見えるもの見えないもの

2016–04–30 (Sat) 17:30
熊本地震から二週間が過ぎた。
日本人は忘れやすく連休が始まり閣僚たちは外遊三昧を始めたが、まだ渦中にいる被災者は今までの生活が一瞬にして変わり現実を受け入れられない人が多いのではないだろうか。
生きている人間も事実の飲み込みが難しいが、事故や災害であっという間に亡くなってしまった人は、自分が死んだことさえ分からない場合が多い。

東北大震災では半年ぐらい後から亡くなった人が生前の姿でタクシーを止めて元の家の住所を告げるという現象が起こり、最近それを調査してまとめた大学生の論文が話題になった。
運転手も分かっているので元の家に車を走らせたり会話もするそうだ。
「私は死んだのですか」と尋ねる死者もいるという。
意図せずそういうことをしている運転手は僧侶と同じ役割を果たしているのだろう。

葬式でお経を読むのは、あなたは死んだのだから向こうの世界へ行きなさいという死者に引導を渡す儀式だ。
49日の間霊魂はこの世に留まり自分の人生を総括してあの世へ行く。
しかし津波などで死体も見つからずお葬式も挙げてやれない死者は、自分の死んだことさえ分からないから行き場を失いさ迷ってしまう。

スピリチュアル世界にシフトした人達は、人生で何らかの受け止めきれない事象に遭遇した人が多い。
それは根底から人生観や生活が変わってしまうような出来事だ。

最近ある人が
『見えるものが信じられなくなったら見えないものを信じる。』
と言っていた。

宗教にすがるのも占いや霊能者に依存するのも、自分では抱えきれない現実があるからだ。
精神的な何かを拠り所に苦難や苦境を乗り越えて行きたいという思いや、自分に降りかかる理不尽な苦悩や不条理の意味を知りたいという人は大抵精神世界にその答えを求める。

それで少しでも救われたり心が楽になれるのなら、宗教もスピリチュアルも否定されるものではない。
願わくばそれらのいい部分だけを見て自分に役立ててほしいと思う。

スピリチュアル世界など必要としないくらい人生を楽しむのが魂の喜びなのかもしれないと最近考えるようになった。
何故なら人間に生まれることを個々の魂は選択したのだから。
災害に遭った人も打ちのめされている人も、自分が生きていることが一番大事なのだと分かってほしい。

そして
『見えないものが信じられるようになってもう一度見えるもが信じられるようになった。』
と言えればいいような気がする。

DSC_0536~2



エネルギーの拮抗

2016–04–25 (Mon) 16:49
今日は朝から何となく気持ちが落ちていて落ち着かなかったりネガティブ思考になっている。
一通りスピリチュアルを探求した者としてネガティブ思考を手放すとかブロックの解放とかグランディングが必要とか専門用語で指摘が当てはまりそうな状態だが、人間は知識として知っていてもそれを自分で実践出来ているかどうかは別だったりする。

普通の社会でもあることだが理想論を言ったり人に説教を垂れても、じゃあおまえ自身はどうなんだと聞かれれば努力していますと答えるしかないような場合が往々にしてある。
スピリチュアリストやライトワーカーが、人間としての煩悩や欲や弱さを捨て去ってまさに光の存在として超人的になっているかといえばまだまだで、頭では判りつつ自分との戦いであったりする。
まあ、平たく言えば建前と本音が違ったり理想と現実は乖離があったりするのはどの世界でも同じだろう。

私も自分の人生をスピリチュアル的観点から紐解いてどうすればいいかも十分わかっているが、悲しいかな一朝一夕に魂は進化しない。

さて、落ちたきっかけは分かるのだが、それにしても熊本地震のちょっと前ぐらいからどうも精神状態が良くないから、これは私に限らず地球や今の日本の不安定な波動を拾っているのはあると思う。

誤解を恐れず言えば原因は人工だろうが自然だろうがまだ地震や災害は続くと思われるし、それを加速させたいエネルギーと回避させたいエネルギーが拮抗している状態のような気がする。

