世界観が変わる

2017–11–30 (Thu) 17:08
最近仕事仲間と話していて、自分がすっかり日常的にもスピリチュアル視点から物事を考えるようになり世界観が変わってきていることを知った。
絵描き仲間4人で食事をしお茶を飲んだのだが、共通の話題として絵の話になった。
美術館で絵を見て来たとか個展をした話などはいいのだが、歴史的芸術家の話になり皆造詣が深いのでダビンチ、ミケランジェロから、葛飾北斎の話まで蘊蓄を披露してくれる。
天才と言われる人達がどういう風に才能を開花させ磨き名を世に残したかというエピソードなども解説してくれるのだが、私はその話を聞いていて「だって彼等は普通の魂ではないから」とあっさり頭の中で片づけてしまっている自分がいるのに気が付いた。

そしてそんな自分自身にある意味愕然とした
歴史に名を残す発明家や芸術家は概ね高次の魂がその為にやってきているので、習わなくてもそれが出来たわけだ。
さすがにそんなことを話したらドン引きされるので適当に話を合わせたが、かなりの疎外感を覚えてしまった。
もしかして彼女たちと私はもう物事に対する視点が違っているのかもしれない。
私が思っているスピ的認識が正しいかどうかは別にしても、全く認識の土台が違う人達とはもう話が噛み合わないのだけはよくわかった。

スピの世界では二極化が始まっていると言われる。
魂が三次元の現状にとどまる人と次元上昇する人。
後者はいわゆる見えない世界の存在を知るが前者は物質的存在しか信じない。
ダビンチがどういう練習をしてあの画力を習得したのか方法を知りたがる人と、アセンデットマスター?だったから初めから描けた、と考える人ではもう接点はない。
その切り替えは、多分天動説を信じていた人達が地動説を知り頭がコペルニクス的転換をするより大変だろう。

私とて普通に生活して普通の日常を送っているのでまさか自分がテレパシーで違う人と話せるようになるとは思わないが、自分の中で確実に物事の認識が変わってきているのを自覚した出来事だった。
確かにもう人間関係も3年前からはすっかり変わっていて、仕事関係の人たちとの付き合いだけが唯一続いているが、最早それも段々苦痛になって来ていた。
だが、現実離れしないように時々は価値観や世界観の違う人達とも交わらなければいけないと改めて思っている。




怒れなくなる時

2017–11–23 (Thu) 16:48
この一年は私には心身共にきつい年で、周囲の状況にも俗的な言葉で言えば「頭に来た」り「怒りを感じた」ということも一度ならずあったが、その時期を超えてみるともうどうでもよくなっている自分に気づいた。
今となってはそういう相手と関わったことが自分の修行だったのかもしれない。
何かトラブルがあった時は自分が被害者だと思っても0対100は殆どの場合あり得なくて、大なり小なり自分にもきっかけがあったりする。
大抵はこちらは忘れているので被害者意識しかなくなるが、案外相手の立場と気持ちになってみると「なるほどな」と思う時がある。

元々エンパス気味のところがあったが、特に最近はよくないことをする人でもその人がどういう動機でどういう心でそれをしているのかと分かると怒りが湧かなくなってしまった。
人と関わる時悪気はなくて良かれと思ってしたことが、相手はそう感じないどころかかえって怒らせてしまったり、その人の本質を見抜けないで自分の基準で判断していて裏切られたような気持ちになったりするが、結局は自分にも責任はあるのかもしれないと思う。
自分ならこうするだろうと考えるのが落とし穴で、人は自分と違うと気づくべきでそれがたとえ社会的常識から逸脱しても、そういう人だと見抜けなかっただけの話だ。

善意でしたことも相手がそう受け取ってくれない時もある。
全く悪意が無かったのに相手の逆鱗に触れてしまうこともある。
同じ行為でも相手の状況次第でポジティブな反応だったリネガティブな反応だったりすることはよくあることだ。

私利私欲で姑息な事をしたり人を蹴落とすとか、気に入らない相手はいじめたりつらく当たったりする人も多いが、しかしどうして彼らがそうなってしまったのかその原因まで探っていくと、案外辛い過去や歪んだ魂があったりしてかわいそうに感じてしまうのだ。
相手の動機や気持ち、そして自分に対しての思いが分かると、あまり腹も立たなくなってくる。
もっと言えばこの人はこういうことをしたらこんな風に思い反応してくると分かれば、角を立てずに生きていけるだろう。

