あの世の遣い

2018–08–25 (Sat) 14:40
今年は異常な猛暑のせいかカブトムシが集団で死んだり蚊が少なかったり昆虫の動態にも異常が出ているようだ。
私は2年前に神社へ行き出してから最初の年は必ず蝶々、特に黒揚羽をどの神社でも見たし東京の真ん中でも何度も見た。
しかし今年は何処の神社へ行っても一度も黒揚羽を見ていないし、蝶々自体殆ど見かけない。
神社で普通の揚羽蝶は見たが頻度は極端に少なく、これも猛暑のせいかと思うが何となく変な感じがする。

神社では神遣いという生き物がいて、それに遭遇すると神様が歓迎してくれていると言われる。
私も今まで会ったのは鹿、猿、トカゲでこれは絶対そうだと思っている。
他には黄揚羽、黒揚羽、トンボなどはしょっちゅう見るが、今年は三峯神社で猿を見ただけだ。

神遣いと言わないまでもトンボや蝶は死者の遣いと言われたりまた天使のサインと言われたりして、見えない世界のメッセンジャーに使われるようだ。
お墓参りに行ってひらひらと蝶々が飛んできて周りを舞うという話はよく聞く。
こんな場合は故人が喜んでいると考えていいだろう。
日常の生活でも注意を払っていると見えない世界が答えてくれたと思う生き物のサインがある。

鳥、蝶、トンボ、蝉、普段は見かけないような昆虫などは何かの報せや答えかもしれない。
私はマンションの3階に住んでいるが、ベランダに出るとたまに驚くようなことがある。
弱っている時やガイドとの接触を願う時に、目の前を鳥が飛んで行ったり蝶が飛んで行ったり、また近くにとまっていたりすることがある。
最近もガイドに繋がっているなら具体的に何かで知らせてほしいと言ったら、ベランダにいきなりセミが飛び込んできた。
あまりのタイミングに返事が来たと驚いたが、偶然ではないと思ってしまった。

神社へ行けば神風や神遣いで神は存在を知らせてくれる。
普段の生活でも後ろの守護霊ガイドは様々な方法でコンタクトをしてくれているが、案外生き物を使ってというのも多いようだ。
世界各地で神の遣いや神の化身と呼ばれている動物、鳥、爬虫類、昆虫がいるが、もしスピリチュアルに興味があり何とか後ろの存在と繋がりたいと思ったら日常目にする生き物にも注意を払ってみたらいいかもしれない。

ガイドが答えてくれる時は様々な方法を使うが、サインが欲しいと思っていた時いきなりセミが鳴き出すとかトンボが側に来るなどあったら、報せなので見逃さないようにした方がいいと思う。
スピリチュアルの世界と繋がるのは簡単で、インパクトがあるかどうか、また法則性が見いだせるどうかが鍵だ。


DSC_0195.jpg





 | HOME | 

プロフィール

masquerade

Author:masquerade
職業画家でベネチアンマスクを描いています。

PR

カレンダー

07 | 2018/08 | 09
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

最新記事

カテゴリ

人気記事ランキング

月別アーカイブ

タグ

メール送信

リンク

フリーエリア

QRコード

QR

人気ブログランキング

PR