妖怪はいるか

2018–08–11 (Sat) 17:17
お盆には怪談話がつきものだが、私の友人の占い師は小さい頃幽霊以外にもいわゆる妖怪や不思議な世界のものも見えたという。
ゲゲゲの鬼太郎では様々な妖怪が出てくるが、これは日本古来から伝えられている妖怪で、それに類するものはいたのではないかと最近は思っている。
今ほど文明が発達していなかった時代では洋の東西問わず妖怪や魔物がどこでも語り継がれているし、名前がある妖怪から悪霊が重なり合って化け物のようになった魔物までいたはずだ。

電気もなかった昔では神も魔物も身近なもので、人間も繋がりやすく見えたのではないだろうか。
河童などは今でも馴染みが深いし、これほど身近な妖怪もないと思う。
本当にそれらしきものはいたと考えてもおかしくない。
今でもカマイタチはいるようで、私も一度だけ覚えがないのに腕に5㎝もあるひっかき傷が突然出来たことがある。
まさかと思っていたが偶然違う理由で陰陽師のところに行ったら、傷を見てそうかもしれないと言われた。
まあ、真偽の程は判らないが、スピブログを読んでいるとカマイタチにやられたという記事を見つけて、やはりあるのかと思ったものだ。

庚申塚というのが今でも地名やバス停などにあるが、これは陰陽師などが妖怪や魔物を捕まえ地中に封印して石を置き塚にしたものだ。
昔は妖怪や魔物を陰陽師や呪術師が捕まえて埋めたり結界を張ったりしたようだ。
だから間違って結界を破ったり塚を掘り起こしたりしたら、パンドラの箱を開けることになる。

現代人は幽霊も信じないしましてや妖怪など物語の中のものとしか捉えないだろうが、スピリチュアル的視点になると妖怪というよりも形を変えたエネルギー体だったリ宇宙人だったり人の姿をしていないだけで、見えない世界では様々な形態があるのだと思うようになった。
近代は都会化して妖怪の住む場所も無くなり、みんな深い森や山の奥に追いやられてしまったという。
山の中で迷うと不思議なものを見たという証言はたまに聞くが,案外それは妖怪かもしれない。笑

お盆は死者だけではなく地獄の窯が開くと言うから、あちらの世界からも様々なものが来る。
海水浴をすれば水中に引っ張られると言うし、お盆の禁忌は案外あるようだ。
昔から言い伝えられていることや迷信は何かしらの根拠があるかもしれず、面白半分で破らない方がいいような気がする。



12a45938bcb427bb426157f8e4315f97_s.jpg





見えない世界のコンタクト

2018–08–09 (Thu) 16:49
8月8日はスピリチュアルで言うライオンズゲートが開く日だ。
宇宙の扉が開いてエネルギーが降り注がれるらしい。
ピンと来ない人が大半だろうが(私もその一人)、つまり見えない世界と繋がりやすい期間ともいえる。

また、8月11日は新月だ。
この月の一巡りで7月13日の新月、7月28日の満月、8月11日の新月と3連続で、同時に「食」が発生する。
占星術的には一大イベントだ。
そしてもうすぐお盆もやって来る。
こう見ると何が起こってもおかしくないし、個人個人でも様々な見えない世界や自分の内面と向き合うイベントが起こる可能性がある。。

エネルギーは目に見えないが、暖気が来たり寒気が来たりするのは誰でもわかると思う。
それと似たような感じだと思ってくれればいいが、見える人には波紋のように視覚で分かったり温度のように触覚で分かったりするらしい。
気功の師匠が手で押すと離れていても体が押されるのはそのいい例だ。
嫌な場所に行って背筋がゾクゾクと寒くなるのは、そこに漂うネガティブな波動を感じたり浮遊霊のエネルギーに触れるせいだ。

エネルギーなどよく判らなくても、今の時期は見えない世界で大きな動きがあると思えばいい。
お盆は分かりやすく亡くなった人が帰って来るので、合図をくれたり不思議な事も起きたりする。
お盆が近づくと故人が夢に出てくることがよくある。
これなどは素直に亡くなった人が会いに来たのだと思っていい。
きちんと迎え火送り火が出来る環境にない人でも、仏壇が無くてもお墓参りに行けなくても、故人を思い出し好きな物をお供えしたり一緒に食べるつもりで食べてあげれば立派なお盆の供養になる。

亡くなった人の一番の供養は時々思い出してやることだという。
普段は忘れていても、節目節目に思い出し懐かしめば故人は喜んでくれる。
お盆にお墓へ行くと、視える人には沢山の死者が行き来をしているそうだ。