だから私も今年は私生活でも仕事関係でも「頭に来る」ことはあったが腹は立たなくなってしまった。
そしてそんな状況や人間関係を得たことで、改めて自分自身を見直し様々なことに気がつけたのだからいずれ感謝できるだろう。

まあ、それにしてもスピに覚醒して様々な事が理解できたと思ったが、まだまだクリアすべき課題は残っていたようだ。笑


003.jpg




ネガティブ波動を断つ

2017–11–21 (Tue) 17:30
ここ数日なるべくパソコンを見るのをやめている。
元々新聞は読まないしテレビもほとんど見ていなかった。
これは今やマスコミの偏向報道が目に余ってもう洗脳装置になっていると思ったからだ。

ただ正確な情報は常に把握していたいのでネットだけは必ず見てリアルタイムで政治や海外の動きを追っていたし、スピのブログも時事ブログも見ていたが、最近それによってかなり心身共に疲弊していたことが分かったからだ。
勿論安倍政権には憤懣やるかたない部分があって不正を糾弾したいと思いモリカケ問題を始め情報はウオッチしていたが、同時にそこにまつわる様々な悪しき波動を受けていたことも否めない。
今の政治を是としたわけでもないし座視するわけでもないが、これも人間の及ばない力でどこかに収斂していくのだと思うと、ネガティブな波に飲み込まれてしまうのもまずいと思ったわけだ。

無責任な「自分の世界だけ」のスピ人間にはならないつもりだが、四六時中情報収集して暗澹たる気持ちになると足が地についていないことになり、一旦リセットしてみようと思っている。
いずれ政権は自壊作用が起こるかもしれないのでそれに期待したい。

さて、ネットというのは人間の想念の巨大暗渠であり、一歩間違えると底なし沼のように飲み込まれてしまう。
ブログでも画面から禍々しい波動が来るものがあったり反対に癒されるものもある。
どう取捨選択し利用するかは本人の能力次第だろう。
私はもちろん自分でもブログを持っているし毎日見ている決まったブログもある。
しかしそれ以外の例えばツイッターなどはもう極力見ないようにすることにした。
ツイッターはいち早い情報を得るには優れたツールだが、火急の事態が起こらない限りだらだら見ていてもあまりいいものはない。

自分の頭をフラットにするにはまず余計な情報を入れないことが必要なのだと思う。
特に頭が疲れていたりネガティブになっている時は、悪しき波動に引かれそういうものが不思議と目に入って来る。
おまけに自分でも調べたりする。
私が体調を崩した時も安倍政権のモリカケ問題真っ盛りの最中で、国会中継を全部見て怒り心頭に発したものだ。
国会まで出向いて文句を言うわけにもいかず義憤だけが自分の内部で渦巻いていた。
しかしそれは決して私の精神衛生にいいことではなかった。

「天網恢恢疎にして漏らさず」まあ、いずれ天の裁量でなるようになるだろう。
私は人を断罪する立場にはないし、死ぬ時は皆自分のカルマを持って行くのだから。

仕事にもパソコンは必須なのでずっと開いてはいるが、ツイッターはほとんど見ないことにした。
暇な時もだらだらネットサーフィンはしない。
情報量を減らすことで頭に隙間が出来てその分直観や第六感が入って来るとか。
いつまで続くかはわからないが、黒い波動を持つ政治の話からは少し離れているつもりだ。

事の始まりは目が疲れて視力が落ちかすみ目になったので、無駄な事で精力を費やすのは本末転倒だと思ったわけだ。笑
頭が消耗していると思ったら、情報断ちはお勧めかもしれない。




運気は巡る

2017–11–19 (Sun) 17:25
人生には星回りというのがある。
年単位、月単位であるが、占術によって一回りの期間が違う。
四柱推命や算命学では空亡、天中殺と言って12年一回りで12年のうち2年間が運気が下がる年になっている。
また九星気学では9年一回りで一年間が坎宮、暗殺剣という低調な年がある。