今日も中央構造線上の愛知県で震度3の地震があった。
熊本地震に誘発されたと思われるが、これで少しはエネルギーを逃してほしい。

午後になりかなり不安感は収まったが、今日も不調の人は多いのではないか。。
なるべくその部分に集中しないのが一番いいのだが、人間も動物で本能で感じる部分に人間としての感情や思考がごちゃ混ぜになると、かなり辛いものがある。

不安定な気持ちだからか、デジャブのような面影の人物を描きたくなり、それを見て癒されている。

DSC_0776.jpg



直感は我が身を救う

2016–04–21 (Thu) 17:37
熊本地震から一週間が経つが、被災した人達の苦しい想念を受けて敏感な人達は精神的に不安定になったり体調不良に陥っている場合がある。
そもそも大地震の前には電磁波やイオン濃度や自然の変化があるのでそれだけでも影響を受ける人がいるし、災害の後はネガティブな想念が飛び交い共鳴してしまうスピ系の人間は多い。

最近宇宙人系だと判った知り合いは、熊本大地震の数日前に突然備蓄品が欲しくなって缶詰を沢山買い込んだそうだ。
彼女はアメリカ911の前にも夥しい死者のビジョンを見たり、311の前には何度も津波の夢を見ている人だ。

どうやら予知能力があるらしく、最近「あなたが転んで怪我をする夢を見たから転ぶの気を付けてね」とメールをもらったのだが、すでにその半月前某寺院へ行った時に転んで膝をざっくり切ってた。

しかし三日ほど前に仕事の集まりで直接彼女と会ったところ、私の足の傷を見て「転ぶの気を付けてね」とまた念を押されたのだが、なんとその帰りに私の隣にいてその話を聞いてた友人が階段から落ちて転倒し顔面骨折をしてしまった。
一緒に帰る途中で私の隣で階段から落ちたので救急車を呼んだり大変だったが、後から思うと宇宙人の彼女は予言したのかはたまた実現能力があったのか驚いてしまった。
微妙に設定がずれてはいたが、その自覚がなくても彼女の場合は必要な知らせがくるらしい。

人間には予知能力がある。
第六感や嫌な予感、胸騒ぎは誰でもある。
何気なく普段取らないような行動を取ったり誰かの言葉や考えが頭に残ったりした時は、ガイド達の知らせだと思った方がいい。

私の場合は震災の数日前から気持ちが落ちたり、震災後は胸騒ぎやひどい眠気があったが、それが地震によるものか被災者の想念を拾っているものかは判別が付かない。
もっと言うなら多分日本の大きな異常を感じているのかもしれない。

これから九州や他の地域にも何が来るのかはわからないが、とにかく自分の直感を無視しないことが大事だと思う。


熊本地震

2016–04–20 (Wed) 16:08
熊本の地震が収まらない。
確実に震源は九州を横断する形で伸びており、両端が川内原発、伊方原発を目指しているように思えるのは私だけか。
中構造線、つまり日本の龍脈に沿って東側でも揺れ出しているから、地震学者からスピリチュアリストまでが言うようにまだ大きな地震が来るか、阿蘇山の噴火か、いずれ富士山の噴火という可能性も否定できない。

これは始まりだとスピ系の人々が発信しており、私もそうだと思っている。
アセンションの過程、ポールシフトで地球の変容など様々考えられるが、とにかく人工だろうが自然だろうが日本を始め世界が、いや地球が大きな変革期に入ったことは事実のようだ。
それは例えば自然災害であれ経済崩壊であれ第三次世界大戦であれ、もう人間の抗うことの出来ない大きな力で進められていくことなのだと思う。

現政権が熊本震災を激甚災害に指定せず原発停止もしない。
総理は視察どころか選挙の応援、連休は外遊、パナマには3000億円供与と、普通の国民ならおかしいと思うようなことが政治で行われているにもかかわらず国民は疑問も抱いていないようだ。

ある意味これは天の意志だと思ってしまうしかない。
私もこれまでの現政権のやり方には憤懣やるかたなく、今回の対応も悲憤慷慨しているが、政治の理不尽も民衆の犠牲も歴史の繰り返しでその都度地球はリセットして来たわけだ。