私もここ数日亡くなった父が夢に出て来る。
心配をしてよく来る人だが、今でも子供の事はあちらで見ていてくれているのだと思う。
かなり前だが亡くなってまだ数年の頃、旅先で夜中に具合が悪くなり救急車を呼ぼうと思うほどの状態だったが、父に助けてと何度も心の中で叫んだら、寝てる胸の上に父が現れ「大丈夫だ」と言ってくれた。
それで具合がよくなってきたので本当に父が来て助けてくれたのだと確信している。

呼べば亡くなった人は来てくれる。
特に子供や孫は必ず守っている。
普段気が付かなくてもお盆くらいは見えない彼等を思い出し、労い、感謝した方がよいと思う。、

見えない世界と繋がりたい人は死者だけではなく、自分の守護霊ガイドハイヤーセルフ、潜在意識とも繋がりやすい時期なので、コンタクトを試みてはいかがだろうか。


5c4ddfa0f0ddfc2c48182b18c9e39659_s.jpg





無知は死を招く

2018–08–08 (Wed) 17:30
台風が関東を直撃しそうだが、福島原発を舐めるように通って行くのに嫌な予感を感じている。
例え何があってもどんな事態になっても国民に真実は知らされないだろうし、まして今の政権ならまともな対応もできないだろう。
もう原発事故は忘れ去られようとしているが、今も福島原発からは毎日放射能が漏れ、タンクに溜められた汚染水は満杯になり、ついに海へ流すらしい。
世界中の海水を汚染するのに地元漁協の許可しか得ないやり方に国の傲慢さを感じるが、アメリカやロシア、中国など原発保有の大国は非難すると身に降りかかって来るので黙殺している。
果てしなく積み上げられたフレコンパックの除染土も日本中の農地に鋤き込む予定らしいから、生活環境も食物もありとあらゆるもので我々は原発事故前の数百倍の放射能汚染に晒されている。

一番恐ろしいのは国民がもう安全だと思っていることと、そう思っていなくても一切放射能汚染の事に触れてはいけない風潮になっていることだ。
ひそかに放射能を避けている人はいて、その証拠に同じ食品でも、特に野菜などは東北産と西日本産は価格が違っている。
私も東北産は避けているが、スーパーのもやし売り場で福島産と他県の物では他県の方が必ずすぐなくなってしまうのがそれを物語っている。
原発事故以来日本人の人口減少は統計でも加速度的になっているし、福島の甲状腺癌の異常増加も国は放射能の影響を否定しなくなった。

西日本豪雨で現地に援助物資を送る時、福島のものは汚染の可能性があるから避けた方がいいのではないかというツイートが炎上した。
見るに堪えない罵詈雑言や非国民扱いの差別罵倒総攻撃で、ここでも日本のヘイト傾向は恐ろしいことになっていた。
「福島の人に土下座しろ」とか「人として許せない」とか、戦時中の不敬罪如くのバッシングに、理性を失って国策にはまっている群集心理を見たような気がする。
何故被害者同士が罵り合わなければならないのか。
一番悪いのは事故を起こした東電と安全神話で原発を推進してきた国なのに、今は誰も東電と国を責めない。

福島の食品は放射能不検出だから安心だと言うが、不検出の限界値を100倍もゆるくしているのだから不検出で当たり前で、流通させるために基準値を事故前の50~100倍に皆引き上げている事実を国民の大半が知らない。
安全だと言い張る人達も都合よく変えられた「不検出」しか根拠はないのだ。

殆どの人は背景を自分で調べていない。
国を信じていれば安全と思っている人も多い。
どう生きていくかはそれぞれの価値観だから食べて応援もいいだろう。
しかし同じ価値観を強要し、異を唱える者を差別排除攻撃するのは間違っている。
これは先のLGBT問題にも通底することで、国民同士が争えばその原因を作った大元の支配層を喜ばすだけだ。

ヨーロッパでは熱波で原発が稼働出来なくなっている。
今夏の異常高温や洪水、台風などで、原発にトラブルや何か事故が起こるのではないかと危惧される。
しかし、福島原発事故以上に今の政権では判った時にはもう取り消しのつかないことになっているだろうから、自分の身は自分で守るしかないだろう。


023.jpg




スピリチュアル業界の深さ

2018–08–06 (Mon) 15:08
昨日「癒しフェア」という大きなスピリチュアルイベントに友人の占い師と行って来た。
東京ビックサイトで二日間にわたり行われるものだが、様々なスピ関係のゲストなども講演をしたり占い師やヒーラーが営業のために出店していたり癒しグッツも販売していたりと、スピリチュアル系人間には楽しいイベントだ。

多様な占いやセッションがあって見えない世界と繋がる方法も千差万別だと改めて感じた。
たまたま休憩用のテーブルで同席した人と話すと出店をしている人で、占い師になったきっかけや経緯を聞いたところやはり人並み以上の波乱万丈の人生で「占い師は不幸比べ」という格言が当たると思ってしまった。