それぞれ生年月日や生まれ年で算出するが、いずれも自分の過去を検証してみるとかなりの確率で特に悪い方が当たっていたので驚いたことがある。
空亡と天中殺は同じ時期だが、九星気学では持っている星によっても微妙に違っている。
私は坎宮と暗殺剣が一緒に来る星だが、これが別々に来る星の人もあり、悪い年が二回来るのか同時に来るのかの違いがある。
因みに私は空亡で天中殺の時期に坎宮、暗殺剣が重なった人生最悪の星周りの時にやはり、最悪の事が起こった。
それは後になって調べて分かったのだが、、恐るべし統計学占術と言うところか。

知っていて損はないが、あまり知りすぎるのも自分で引き寄せる可能性もある。
良いことは引き寄せてもいいが悪い年回りに怯えるあまりかえって呼び寄せてしまう場合もあるからだ。
たまたまオラクルカードで面白いカードを引いたのだが、それは「病気を心配すれば病気が重くなる」というものだった。
これは全てに通じる。
悪いことは増幅させず良いことは増幅させたいものである。

自分が多分今はバイオリズムが悪いと思ったらそういう時は次々と続いてやってきたりするので、ちょっと立ち止まって悪循環を断ち切るようにした方がよい。
星回りの悪い時はメンタルも影響を受け、悲観的になったり怒りっぽくなったり、調子のいい時はやり過ごせていたものも過剰反応してしまったりする。
必ずそれを抜ける時期が来るので、もし自分がツイていないと思ったら四柱推命や算命術などでどういう時期か調べてみた方がいいかもしれない。
今は無料の占いでかなり詳しく統計学占術の命式や運気が出てくるので、気が付くことがあったり納得出来たりする。




セルフヒプノ

2017–11–16 (Thu) 16:49
先日武蔵御嶽神社へ行った時に泊った民宿で知り合った占い師の女性がいた。
元々見えないものが見えたりしたそうだが、普通に公務員をしていたのがあることがあってやはり占いの道に進んだそうだ。
電話占いだけで対面はやっていないがそれでも色々見えないものを貰うそうで、滝行に来て落してもらったと言っていた。

彼女も数奇な人生で、付き合っている男性もいるのだが、過去の経験も聞いたところ何とも不思議なドラマを感じた。
過去生の影響もあるような気がして前世の話をしたら、やはり気になってはいるが敢えて調べていないと言っていた。
私も過去生を知り人生の謎が解けた経緯を語ると、彼女も知りたくなったようだった。

簡単なセルフヒプノのやり方を教えて、きっと霊能があるからすぐ繋がるかもと冗談半分で言ったところ、二日後に連絡が来た。
セルフヒプノを言った通りやってみたら、今の彼との過去生が分かり付き合いで不審に思うことなど全て謎が解けて腑に落ちたそうだ。
私も過去何度も試しようやく自分でも出来るようになったセルフヒプノだが、やはりもともとそちらの世界とのゲートが開いている人は簡単に出来るようだ。

私の場合は何度かセラピストにやってもらいそれを自分で応用したのだが、多分その人にとって過去生を知る事が必要ならば守護霊なりガイドなりが手助けしてくれるのだろう。
私の悲惨な過去生は気持ちの準備が出来るまでなかなか見せてくれなかった。
ようやくわかった過去生は今までの人生の疑問や謎を解き明かしてくれるもので、その時の私にとってはそれが生きていく上で救いになった。

因みにセルフヒプノは講習料を払って習う人もいるようだが、やり方さえ覚えて心から知りたいと思い、またその必要があると魂が判断したら誰でも可能だ。
まずリラックスして横たわり体の力を抜いて自分の抱えている問題に関係のある過去生を見に行くと心の中で設定する。
次に切ったレモンが載っているお皿を想像し酸っぱいと感じられたら、廊下や階段をイメージして進み突き当りにドアを作ってそれを開いて中に入る。
扉の中に入ったら過去生に関係あるものが見えてくるので、そうなれば自然に状況が分かってくるだろう。

