「女」という武器

2018–04–25 (Wed) 17:15
政治の世界が腐敗臭漂うほどの惨状になっている。
セクハラ次官は結局依願退職で退職金も満額出るようだが、それを庇い続けあるいは擁護している大臣始め政権与党の人間を見ていると、根底に未だ男尊女卑の文化があるのを思わずにはいられない。

いわゆる安倍政権やネトウヨ、極右勢力はセクハラという社会に認知されている行為自体を否定しているようだ。
彼等の言う「はめられた」「ハニートラップ」というすり替えは、「女」をビジネスの中で使って行くことを肯定している土台に成り立つ。

売春は人類最古の職業だと言われる。
太古の昔から女性の性は商品になっていた。
その原始的な人間社会の生理を排して男女を完全に同等な個として見なすところに近代文化が成立したと思うのだが、男の本能を捨てきれないどころか否定せず開き直っているのが今の政権だと思う。

私の若い頃はセクハラなど今ほど認知されていなかったから、今から思えば立派なセクハラ行為に合ったこともある。
当時は仕方がないと思っていた。
こんないやらしい男もいると思うしかなかった。
現在でも私の所属する美術団体は、懇親会の二次会では理事長の周りに必ず若い綺麗どころの女性作家を座らせる。
喜び組と陰で言われていたりするが事務局の家臣が気を利かせてめぼしい娘をリサーチし、自分達もちゃっかり余禄に与かっていたりする。
彼女達は覚えめでたく出世していくが、そこには会全体の暗黙の了解のようなものがあって、眉を顰める者達がいても表立っては誰も批判しない。

そんな雰囲気は絵の世界でも広く横行していて私はそれに非常に抵抗を感じていたので、若い頃から酒も注ぎに行かない色気のない女に見られていたろう。
うふふと笑えば鼻の下を伸ばす男は本当に単純で馬鹿だと思っていた。
減るものではないからにっこり笑っていたら、10年早くこの立ち位置に来られたかもしれないと今なら思うが節は曲げられない。
「絵の世界で女がのし上がろうと思ったら金か女を使うしかない」と言った有名な女性作家がいる。

女を武器に出世していく女性は何処の社会でもいる。
今回のセクハラ事件もそんな女にはめられたとでも言いたいのだろう。
そしてそういう社会風土が今の日本の現状なのだ。

私は野心のために女を使うのを否定しているしそういう女性とは絶対に相容れないと思っていたが、今回のセクハラ事件でもっと深い社会の病理のようなものを感じてしまった。
つまり枕営業をする女性達もそういう社会だからと刷り込まれているわけだ。
需要があるから供給がある、郷に入れば郷に従え。
これは社会がその部分を否定しないで成り立っているから、女を使うのも仕事のうちだと思い込んでいる女性達も出てくるということだろう。
実は彼女たちの責任ではなく男女の歪んだ上下関係に拠って立つ日本社会が、そういう女性達を生み出してしまったのかもしれない。

今回勇気をもって告発した女性記者は、男性社会の不条理に潰されないでほしいと心から願う。


31199684_1673508749410532_8134256386008678400_n.jpg




物の怪の政治

2018–04–17 (Tue) 15:53
ここ数日自分の常識がおかしいのかと思うような事態を目にしている。
今更もう記事にするのも空しい気がするが、この腐敗した安倍政権はどこまで劣化していくのか恐怖さえ感じる。
社会通念として人間が基本的に持っていなければいけないものが、安倍総理と周りの人間達、官僚まで崩壊している様は見るに堪えない。
嘘だと分かっているのにごまかしにごまかしを重ねていく総理と、ごまかしに付き合ってきた周りの人間がもはや自分の身の危険を感じて嘘の上塗りをしているのはもう中学生でもわかるレベルだ。
安倍晋三という幼児性を持った知性劣化の人間を庇うため、東大出の優秀な官僚たちが嘘の辻褄合わせを論理的に考えて答弁しているのは憐憫さえ感じる。
彼等の頭脳を国民のために使うべきだったのに、一人のサイコパスのために摩耗しているのは国家の損失だろう。

ここへ持ってきて政権劣化の最大の証明が出て来た。
財務省事務次官のセクハラ発言だが、本人も大臣も「被害者出てこい、裁判だ」の居直りになった。
書いているだけで吐き気がしてきそうだが、官僚のトップである財務省事務次官の日常の行いらしいから部下の連中も推して知るべしなのかもしれない。
東大出の優秀な頭脳と上述したが、前川氏もいればこんなセクハラオヤジもいて官僚も正義漢からヒラメまで様々なのだろう。
今はヒラメと品性下劣な官僚がまともで公正な官僚を凌駕している。
安倍政権が人事権を握って媚びる官僚ばかりにしてしまったからだ。
「悪貨は良貨を駆逐する」というグレシャムの法則があるが、今の日本は政権を始めとして社会までその法則通りに動いているような気がする。

