ケチって火炎瓶

2018–08–29 (Wed) 17:27
今日はスピブログにふさわしくない表題だが、「ケチって火炎瓶」とは今ツイーターでトレンドに入っているタグだ。
テレビ、新聞しか見ない人は知らないだろうが、安倍総理がかつて山口組系のやくざに選挙妨害を依頼し謝礼の500万円を200万円ケチって300万円しか払わなかったので、怒ったやくざが安倍事務所に火炎瓶を投げ込んだという事件から来ている。

先の国会で山本太郎議員が内閣委員会で安倍総理にこのことを正した際「事件は決着して私は被害者だ」と早口で原稿を読んだが、依頼したのは総理でやくざと関係ある人が総理なのはおかしいと突っ込まれていた。
事実なのでさすがに「私は関係ありません!」とムキにもなれず他人事のようにしていたが、裁判記録までは改竄出来ないので事実は認めるしかなかったようだ。
しかし、凄まじい箝口令を敷いているのでマスコミは一切緘黙している。
その代わりネットまでは規制できずツイッターのトレンドに上がってきたのだ。

もう事の是非を論じる次元ではないが、芸能界でも暴力団と一緒に写真に写っただけで大問題になり休業、引退など社会的制裁を受けるが、総理大臣は臆面もなく三選を目指している。

テレビと新聞しか見ない政治に無関心な人達は「ケチって火炎瓶」が何かも知らない。
最近Twitter界のカリスマのような83歳の老婦人がいてテレビやマスメディアにも取り上げられているが、彼女は高齢者の情弱ぶりをツイートしそういう無知が政治を間違った方向に向かわせると切り捨てていた。
戦争経験者で今の日本の世情に危惧を覚えているから発信できることだが、現在は若者も含めて自分で情報を集めなければ何一つ真実は判らない。
真実を知って初めてどれだけ悪辣な情報操作が行われていたか空恐ろしさを覚えるだろうが、中にはそれすら知りたくないという一般市民もいる。
スピリチュアル界もそういう人は多く善悪などジャッジ出来ないというが、今の世に生きている人間なのだから社会の正義も倫理も善悪も現実的に判断しなければならないと私は思っている。

安倍政権をブログでも批判してきたが、スピ的に見ると安倍晋三という人物には祖父の岸信介と戦犯の怨霊が重なって魔物のように乗り、それに私利私欲しかない亡者の集合意識が結界を張っているので、どれだけまともな人間が彼を糾弾しようとしても跳ね返され下手をしたら逆にやられてしまうのが現状だと思う。
これほど人々の批判の念を受けてもびくともしないのは、彼自身の良心のない鉄板のメンタルとそれを幾重にも取り巻く禍々しい死霊生霊の負の想念が守っているからだ。

「今だけ金だけ自分だけ」が教義の安倍真理教の洗脳は凄絶だ。
正義も倫理もなくなった政治家や官僚、そして右倣えの国民を見るのは本当に情けない。


74d0bc58b9f1c507ced1fe608726bf67_s.jpg





 | HOME | 

プロフィール

masquerade

Author:masquerade
職業画家でベネチアンマスクを描いています。

PR

カレンダー

07 | 2018/08 | 09
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

最新記事

カテゴリ

人気記事ランキング

月別アーカイブ

タグ

メール送信

リンク

フリーエリア

QRコード

QR

PR