最初からうまく行かなくても何度か試すと見えてくる場合もあるし、無理なら必要ないということかもしれない。
セルフヒプノに誘導してくれるユーチューブもあるので検索してみると出てくるから、これでやるのが一番簡単だ。

スピリチュアルやまして過去生などありえない、信じないという人の方が幸せかもしれないが、どうしても道に迷った時や解決できない問題を抱えた時は視点を変えてみるのもいいのではないだろうか。


睡蓮―雲ー





武蔵御嶽神社

2017–11–13 (Mon) 16:33
先週末、武蔵御嶽神社へ行って来た。
参道にある民宿に一泊したのだが、帰ってきて色々気付くことがありアップしていた記事を二つ削除した。

泊まった宿は御主人が神主で霊能者でもあり、滝行や呼吸法、瞑想、クリスタルヒーリングを体験できる一泊2食のコースがあって、滝行は参加しなかったが、気学鑑定もして貰った。
他の宿泊者は滝行を二回していたが、憑き物も何もかも落ちてすっきりしたと言っていた。

武蔵御嶽神社は三峯神社と同じ修験の山で狼信仰があり眷属の狼を祀っているお社がある。
日本武尊を案内した狼を祀っているのも三峯神社と同じで、あるブログで宿に宿泊した体験の記事を読んだので行ってみたくなったのだ。
やはり行く意味はあったと思っている。

本殿の裏に摂社、末社がいくつかあり一番奥に狼様のお社がある。
やはりすごい神気だったが、暫くいると三峯神社よりは優しい感じがした。
何枚か写メを撮らせてもらったが、何となく「撮ってごらんと」言われたような気がした時に撮ったものがあって、それは逆光のフレアだがエネルギーを感じる光になっていた。
宿の霊能者である御主人見せたらやはり神気が写ったそうだ。
神様を感じられたように思うととても嬉しくなった。

実は神社へ行く前に私のクリアしなければならない潜在意識の課題がやってきた。
神社へ行く前日に起こったので、まだ課題がクリアできていないことを教えてくれたのだろう。
今年はそれと向き合う年だというのは分かっていたが、残っているものがあったようだ。

宿での夜の瞑想、ヒーリングでは気の出し方を教えて貰い、実際御主人が宿泊者を気で動かして見せてくれた。
レイキと同じような感じで体に気の出ている手を当ててヒーリングしていくのだが、悪いところや痛んでいるところでは手が勝手に動いていた。
因みに私の手はピリピリした気を出しているそうだ。笑

やはり行くべき神社には行くことになるのだと思う。
もう一つそこの神社は占いの歴史のある神社としても有名だ。
お神籤はかなり当たるという話だったが、私も引いてみたら驚くほど肯綮に当たる内容だった。
狼様にも会えたような気がするし課題も再確認出来たし貴重な参詣だった。


DSC_2554.jpg 37877.jpg 37879.jpg 37963.jpg 37878.jpg




家族神話の呪縛

2017–11–04 (Sat) 18:04
たまたま二日続けて関係ない二人に偶然姉妹との不仲の話を聞くことになった。
姉と妹の確執についてだったが、多分これは自分も持っている課題なので引き寄せたのかもしれない。

親子兄弟姉妹の相克は永遠のテーマだ。
特に兄弟姉妹は「きょうだいは他人の始まり」という言葉通り、他人よりうまく行かないことがままある。
肉親になるということは運命ではなく宿命なので、この世に来る時に決めてきているから一生変えられない。
うまく行っても行かなくても、そこには深い縁やカルマがあると考えていい。

血で血を洗うような近親憎悪は必ず前世や先祖の因縁が関係あり、何度も敵同士で戦ったり殺し合いをしている過去生があったりする。
また、先祖の因縁では強力な障りがあって、その影響で肉親同士を争わせる場合もあるだろう。
そういう相手と兄弟姉妹に生まれたということは、前世のカルマ解消のためもある。
魂の過去生からの持ち越し部分があるので、いわば反りが合わない他人の増幅バージョンだ。
他人は離れてしまえばそれまでだが、生まれた時から否応なく一緒に育ち肉親という切っても切れない縛りがあるので人生にも影響する大きな課題となるだろう。