友人の占い師が力のありそうな人を選んだので私もお試し鑑定をやってもらったら、後ろのガイドとコンタクトしていることが分かった。
どんなガイドかも教えてくれたし伝えてくれた内容もいつも感じていることなので、その占い師は確かにチャネリングしていたようだ。
もう一人、テーブルで話した女性にもやってもらったが、彼女の方もある程度視たようで私についているガイドの数もその通りだった。

私の友人もそうだが、小さい頃から人には見えないものが見えていて随分生き辛かったようだ。
大人に気味悪がられたり友達にも敬遠されたりして子供ながらにその力が怖くなり、見えなくなるように祈ったと言っていた。
霊視の占い師や霊能者と言われる人は、ほぼ例外なく幼少期から見えていたようだし家系的に遺伝している。

本人が嫌がって閉じてしまう場合もあるが長じて何か人生の大きな出来事で再び開くようになり、最終的にその仕事に就く人が多いようだ。
人生の出来事とはネガティブで破壊的なものが多い。
死ぬほどの苦しみを味わいメンタルを病んだり社会からドロップアウトして、自分の能力に再び向き合うことになるのだろう。
普通の人でもそのような経験をすると宗教に入ったり精神世界を信じたり、人生観も180度変わったりするので当然の帰結かもしれない。

ただ、イベントに出店している占い師たちはそれをビジネスにしているので、厳しい業界で生きていくために尚更精神をすり減らすのか病んでいる感じの人が多かった。
何処と繋がっているか様々だし、見るからに危ない感じの人もいて、「拝み屋の末路は悲惨だ」という言葉を思い出してしまった。

彼等の前世は殆ど同じような事をやっていたのだろうが「拝み屋」「占い師」「魔女」「神官」などやはりランクがあるようで、占いや霊能の社会的ステイタスを低く感じるか高く感じるかもかなり温度差がある。
その魂がどこと繋がっているか、どこに属しているかにもよるのだろうし、本能的に自分の力の繋がる先や出自を知っているから職業に対する自己評価に高低が出るのかもしれないと思った。

特にそれで生計を立てている人達はビジネスとしてやっていかなければならないから、きれい事だけでは済まないのだろう。
改めてもし真剣な相談で占い師や霊能者を選ぶ時は、きちんと下調べをし情報を集めてどんな人かを確認して行った方がいいと思う。

昨日のイベントは面白かったと同時にスピリチュアル業界、スピリチュアル世界の底知れない深さを感じた場所だった。



d947eb6c6904783677e722afa7b58515_s.jpg





幽霊はいる

2018–08–03 (Fri) 16:57
連日記録的な猛暑が続くが、気持ち的に涼しくなろうと肝試しに行く若者も増えるのではないだろうか。
夏休みのイベントとしてお化け屋敷も盛況になるが、嘘か真かお化け屋敷には本当にお化けが居着くという話がある。
これはスピリチュアル的に考えても結構当を得ていて、地縛霊や浮遊霊などが同じ波動に引き寄せられてやってくるわけだ。
スタッフのお化け以外に本当に何かいたと訴えるお客が必ずいるが、きっと実物に遭遇してしまったのだろう。
大概は冷やかし半分や淋しくてやってくる浮遊霊が多いからその場限りで終わるのが殆どだ。

しかし肝試しなどで「幽霊屋敷」と呼ばれている曰く付きの廃屋、病院、そしてトンネルはよした方がいい。
実際そういう所には悪霊や死霊が住み着いていて、そこに浮遊霊なども集まりネガティブな霊の溜まり場になっていることが多い。
幽霊屋敷と呼ばれる家は殺人事件や夜逃げなどの物件が多いし、生死関係なくそこに残った怨霊に同じ波動の浮遊霊が集まり死霊までやって来て住み着いてしまう。

だから面白半分で入ったら攻撃されたり取り憑かれる可能性は十分ある。
地縛霊となっているからその場所に足を踏み入れない限り問題はないが、たまたま弱っていたり霊感が強かったりネガティブな波動を持っていたりすると憑依されてしまうことがありお持ち帰りになる。

大抵は怪我をしたり熱を出したりで終わるが、ひょっとして前世や先祖がゆかりが深かったりすると、ずっと乗られて大変な目に遭う可能性もあるのだ。
強力な地縛霊は何体も浮遊霊や悪霊が重なって一つの物の怪となっていたりするので、安易に肝試しに行って彼等を刺激すると帰りに交通事故で大怪我などの悲劇になりかねない。

大抵暗くてジメジメし空気が淀んでいるような場所にとどまっているので、魔のトンネルなどと呼ばれる場所では視える人はトンネルの天井から壁まで幽霊が見えるらしい。
普通の街角でも場末の小路とか古い建物の陰とか、暗くて嫌な感じのするところは霊の溜まり場になっていたりする。

