スピ的視点の違い

2018–09–09 (Sun) 17:23
私はスピリチュアルに覚醒してから数々のスピ人間、職業としての占い師、セラピスト、霊能者などに会った。
最近何となく理解できるようになったが、いわゆる視える人、わかる人でも、繋がっている場所や情報を降ろしてくる先、あるいは見える角度によって、同一の物でも様々な見え方や解釈の仕方が違い、一律に当たる当たらないの次元では論ぜられないということだ。
神仏系や宇宙系、魔術系や闇系など簡単には分けられるが、それとは別にどこにフォーカスして解釈するかというのもそれぞれで違う。

例えば子供が手術を必要とする病気だったとしよう。
手術は難しく名医に巡り合えたお陰で助かった場合、子供を助けたのは執刀した医師と普通は考える。
しかし子供を助けたい一心で全国の名医を探し最高の医師に頼めた両親かもしれない。
またその子や両親は神仏の加護が厚く名医に導いてくれたかもしれない。

この場合子供を助けたのは執刀医だと見るか、両親の助けたいという思念だと見るか、神仏だと見るか、解釈の仕方で答えが違ってくる。
スピの世界でもこういう差異があって、一見言ってることが違うような気がするが実は物事の事象をどこから見ているかで異なった答えになっているケースがあるだろう。

霊能者でも神仏や高次の存在から答えを降ろしてくる人もいるし、自分や質問者の背後の守護霊やガイドと話して判る人もいるし、純粋に自分の念力だけで霊視する人もいる。
いわゆる占い師霊能者は一番、二番が多いようだが、三番目となると陰陽師や修行系の祈祷師に多い。
上記の子供が手術で助かった場合も、スピ的ケースで例えると祈祷師なら手術、守護霊やガイドなら両親の強い祈りや願い、神仏なら一連の流れを作った加護など、どれも子供を助けたといえるし、この三つが合わさって助かったというのが正解だろう。

様々なスピリチュアリストがいるから困った時は何人かに見てもらうこともあるだろうが、答えが違うからと言っても案外色々な角度から見ている可能性もある。
人生は選択であり結局自分の選んだ道は様々な要因でそこに収斂したわけだから、一見違って見えるものでも実は大局的に見ると同じもので結末は決まっていたりするのかもしれない。



077.jpg





クリスタルチルドレン

2018–09–07 (Fri) 17:01
北海道に行った時に絵の教室の教え子と10年ぶりに会ってきた。
最初に教室に来たのは小学2年ぐらいだったが、いわゆる不思議ちゃんで学校でも皆に馴染めずいじめや仲間外れにされていた。
龍の絵が好きでそればかり描いていたので、この子は龍神系なのだと思ったものだ。
オーラも見えるようだったし、普通の子供と話が合わず多分転生の少ない精霊や宇宙系の魂のようだった。

10年の歳月を経て会った彼女は、社会でかなり苦労をし人間の修行をして人間らしくなっていた。
3時間会って話した内容は見えない世界の話ばかりで、完全にお互いの正体が理解できた再会だった。

スピリチュアル能力を持っている人間は、幼少期から見えないものが見えたり感じたりする。
それをそのまま言ってしまうので、親も周りも気味悪がったり変な子扱いされて学校へ行けばシカトかいじめに遭う。
本人も人の嘘や本心や未来まで見えるから、素直に付き合えなくなるし人間不信に陥って友達などできない。

私の知り合いや友人のスピ系人間や占い師は、やはり小さい頃から人付き合いが大変だったり長じても人間社会に馴染むのに苦労している。
私のように一通り終えてから開いても、もう元の世界へ戻るのは頭のスイッチを切り替えなければならないのだから、子供時代からそうなら疎外感に苦しみ鬱やメンタルを病んでもおかしくないし自殺する子も多い。

インディゴやクリスタルチルドレンで、本来の目的で人生を全う出来ている人はどのくらいいるのか疑問だ。
途中で挫折や潰れてしまう割合も高いと思われる。
彼女もクリスタルチルドレンだが、普通に社会で働いてソウルグループの人に会ったらしく人間社会の常識を指南してもらったようで、しっかりした考え方を持っていた。

自分のこれからの人生でやるべきことも分かったので、龍神の家と土地を継いで傍ら好きなクラフト作家になりたいと言っていた。
実際もう販売もしていて、作品も見せてもらったがやはり宇宙の物だった。
彼女をリーディングしてみたら、土地を守ってくれる限り作家として後押しするからと彼女についている龍神が言っているような気がして伝えた。
本人自身もあれよあれよという間に地元だが作品が知られ売れるようになったそうで、龍のおかげだと気が付いたそうだ。

まだ若く時々此岸と彼岸の区別がつかなくなると言っていたが、実は彼女のような若者も最近は少なくないように思う。
特にクリスタルチルドレンと呼ばれる特殊な能力を持った子供達はADHDやアスペルガーに見えることがある。
非凡な力を持っていても潰されてしまうのは可哀そうな事だ。
多分このブログを読んでくれている人の中にも同じように生き辛い人がいるのではないだろうか。

存在するだけで周りをヒーリングしていると言われるぐらいの魂なのだから、彼らには地球のために最大限の能力を発揮してもらいたいものである。

写真はその彼女の作品


DSC_0376.jpg





天変地異

2018–09–06 (Thu) 16:35
今年最強の台風が来た翌日、北海道で震度7の地震があった。
実は私は2日から北海道へ行っていて4日に帰る予定だったが飛行機が台風で欠航になり一日足止めを食らい、昨日の夕方の飛行機で帰ってきたところだった。
今朝起きると北海道の惨状が目に飛び込んできて驚いている。

