リインカネーション ー転生ー

2018–08–19 (Sun) 17:20
今朝から「リインカネーション」という言葉が頭に浮かんでいる。
何故だかわからないがとにかく何度も来るので、向こうの世界のサインだろうか。

リインカネーションreincarnationは「転生」を意味し、語源はre(再び)とincarnation(受肉)に由来する。
キリスト教ではキリストの再来を指すそうだが、再びが受肉しこの世に来るという転生の意味に使われる。

輪廻転生はそもそもはインドの古来からの死生観だが、仏教でも同様の転生という考え方や他の宗教でも微妙な違いはあるにしろは繰り返し転生すると信じられてきた。
スピリチュアルの世界に入るとこの輪廻転生は前提としてあって、前世、過去生をなくしてスピリチュアルは語れないくらいだ。
霊的進化のために転生を繰り返し最後にはもう転生も終わるという考え方が多いが、定義は差異があって各自の解釈次第だ。

アカシックリーダーによっては宇宙の転生時から視える人もいるが、参考までに何星出身か知ってみると案外特徴が分れていて納得できることがある。
普通は宇宙から来ましたと言うとのけぞられるので、身近な過去生のいくつかを知るのが一番実生活に役に立つだろう。
自分の性格や人間関係の躓きを前世を知る事により解明できる場合も多い。

肉親、家族、夫婦などは何度も転生で一緒になっているのは間違いない。
その時々で親子だったリ夫婦だったリ兄弟姉妹の場合が多いし、実際血が繋がらない養子や家族のように付き合う相手でも過去生では本当の親子や家族だったことがある。
その時の関係のあり様が継続することがあって、虐待関係の親子が逆の立場で生まれたり、不倫の三角関係が本妻と愛人が逆になって再び相まみえることもある。
これらは因果を持ち越してきたわけだが、今回の転生でそれを解消出来るようにがもう一度再チャレンジしているらしい。

大概いい関係のソウルメイトのは何度もの転生でやはり違う間柄でも助け合ったり愛し合っていたりしているようだ。
夫婦で「生まれ変わってももう一度一緒になりたい」と言えるのは過去も一緒だったからだ。
輪廻転生の不思議である。

今身近にいる人や大事な人が何度も時空を超えて一緒に過ごしていたと思うと、いいしれない感慨を覚える。
特に人生を共にしたり深い愛情で結ばれた人は、かつての世でも同じ思いで暮らしていたとしたら感動しないだろうか。
周りの家族や配偶者や大事な人とは果てしない時を経た邂逅だと思うと、つまらない諍いなどどうでもよくなってしまうだろう。
喧嘩の時にはその視点で考えて見ると、怒りなど感じなくなるかもしれない。

因みに母の日に贈るカーネーションは「リインカネーション」が語源だそうだ。
母の体で受肉し転生した感謝の気持ちがカーネーションなのだ。
なんとも深い。


007.jpg






 | HOME | 

プロフィール

masquerade

Author:masquerade
職業画家でベネチアンマスクを描いています。

PR

カレンダー

07 | 2018/08 | 09
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

最新記事

カテゴリ

人気記事ランキング

月別アーカイブ

タグ

メール送信

リンク

フリーエリア

QRコード

QR

PR