常に仲が悪いとも限らず、何かのトリガーがあるとうまく行っていた関係が一変して近親憎悪になる場合もある。
親が死ぬと相続問題でそれまで何とか平穏を保ってきた兄弟間が修羅場になることは多い。
人間の欲が発動した瞬間、魂のカルマの引き金を引くわけだ。

親子でも兄弟姉妹でも理由の分からない軋轢の原因を知りたいのなら、スピリチュアル的観点からアプローチしてみるのも一つの方法だろう。
解決方法はわからなくても、案外前世や因縁を知ると腑に落ちたり諦めがついたりして気持ちが落ち着くこともある。
いつもいじめる姉は過去生では自分の方が加害者だったとか、あるいは男性を取り合ったライバル同士だったとか、前世を知り例え妄想的なレベルでもこれまでのいきさつを振り返るとすとんと来ることがある。

相手の今生の魂を受け入れることが出来れば課題をクリアできるし、分かってもどうしても無理ならせめて同じ土俵に立たず不毛な争いは避けて離れるのが賢明だ。
前世は戦いお互い滅びたが今回は戦わなくて済んだだけでも良かったかもしれないのだから。

家族はいつの世も仲良くて当たり前という神話で、どれだけの人間が縛り付けられ苦しい思いをしてきたかわからない。
魂のご褒美だったリカルマ解消だったりするのが家族だ。
今世は家族をカルマ解消の場に選んだのだと思えば、うまく行かなくても当たり前だ。
そこは己の魂が修行し成長していくための家庭だったのだし、そこで育っただけで充分学んだのだからもう家族の絆に拘泥する必要はないと割り切った方がいい。




数霊

2017–11–01 (Wed) 17:05
今日は11月1日だ。
111である。
陰謀論者的に言うと何かあってもおかしくない日だ。

ユダヤ教には特別な数がある。
11や33、6の倍数などがそうで世界の大災害や事件、テロなどはその数字の日を選んでいると陰謀論者の中では定説だ。
911、311はまさにそれだがフランスの大規模テロも確か1113である。

ユダヤ教は数秘術を使うが、日本でも神道では数霊というのがある。
四柱推命や算命学でも生年月日や生まれた時間から割り出すし、数は見えない世界を紐解く一つのキーかもしれない。

私は若い頃、祈祷師の僧侶に誰でも自分の数を持っていると言われたことがある。
当時私は26の数字がなぜか自分の人生に関係ある気がしていたので尋ねたのだが、その答えがそれだった。
悪い事ばかりあった時に26が出てきていい印象がなかったが、それは私の持っている数字で生年月日を足したら26だし、年齢だったり日にちだったり様々な出来事の場面でその数字が出て来た。

数秘術だと8になるのだが、数霊だと26は吉凶相克する特別な数字らしい。
生れながらに持っている数字が26で、その祈祷師に26は尼僧の数字であり前世で尼僧をやっていたと言われた。
やはりという感じがその時にあって、その他先祖の因縁や刀、剣も見えると言われて、今思えばあの時にスピリチュアルにある程度覚醒したのかもしれない。

私は仮面の絵を描く前にずっとライフワークとして睡蓮を描いていたが、これは尼僧の前世と先祖の因縁の贖罪の意味があると、ある時から感じるようになった。
26の数字を持っていると知ってからいつも意識している。
悪いことだけでなく良いこともあるので、私について回る数だというのは間違いない。

誰でも自分の数は持っており、今ならネットで無料で調べられるし、生年月日以外にも好きな数字があればそれは何か前世、守護霊、ガイド等に関係があるものかもしれない。
自分のラッキーナンバーを持っている人もいるが、これも良いことにフォーカスしてその数字を使えばその数霊の持つ意味や力に加えて自分の引き寄せの波動が働くから、どんどんラッキーを運んでくれる。

ネガティブだと思う数字は無視してラッキーナンバーだけを心にインプットするのがいいだろう。


DSC_2511.jpg




 | HOME | 

プロフィール

masquerade

Author:masquerade
職業画家でベネチアンマスクを描いています。

PR

カレンダー

10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

最新記事

カテゴリ

人気記事ランキング

月別アーカイブ

タグ

メール送信

リンク

フリーエリア

QRコード

QR

PR