天への貯金

2018–12–30 (Sun) 17:16
今年もあと一日を残すところとなった。
混沌とした昨今、一年を無事に過ごせたことだけでも有難いと思わなければならない。

これはスピブログなので今年一年をその視点で振り返ると、かなり自分の思考の引き寄せが強かったように思う。
様々な出来事があって、どうしてこうなるのかと思うことも度々だったが、後から検証してみると自分がふと考えていたことや言ったことが現実になっていたのが何度かあった。
それもネガティブな事の方が多い。

もう一つは、スピリチュアルの世界での人間関係が増えたせいもあるが、メンタルを病んでいる人が本当に多いと感じた一年だった。
言葉は悪いが泥縄式に繋がって次々やってくる感じだった。
それは多分自分の分限やキャパ、スピ世界での可能不可能の境界を知るために、そういう人達を引き寄せたのだろう。
今まで右の頬を打たれたら左の頬を出すのが最高の徳なのかと思っていたところがあるが、誰でもキリストのようになれないのは当たり前で、自分の限界を知るところから全ては始まるのだ。

出来る事と出来ない事を知ってから、自分の能力に見合った行いをすべきだ。
その上で初めて出したエネルギーは循環する。
沖縄でユタに言われた事で、自分がずっと思っていたのと同じ話があった。
善を成せは直に返って来なくても、回り回っていつか一番自分に必要なものとして返って来てくれると。

電車で勇気を出して席を譲ったのに断られてバツが悪くても、その行為は「天への貯金」となって困った時に誰かが助けてくれるかもしれない。
私も今年間尺に合わないと思ったことも正直あったが、長い目で見たらちゃんとご褒美は貰っているような気がする。
陰徳を積むというと大仰に聞こえるが、天への貯金だと思えばたとえ報われなくてもしんどくても気持ちが楽になる。

メンタルを病んだ人達の話を聞く機会が多々あり、疲弊したと同時に自分の身の処し方やスピリチュアル的な立ち位置を今年は学んだ年だった。
おかげで体調を崩したこともあったが、今は復活したし来年はこのブログを中心にスピリチュアル世界の考察を深めていきたいと考えている。

時に独善的な部分もあり、特に政治的意見では反発を覚える方もいたと思う。
しかし、最近は自分のの成長と誰かの癒しや気付きの一助になればという気持ちがあって、それがこのブログを書くモチベーションにもなっている。
来年も出来る限り記事をアップしていくつもりだ。

今年もお読みくださった方々には、御礼を申し上げたい。
有難うございました。



DSC_0108.jpg





 | HOME | 

プロフィール

masquerade

Author:masquerade
職業画家でベネチアンマスクを描いています。

PR

カレンダー

11 | 2018/12 | 01
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

最新記事

カテゴリ

人気記事ランキング

月別アーカイブ

タグ

メール送信

リンク

フリーエリア

QRコード

QR

人気ブログランキング

PR