ハロウィンと悪魔

2018–10–30 (Tue) 16:12
今、世間ではハロウィンで大騒ぎをしている。
年々大々的になって来るが、これはバレンタインのような商業ベースに乗せられたものではなく、自発的に若者の中で規模が広がっているようだ。
週末に渋谷で大騒ぎをし軽トラを引っくり返す若者の画像がニュースになっていたが、邪鬼が群れを成し馬鹿騒ぎをしているようにしか見えない。

というのも個人個人なら多分普通の若者なのだろうが、ああいう場所でああいういで立ちで集団になると違うものに乗っ取られてしまうからだ。
元々渋谷や新宿は場所的に負のエネルギーが充満しているし、渋谷のスクランブル交差点は地縛霊や浮遊霊が常に放浪している。
そこであんな悪魔やゾンビや禍々しい物の扮装をした集団が群れるのだから、いいわけはない。
怪我人や死者が出ないで済んでいるのが不思議なくらいだ。
見える人が見たら本当の魔物や幽鬼がたくさん混じっているだろう。

人間は格好によって気持ちや出すオーラさえ違ってくる。
女性が化粧っ気もなく普段着でいる時と、きちんと化粧をしお洒落をした時では雰囲気が変わり顔つきまで変わる。
男女問わず身なりを整えれば背筋も伸びるし無意識でそれに相応しい立ち居振る舞いをするはずだ。

装いは自分を変える手っ取り早い方法だから、コスプレというのは変身願望の強い人間、逆に言えば今の自分に不満がある人間の欲求を満たす行為だ。
格好を変えれば違う人間になれるからだ。
だからハロウィンで変装をしたがる人間が増えるのだろうが、扮装によってそれに同調する気やエネルギーが出て最後にはネガティブな見えないものにシンクロし呼び込む。

血だらけのゾンビの服を着ていい気持ちになるだろうか。
いい気持になったりぞくぞくするのなら、自分の中にそういうマイナスで危ない部分があると思った方がいい。
そして仮にそんな扮装をしたらその気になってしまう可能性さえある。
罪を犯さないまでもネガティブな部分が解放され、平気でトラックを倒したり狂気じみたことが出来てしまうのだ。

仮面を被って殺人を犯す設定はよく犯罪ドラマであるが、仮装して違う格好になるということは違う自分が出てしまう可能性がある。
中世の仮面舞踏会は貴族が貴族らしからぬことをしてもいい作法だった。
誰か判らないからだ。

渋谷で魔女や悪魔やゾンビや死神が大騒ぎをすれば、本物もやってきて誰かにすっと入り込むかもしれない。
浮かれた若者はくれぐれもご用心だ。


05ddee65f13f17bdc6c3deca12b43255_s.jpg






 | HOME | 

プロフィール

masquerade

Author:masquerade
職業画家でベネチアンマスクを描いています。

PR

カレンダー

09 | 2018/10 | 11
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

最新記事

カテゴリ

人気記事ランキング

月別アーカイブ

タグ

メール送信

リンク

フリーエリア

QRコード

QR

人気ブログランキング

PR