虐待とスピリチュアル

2019–02–07 (Thu) 15:33
千葉で小4の女児が虐待死した。
実の父親が虐待して殺したのだが、母親も子供への虐待を手伝ったとして同じく逮捕された。
母親も虐待されていたそうだからこれはよくあるパターンで、自分へ向かう暴力を避けるために虐待に加担している場合もある。
父親は逮捕されても躾だったと言い張っているそうだが、前居住地の沖縄糸満市にいた当時も児相が何度も入り千葉へ逃げるように転居した時も糸満市からの申し送りが転居先にあったそうだ。

背景を探ったら典型的な虐待ケースだが、この父親は多分子供が死ぬまで虐待を止めなかったろう。
DVや虐待は本人も説明がつかない狂気でやっているケースが多い。
シリアルキラーや変質者もそうだが、ただやりたい、衝動が抑えられないという状況でやってしまうらしい。
一人の人間として見れば異常者だが、スピリチュアル的には色々な説明はつくようだ。

虐待の場合は対象が決まっている。
誰でも虐待するわけではなく妻や子供という特定の相手にしかしない。
中には子供が何人かいても平等に虐待するわけではなく、一人を選んで虐待する場合もある。
こんなケースは魂的な関係としか説明はつかない。

虐待についてはスピリチュアル的には、いくつかのケースが考えられる。
未熟な親の魂を成長させるためにもっと上の魂が虐待される役割を引き受けて子供に生まれて来た、過去生では全く反対の関係でそのカルマを解消するために逆の立場で生まれて来た、今回のように大事件になって社会を啓蒙するためのミッションで来た、等々何通りかのパターンがあるようだ。

かつてアメリカでメーガン法という常習性犯罪者に対する法律が作られたが、これは二歳の女児メーガンが性犯罪で殺害されたメーガン事件がきっかけとなっていている。
アメリカが性犯罪を許さないために、法律に彼女の名前が付けられたのだ。
メーガンはこの法律を作り、性犯罪被害を防ぐために来た魂かもしれない。

スピ的にどんな理由があるにしろ、虐待された魂は霊的進化が著しく虐待死であの世へ帰ると飛び級扱いだと聞く。
しかしそれはあくまで見えない世界の話で、現実に悲惨な虐待を受けている子供たちが年々増えているのだから、この虐待死事件は社会への警鐘と考えなければいけないのではないだろうか。
どんな魂の理由があるにせよ子供を虐待する親は毒親で、厳罰に処すべきである。

今回色々調べていてぞっとしたが腑に落ちた専門家の指摘があった。
虐待でもDVでも、被害者が逃げたり行政に保護されても血眼になって加害者は取り返そうとする。
泣いて反省し改心を約束するので関係者も騙されるが、虐待の加害者が被害者に執着して一緒に住みたがるのはただただ虐待の対象を取り返したいからだそうだ
だから家へ帰すともっとひどい虐待が始まるということが多く、中には帰して間もなく殺されてしまったケースもある。
虐待出来なかった空白の時間を埋めるために、更に虐待に拍車がかかるのだろうか。

なんともやりきれない話だが、虐待も犯罪と一緒なので強制的に引き離し刑罰を科すしかないように思う。



be9d5030e21aaf842172fbca2a080b23_s.jpg






 | HOME | 

プロフィール

masquerade

Author:masquerade
職業画家でベネチアンマスクを描いています。

PR

カレンダー

01 | 2019/02 | 03
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 - -

最新記事

カテゴリ

人気記事ランキング

月別アーカイブ

タグ

メール送信

リンク

フリーエリア

QRコード

QR

人気ブログランキング

PR