集団エネルギー

2016–02–27 (Sat) 16:33
エネルギーは集団になると強い力を発揮する。

集団心理と言うのはまさしくエネルギーが集団でシンクロ、合体するもので、個人のエネルギーは微妙に違っても集団で一つの大きなエネルギーになるといつの間にかベクトルは同じになってしまう。

カルト宗教から民族、国単位まで大きな方向性を持ったエネルギーの中に入ると弱いエネルギーは吸い込まれてしまい、気が付いたら自分のエネルギーも同化している。
そうなると洗脳状態で、エネルギーの向かう方向へ行ってしまうようになる。

戦争などはその最たるもので、戦争をしたい人間が仮想敵国を作りマスコミを使って国民の意識をそこに向けさせると、敵意のエネルギーが次々と伝播し冷静な判断が出来なくなり集合意識として戦争へ向かわせる。

憎悪や敵意の念=エネルギーは強く、昔呪術師は動物を生贄にしてその断末魔の念を呪術に使ったそうだ。

人の意識や念、すなわちエネルギーはそれ自体が力を持っている。
それを祈りの念などに使えば人を助けたり世の役に立ったりするが、中には上手く集めて自分の為やよからぬことに使う輩もいないわけではない。

ライトワーカーやヒーラーでも何人か集めて集団ヒーリングをしたりするが、これはヒーラーが自分にエネルギーを集めることも出来るわけだ。

例えば何らかの集まりでも、主催者が尊敬され慕われていたとする。
彼にあやかりたいと思うエネルギーが集まれば彼の力は増すわけで、霊能者がやがてカルトの教祖になるのはこの集団エネルギーを集め利用し自分のパワーアップを図るという構図だ。

カルト教祖の後ろに憑いている闇の物は、そのパワーを食べてますます強力になり力をつけるだろう。
最初はある程度は信者に還元するがやがて等価交換以上を要求し、最後には教祖は魂も取られしまう。

友達のエネルギーバンパイア、スピリチュアルな集会、○○さんを囲む会などは変なエネルギー交換にならないように慎重に見極めた方が良い。


« ヒーリング | HOME |  護摩焚き »

コメント

コメントの投稿

 
管理者にだけ表示

トラックバック

トラックバックURL

http://leomasquerade.jp/tb.php/102-f8df4862

⇒ この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

 | HOME | 

プロフィール

masquerade

Author:masquerade
職業画家でベネチアンマスクを描いています。

PR

カレンダー

09 | 2018/10 | 11
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

最新記事

カテゴリ

人気記事ランキング

月別アーカイブ

タグ

メール送信

リンク

フリーエリア

QRコード

QR

PR