被害に遭われた方には申し訳ないが、台風と地震で日本への過酷災害がかなり分散されているように感じた。
人的被害も最小限に抑えられているし、どうやら日本を破滅へ向かわせようとする力とそれを回避しようとする力が拮抗して、最低限の被害で今のところ押さえられているような気がする。
特に地震は南海トラフや関東などに来たら地震だけでも東北大震災を上回る被害だろうし、原発も必ず被害を受け福島の二の舞になる。

どうやら今回は見えない力で北海道が引き受けてくれたのか、北海道に持って行ってくれたのかと思う。
しかしまだこれで終わりではないかもしれない。

安倍政権が西日本豪雨の時にオウム死刑囚を7人まとめて歴史に残る大量死刑執行をした。
あの時どうも嫌な感じがしてこのブログの記事にも書いたが、松本死刑囚本人の問題ではなく彼らに憑いている禍々しい大きな魔界の物が動き出すような気がしたのだ。
菅原道真公や崇徳天皇、平将門など処刑された後は怨霊が天変地異を起こしたとされ神に祭り上げて封印したが、彼らが仮に恨みを抱いてその念が残ったとしても、それに闇の集合意識が重なり膨大な魔のエネルギーとなって厄災をもたらしたとも考えられる。

今回寝ている魔を起こしたのは違う魔を持つ人物だが、死刑の後に立て続けに起こるこの天変地異にも私のようにひそかに関連性を疑うスピ系の人間はいると思う。
当のご本人は西日本豪雨の宴会にも学ばず台風の時には新潟に総裁選の票集めに「私的旅行」に行ったし、今回の北海道地震の時は6時間後にネトウヨの放送局に喜色満面で出演している映像が流れた。
さすが「危機管理の人」である。

天変地異がこれで終わることを祈るが、スピ的には上がるためには試練と振り分けが起こるというからまだ注意は必要だろう。



karehanosekai.jpg








憑依体質 ・2

2018–09–01 (Sat) 18:00
憑依されるのは一時的な場合もあるし数か月、数年単位のこともある。
長期にわたる憑依は殆どその人間と一体化してしまうので、簡単に除霊できないし無理に剥がすと憑依された人間も危ないそうだ。

よく統合失調症は幻聴が聞こえるがこれは何かに憑依されていたり、突然暴れたりするのもそういう場合がある。
統合失調症は家系的な因縁が多いようだ。
それはある程度生まれた時から持って来ているもので憑依と呼べるかどうかは微妙だが、突然発症したりするのはどこかで憑依されたと考えていいかもしれない。

もうその病と長い間付き合っていると憑依がきっかけでも殆ど同一化してしまって、仮に憑依が取れても傷んだメンタルはすぐには戻らない。
霊障で病を発症しても、原因の霊を祓えばすぐに病気が治るかというとそうはいかないのと同じだ。
きっかけは憑依でも、傷んだ部分は物理的なものだから適切な治療が必要になるだろう。

メンタルの場合はその人間の意識が乗っ取られることがあり、精神病にならなくても鬱状態や性格が変わったようになることがある。
突然ギャンブルにのめり込んだり暴力的になったり、人が変わったのではないかと思うくらい今までの行動様式と変わってしまった時は憑依の可能性がある。
極端になると変な行動をしたりあらぬことを口走ったり、映画「エクソシスト」の世界になる。
頭がおかしくなったと思ったら精神病院も必要かもしれないが、霊能者や祈祷師に憑依が無いかどうか視てもらうのも無駄ではないと思う。

憑依体質の人は大抵優しくて気の弱い人や霊感的なものを持っている人が多い。
家系的な因縁を受ける時も兄弟姉妹の一人が選ばれることがあるが、大抵その人はそういう傾向を持っていて他に行く分も背負ってしまうことになる。
自分が憑依体質かどうかを知るには、とにかく人混みに行ったら疲れる、何となく嫌な場所がある、人の気持ちが分かる、理由なく体調を崩す、勘が鋭い等々だ。
またネガティブ思考の人は自分からコードを繋げてしまう場合があるので要注意だ。
何故なら成仏出来ない霊は負の感情を抱えていることが多いから、似たような思いを持っている人に引き寄せられる。

霊能がある人はほぼ憑依体質だと思っていいが、自分の霊性を高め神仏の加護を受けていると憑依されなくなる。
また守護霊やガイドが力のある場合もブロックしてくれる。
逆にエゴイストや冷たい人間、パワーが強すぎる芸能人や政治家などは生霊も死霊も撥ねつけるので憑依されることは少ない。
ただ悪人の邪心にシンクロして邪霊がたくさん憑く場合はあるようで、そうなると悪的にパワーアップしてしまう。

憑依などというと怖いものに感じるが、誰でも霊を含め見えないエネルギーの影響は受けていてる。
たまたまこの世でさ迷っている霊が付いて来て悪影響を与える場合を憑依と呼ぶが、中にはやがてその人の力になって自らから上へ行く霊魂もあるようだ。
何もしないで一時憑いている霊もあるので、普通に生活している限りは誰でも色々な霊と共存していると考えていいだろう。



45bac1fbcd2a2e7c4ab92ea5fa7c167d_s.jpg






« 前へ | HOME | 

プロフィール

masquerade

Author:masquerade
職業画家でベネチアンマスクを描いています。

PR

カレンダー

08 | 2018/09 | 10
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

最新記事

カテゴリ

人気記事ランキング

月別アーカイブ

タグ

メール送信

リンク

フリーエリア

QRコード

QR

人気ブログランキング

PR