天下国家を憂い神や見えない力を借りて人類救済に尽くす役割の人もいるだろうし、無辜の市民としてささやかな幸せを喜ぶ人もいる。
国民を破滅に導くような政治家や保身に走る利己的な人間もいる。
しかしどんな生き方でも、とにかく今の、そしてこれからの生を全うするのがこの世に人として生まれた魂のミッションだと思う。
業を積むのも解消も自分の魂が決めることだ。

熊本地震で毎日圧と眠気が凄くて、まだまだ収まらないような気がしている。
しかし全ては天の差配だし、破局的事態になっても結果としてそれが全てを浄化したという日が来るのではないか。

その日まで自分の身は自分で守るというのが最優先だろう。


三峯神社に行って

2016–04–16 (Sat) 13:35
ブログを書いていなかった間に日本は大変なことになってしまった。
九州の大地震は未だ続いていて、波形から人工地震を唱える人もいるが、中央構造線上で動いておりどんな理由であれ日本の地殻は動き出したような気がする。
被災者の方にはお見舞いを申し上げるが、人的被害が規模に比して少ないのは日本はまだ守られていると思ってしまう。
神や地球の警告と捉える人もいるが、これはもっと大きな意味での変容の一端なのかもしれない。

私自身もこの数日大きな心境の変化があった。
一番の理由は先日三峯神社へ行ったことだ。
三峯神社は知る人ぞ知る強力な神気を持つ神社で、奥秩父の山頂にあり全く空気の違う異空間だった。

そこで宿坊に一泊したが、自分の中がクリーニングされていくのがはっきり判った。
自分にとって必要なことは何かとか、特にスピリチュアル世界に入って刻々と変化して行く価値観や判断基準が、どんなに相対的なもので単眼的に過ぎないのかが分かったような気がした。

善悪や闇と光、ジャッジしないという考え方に捉われる必要などない。

私も次々とスピ系人間と知り合い様々な見方や知識を得てきたが、全ては人として生まれ生きて行くことに収斂する。
次元上昇も光と闇の戦いも、いやそれらに拘ること自体から解放され、素直に人として生きていることを喜び感謝するだけでいいような気がする。
選ばれた人間とか地球を救うためにやってきたとか使命とかお役目とか、それに拘りすぎて本質を見失っているスピリチュアル人間が多すぎる。

そうであっても標榜する必要もないし人として生きて行くことに変わりはない。

三峯に行って一番感じたことは、どんな人間であれ皆必死で生きているということだ。
闇とか悪とか断罪することは容易いが、皆それぞれの魂が人としてのパートを全うしているに過ぎない。

三峯神社は日本の龍脈の真上にある。
奇しくもそこに詣ってそんなことを悟り戻ってきたら、九州大地震が起こった。
中央構造線、まさしく龍脈に沿って日本が動き出している。

生きるか死ぬかという局面に来れば、どんな人間でも生きているということに感謝できるはずだ。

三峯で神はいると実感できた。
地球の大きな変容の中でも、必ず神は大難を小難にしてくれるはずだ。

DSC_0660.jpgDSC_0702.jpg





眷属は神の遣い

2016–04–04 (Mon) 17:15
昨日ある神社へ行きたいと思って、2時間もネットで調べていた。
由緒や祈祷や神様にまつわる記事などを探して、かなりの霊験を持つ神社だとわかったが、珍しく狼=大神を祀っている神社で眷属は日本オオカミで、一年間拝借も出来るらしい。
見える人は眷属の狼が付いてくるのが分かるそうだ。
ここは憑きもの落としでも有名な神社で、よく憑依された人も祈祷に訪れるようだ。

お稲荷さんと相性が悪いという俗説があり、確かにお稲荷さんを苦手としている私は向いているかもしれないと思ったところ、続けて偶然とは思えないようなアクシデントがあった。
部屋の中で頭をしたたかぶつけたり天使の置き物を落として割ったり続けざまに起こったので何か意味があるのかと思ってしまった。

