した。

もちろん私も人間なので様々な欲を持ってきた。
しかし、この世にはお金で買えないものや権力でも動かせないものがある。
野心家や権力志向の人間は常に権力金力を追い求め、それに死ぬまで気が付かないことが多い。

巨万の富を手に入れ、人にかしずかれ権勢を振るっても、それをあの世まで持って行くことは出来ない。

人間社会に上下はあるが、魂の世界にも上下がある。
それは現世社会の地位や身分とは一致しない。
金持ちや権力者でも未熟で格の低い魂もあるし、逆に貧民窟に生きている人間でも格の高い魂もある。

それを見分けるのはその人間がどれだけ他者に慈愛のエネルギーを与え敬愛されているかだ。
それも目に見える形ではなく密かに助けている場合が多い。

成功したい、栄耀栄華を手に入れたいという野心家の動機は自分の欲が殆どだ。
そのためには人を蹴落としたり寝首を掻くようなことも平気でやるし、人を利用するのも横紙破りも何とも思わない。
でもなぜか思いのままのし上がって、成功したりする。

多分これは本人も気が付かないうちに闇のエネルギーを利用しているのだろう。
人間は光も闇も持っていて自分の中に陰陽の世界があると思っていい。
光に行くのか闇に行くのか、光の恩恵を受けるのか闇のエネルギーを利用するのかは本人の考え方、生き方次第でどちらにも振れる。

スピリチュアルの世界ではライトワーカーや術者が闇落ちしたと言われることがあるが、それは普通の人間にも言えることで金力権力に目が眩むと魂的には残念なことになる。

自己啓発やマインドコントロールで成功を手に入れるセミナーが大流行だが、まず何のために成功したいのかをよく考えるべきだろう。


« 光と闇 | HOME |  宇宙の法則 »

コメント

コメントの投稿

 
管理者にだけ表示

トラックバック

トラックバックURL

http://leomasquerade.jp/tb.php/105-cfbac379

⇒ この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

 | HOME | 

プロフィール

masquerade

Author:masquerade
職業画家でベネチアンマスクを描いています。

PR

カレンダー

11 | 2018/12 | 01
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

最新記事

カテゴリ

人気記事ランキング

月別アーカイブ

タグ

メール送信

リンク

フリーエリア

QRコード

QR

人気ブログランキング

PR