この世には成仏出来ずに彷徨って地縛霊や人間を狙う悪霊になる霊魂もいる。
何十年何百年と地縛霊となってそこに居座り続けると、もはや祈祷師が除霊をしても敵うレベルではなくなるらしい。
昔、庚申塚という魑魅魍魎を封じ込めた塚があるが、これもいたずらに石をどけたり工事でそこを掘り返したりするとよくないことが起こったりする。

この世にはまだまだ目には見えない怖いことがある。
お化け屋敷で恋人同士がキャーキャー言っているのはまだいいが、くれぐれも曰く付きの廃屋や幽霊屋敷と言われている場所に肝試しには行かない方がよい。


3636aa14f6733baad17c43be232fc5a7_s.jpg





LGBTとスピリチュアル

2018–08–02 (Thu) 15:55
先般自民党の極右女性議員がLGBTは生産性が無いと言って炎上したが、これについては生産性で人間を論じるレベルでアウトだ。
自民党の総裁が直々に議員に勧誘したそうだが、その安倍さん自身が子供を持っていない。
また、女性先輩議員の大臣経験者など既婚独身かかわらず子供なしが何人もいるのに、どうやって論理の辻褄を合わせるつもりなのか。
多分親分の歓心を買いたかったのだろうが、その激しい矛盾に失笑を禁じ得ない。
ただ、かつてならマスコミも騒ぎ大問題で議員辞職だが、自民党の幹事長始め極右連中が同じ考えなので大した問題にもなっていないのが今の奴隷日本の現状だ。

LGBTは性的マイノリティーを指すが、彼等についてスピリチュアル的解釈はあまり確たる定説がない。
普通に考えれば転生の過程でスパンが短かったから直前の性の心のまま来てしまったとか、過去生のカルマだとか、あるいは魂が格上なので障碍者と同じで敢えて生き辛い選択をし修行しているとか、特別の役目がある等々だ。
多分どれも当たっていて、ケースバイケースなのかもしれない。

彼等が普通の人間より生きる上において多くの困難を抱えているのは間違いないことで、それを政治の場で差別排除することは言語道断だ。
去年障碍者施設で大量殺人があったが、理由は「障碍者は生きる価値が無い、社会のお荷物だ」という理由だった。
この犯人は安倍晋三総理に心酔していて彼を喜ばせようと犯行前に手紙まで出している。
くだんの女性ヘイト極右議員も似たような論法で、総理の意を汲み「総理が言えないから私が言う」と、どこかで聞いたような理由でぶち上げたのかもしれない。

同性愛は人類の歴史と共にある。
古代ローマギリシャ時代も皇帝が少年を愛人にしていたし、ギリシャの哲学者もバイセクシュアルが多かった。
日本の武将も小姓を戦地に連れて行くのはよくあって、織田信長と森蘭丸は有名だ。

問題はLGBTや障碍者を生産性が無い、社会のお荷物だと言って差別排除する風潮が、今の安倍政権になって段々顕著になってきた事だ。
障害者年金をカットしようとしたり生活保護費用を引き下げたり弱者切り捨てに走っているのは、国民がマイノリティー排除の風潮を否定しなくなったからだ。

全世界でマイノリティーの社会的差別はずっとあった。
日本でも障碍者や精神疾患は座敷牢に入れられた時代がある。
しかし文化水準が上がり社会が成熟して行けば、いかなる人間も人権を持ち弱者を社会が支えていく政治へと転換してきたはずだ。
私が学生時代は自民党政治だったとはいえ学校ではまず人権と人間の自由平等を教えられた。
自民党には「人の命は地球より重い」と言い、それを実践してハイジャックから人命を救助した総理大臣がいた。
因みにそこで助けられた日野原重明という聖路加病院の医師は、後にオウムサリン事件で多くの人たちの治療にあたり助けた人だ。

しかし、今の自民党政治が歴史の先祖返りを目指しているのは、今回のLGBTヘイト発言でも証明された。
そのうち姥捨て山、座敷牢法案でも出て来るのではないか。

障碍者や性的マイノリティーは、普通の人が想像もできないような苦難を負っている。
そんな人達を認めず、差別したり排斥したり「生」そのものを否定するような今の日本に絶望的な闇を感じる。
人権は天からの賦与であり義務と納税の代償ではない。
強い者が弱い者を守るのは動物の群れでさえやっていることではないか。


DSC_0345 (1)





« 前へ | HOME | 

プロフィール

masquerade

Author:masquerade
職業画家でベネチアンマスクを描いています。

PR

カレンダー

07 | 2018/08 | 09
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

最新記事

カテゴリ

人気記事ランキング

月別アーカイブ

タグ

メール送信

リンク

フリーエリア

QRコード

QR

PR