昔ある人が個人で勧請したお稲荷さんと相性が悪かったので、その経験が今も私の中でブロックになっていた。
それでそれ系に詳しい友人に聞くと、その人も眷属の白狐がついていて、人間に操られたりカルトに攻撃されたり悲しい思いをしているキツネがたくさんいると言っていた。
お稲荷さんも神の遣いから呪術に使われる狐まで様々いるが、どう扱うかは人間次第だと聞いて、何か目から鱗が落ちるような気がした。
眷属はそもそもは神の遣いだが、人の願いも聞いて働く。
決して眷属自体の意志ではないし、お稲荷さんを信仰している人と軋轢があったからと言ってそのお稲荷さんがその人を動かしているわけではない。

もしかしたら私は壮大な勘違いをしていたのかもしれないと気が付いたのだ。

するとかつてその家に行った時の様子が思い出されて、小さなキツネが部屋の角にいるのが見えた。
「仲良くなりたかったんだよ」と、その時言われたような気がした。
何かするすると物語の謎が解けたようで、出来事を全く違った角度から眺められた。
何十年も経つが、私はその小さなキツネに謝りたいという思いが込み上げてきた。
「長い間誤解していてごめんね」と。

教えてくれた友人は言った。
色々な眷属に助けられているが、願い事はせずにただ感謝だけしている。
皆神様の遣いで、それを自分勝手に願ったり使ったりするのは人間だと。

昨日のアクシデントは私の誤解や勘違い、間違った見方を改めてくれた。
不思議だが、その神社に行こうと思わなかったらこんな意識の変化は起こらなかったから、もう霊験を受けたのかもしれない。

神社と友人と誤解してしまった小さなお稲荷さんのキツネに感謝している。


人間を見分ける

2016–04–01 (Fri) 17:10
最近は様々な人との出会いがあるが、どうも人間の種類を見極める練習をさせられている気がする。
ある場所で一緒にという人が多いがそれでも言葉を交わしたりその後会ったりする人もいて、中には確実にかつての仲間だったり、もっと言えば宇宙の同胞だった人もいる。

人間は直感的に人について様々な印象を持つが、それは結構当たっていて特に何となく嫌だったり印象が良くない人は自分にとっては、いい相手ではないと思った方が良い。
類は友を呼ぶしソウルグループや様々な分類で分かれるので、合わないと思う人はそれが違っていて、好印象を持てるならそれが一緒なのだろう。

私の場合はスピリチュアル的にダークサイドかどうかを判別しなければならないらしい。

昨日たまたま見つけたスピ系のコラムでなるほどと思うことが書いてあって、思わず膝を打ってしまった。

1、スピリチュアルでも善より悪の方が強い、白魔術より黒魔術の方が強い。

まさしくその通りで、世界や日本を牛耳っているのは1パーセントの人間で憑いているのは闇の力だ。
卑近な例では、例えば黒魔術系のアチューメントなどは速攻で効果が出るし、それをやっている術者も能力的にはそれなりのものを持っている。
上と繋がろうが下と繋がろうがいわゆるスピリチュアル能力は使えるようになるし、かえってダークサイドの方が即効性や現世利益は大きいかもしれない。

2、闇の力で成功した者は、周りが皆不幸になっている。

そういう力と繋がり成功や栄耀栄華を手に入れた人間は、特徴としてその周りは皆不幸や不運に見舞われているということだ。
そちら側の力を背景にすると自分の気に入らない者を排除したりそれを踏み台にしてのし上がるわけだから、共存共栄はあり得ない。
本人が気が付かなくても自分だけ恵まれて周りは皆不幸になるような場合や、自分の気に入った人しか周りには集まらないような場合は、良い守護ではなく闇系の守護の力と思ったほうがいい。
高次の守護に助けられた成功者は必ず周りの者も豊かにし、人を選ばず遍く光のエネルギーを分け与える。
そのために成功させてもらえたのだから。

思えばこの二つに近い人に最近遭遇した。
そういえば、どこかの国の総理もこのモデルケースのような気がする。
地球の次元が上がれば最終的には光と闇も統合されるらしいが、なるべく早くそうなってほしいものだ。


 | HOME | 

プロフィール

masquerade

Author:masquerade
職業画家でベネチアンマスクを描いています。

PR

カレンダー

03 | 2016/04 | 05
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

最新記事

カテゴリ

人気記事ランキング

月別アーカイブ

タグ

メール送信

リンク

フリーエリア

QRコード

QR

PR