もうまともな民主主義や社会良識が通る状況ではない。
社会がまともならとっくに安倍総理は辞職しなければならないし、セクハラ官僚は即刻馘首だ。
盗人猛々しいという言葉があるが、今の政治はまさしくその状況だろう。
権力を持ったものは何をやってもいいし、居直る。
書いているだけで禍々しいものを感じてしまう。

4月14日の国会前デモに行って来た。
この目で確かめたかったのがあるが、決壊してなだれ込んだ中の一人をやってきた。
警察の過剰警備はひどくどこに行っても国家権力の締め付けを感じて閉口した。
あそこに集まった人達は自分と同じ感覚を持っているのだと少しほっとしたが、ここ数日で起こっている政治ドラマを見ても、いやもう見ないという人も含めて無関心な国民自体の劣化がこの政治の堕落と民主主義の危機を作った一番の要因だろう。
年金が68歳支給になっても過労死しても消費税が10%になっても、片や安倍友に数100億円の税金が流れても、何とも思わないか政治が悪いとは考えない日本人だから、どうなってももう仕方がない。

普通の神経の持ち主ではない安倍総理は絶対自分からは辞めないだろう。
辞めさせるのはアメリカか物理的に総理を続けられない事態かしかない。
彼は完全に物の怪に取り憑かれている。




スピリチュアル的流れ

2018–04–09 (Mon) 20:36
物事はスムーズに流れていく時としばしば邪魔が入る時がある。
何かの計画でも仕事でも恋愛でも言えることだ。
簡単に言うと進めてもいい事、流れが出来ている事については順調に流れていく。
しかし躓いたりなかなかうまく行かない時はあまりいい結果にはならない。

端的に言うと何か直観的に違和感があったりあれ?というような感覚に襲われたり一抹の不安を感じた時は、それは上からのサインだと思った方が良い。
もっと具体的になると嫌な予感ということだが、そこまでは行かなくても一瞬でも変だなとかちょっと迷いを感じる時は、もう一度立ち止まれと言うガイドの合図だ。
大抵それを無視して押し切ってももっと大きな邪魔が入ったりする。

よく何かする時に物が壊れたり良くないアクシデントが起こったら慎重にする必要がある。
あとは周りの声にも耳を傾けた方がいい。
大抵上の注意喚起は人の口を介してのことが多い。
耳障りな事でも同じことを複数回違う場所で言われたり目に飛び込んできたらそれは警告だ。
物事を進めるにあたってゴーサインが出ているならスムーズに行く。
滞っているときは見直しや時期でない時の報せだ。

これは恋愛にもいえるが、好きな相手でも「え?」「あれ?」と感じるような部分や場面があったら,段々それは齟齬に繋がって行く場合が多い。
好きなのだから多少の事は見えなくなるのが恋愛だが、ひと度情勢が変わるとその部分が増幅して悲惨なことになる。
DVやストーカーも最初は嫉妬深かったり過剰な束縛も自分への愛情表現だと勘違いするが、それを許していると本性が出て気が付いた時にはもう逃げられなくなっていたりする。
必ず最初の時点でそういう「?」の部分があったはずでそれがガイド達の注意喚起だったのだが、こと恋愛に関しては好きという感情で引きずられてしまう。

いくら上の存在が教えてくれていても本人の選択を阻止は出来ないので、破鏡の悲劇でも修羅場の苦しみでも受け入れて自分の業を自覚し学んで成長するしかない。
恋愛に関しては付き合った末お互いがいい状態でいられるか、悪い状態になっているかで恋愛のステージも分かる。
どんな苦難も意味があって来るのだが、出来ればガイド達は守り苦しい修行でもなんとかソフトランディングさせてやりたいと働いてくれている。

何か事を起こす時、仕事、恋愛、結婚など進み方に注意をして、スムーズに運ぶか何か違和感や邪魔が入るかをしっかり見極めるといいと思う。




 | HOME | 

プロフィール

masquerade

Author:masquerade
職業画家でベネチアンマスクを描いています。

PR

カレンダー

03 | 2018/04 | 05
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -

最新記事

カテゴリ

人気記事ランキング

月別アーカイブ

タグ

メール送信

リンク

フリーエリア

QRコード

QR

PR