天網恢恢疎にして漏らさず

2016–03–30 (Wed) 15:33
スピリチュアルの世界ではジャッジしないというのが主流になっているようだ。
しかしその時代時代で善悪や社会常識は異なったとしても、かつては許されていたのにどうして今は駄目なんだという論議は成り立たない。
確かにスピリチュアル的には善悪はないとも言われるが、一方因果応報や勧善懲悪、カルマの解消など生きている間の所業によって相応の評価はなされるようだ。

善悪という区別ではなくても人倫に悖ることをしたり人を傷つけたり陥れたりしたら、罪には問われなくとも相手の憎悪や恨みを買うことはあるだろう。
それによって良心が痛み反省し学び二度としないと改心できるのならまだ救いはあるが、良心というものが分からない、何が悪いのかと思う人間もいて、明らかにサイコパスや人格障害とはいえないまでもそういう手合いは増えているような気がする。

嘘をついても平気とか相手がしたから倍返しとか、こちらの常識が通じない人も中にはいて、もしかしたら私がおかしいのではないかと思うことさえある。

人に憎まれたり恨まれたりしたら最悪生霊を飛ばされ悲惨なことになるのだが、そうなっても自分が招いた結果だとはわからない人間も少なくない。
そしてそういう人はそもそも自分に原因があったと考えないから、何度でも同じことを繰り返し同じ結果を招いたりするわけだ。

スピリチュアルには関係なく人の生きる道として、踏み外してはいけない倫理はある。
悪い事をしてはいけないというのは人間の普遍の理だ。

「天知る、地知る、我知る」
「天網恢恢疎にして漏らさず」
「人を呪わば穴二つ」

私は「悪い事をしたら神様はお見通しだ」と、子供の頃から思っていた。

人間は良心に従った行動をするのが、魂の波動を上げることになると単純に考えていいのではないか。
まあ、良心というものがあればだが。


成功の代価

2016–03–27 (Sun) 15:59
最近は一億総活躍などと政権が謳っている一方「保育園落ちた、日本死ね」とネットで炎上し、働きたくても働けない現実、保育士の労働条件など、日本社会における過酷な女性の実態が暴露され、女性が政治にいいように利用されている現実も露呈した。

他方最近感じるのは、20代後半から40代にかけての女性の上昇志向、成功願望が強くなっているということだ。
女性も男性並みに野望を持つようになったのはいいことかもしれないが、どうも男女限らず安直にマインドさえ変えれば起業し年収を倍増させ成功できると思い込んでいる節がある。

これは自己啓発セミナーや成功セミナーが大流行で、猫も杓子も引き寄せの法則やポジティブシンキング、未来のビジョンを作ろう的なスピリチュアルと心理学をごちゃまぜにしたような思考の転換、一歩間違えれば洗脳に近い思い込みを自らに刷り込んでいくことによって、成功や思い描いた未来を手に入れられると考えてしまっているようだ。

欲しいものを手に入れると思うだけで手に入れられれば世話はないが、現実はそんなに甘くない。

スピリチュアル世界を知る者として、引き寄せの法則もポジティブシンキングも否定しないしアファメーションで大概思い通りになると豪語しているスピリチュアリストも知っているが、それはその人間にとって魂や高次の存在が必要だと判断するから与えられるもので、単に我欲で成功や金を求めて叶ったとしてもそれはいい叶い方ではなく必ず代償が来ると思った方が良い。

人間は魂の成長の為、霊的進化のためにこの世に修行をしに来ている。
それぞれ生まれて来る時に自分で課題を決めている。
カルマの解消であったり地球や人類のためのミッションであったりそれぞれだ。
それに沿った生き方が出来るか試されているわけであり、誘惑や堕落は随所に口を開けている。

起業も成功もいいだろうが、自分の魂の本来の目的が何なのか、何故成功したいのか、成功して何をしたいのかをきちんと自分の心に確かめてみるべきだ。

成功セミナーに群がる妙齢の女性達を眺めていると、皆同じ顔をしているように見える。
ややもすると短絡的な道を安易な方法で一足飛びに行きたいような、地に足が着いていない不安定さと軽さだ。

自分の周りは鏡であり引き寄せの法則は同じような人間を引き寄せる。
マインドを変えただけで夢は叶わない。
己を磨き自分の魂を向上させ天が納得する目的と志を持って、初めてアファメーションも引き寄せも与えられると考えた方が良い。

簡単に来る成功は、後でそれを与えてくれた何かに大きな代価を要求されるかもしれないことを知っておくべきだ。


人間の転落

2016–03–24 (Thu) 17:46
ここ数日ネットを賑わせている不倫騒動があるが、次期参議院選挙で出馬かと目されている人でもあり、次から次と事実関係の情報が流出している。
本人も非を認め謝罪して妻の反省コメントまで出しているが、特殊な身体的事情を持っている故注目度はかなり高い。

最初に本を出した20年近く前に彼を見た時は、実に爽やかな青年の印象を持った。
ハンディにもかかわらず明るく前向きに生きている姿に、殆どの日本人は共感を覚えたのではないだろうか。

しかし数年前彼の顔写真を見た時全く感じが変わっていて、正直あまりいい印象は受けなかった。
その時の感想は同じ顔のはずなのにこんなに違って見えるのは、彼の内面が変わったのだろうということだった。
スピリチュアル的に言えば闇落ちしたというか、多分良くない方にシフトしてしまったのだろう。
案の定5人の相手と不倫し、その写真を裏アカのツイッターでアップしていたという頃だった。

人間は考え方や生き方が顔に出る。
普通の人でも誰かを見た時一瞬の印象で何かを感じるだろうが、それは相手を直感的に判断しているのだ。
顔の造作や美醜ではなく、醸し出す雰囲気やオーラ、気と言ってもいいだろう。

それは生まれながらに持っている魂の格もあるし、生きていく上で作られたり変わっていく場合もある。
ライトワーカーでも政治家でも普通のサラリーマンでも同じだ。
最初は高潔な志を持っていても、我欲に目が眩むと段々顔付が変わっていく。
元々因縁を持っていたり生霊、死霊に憑依される場合もあって、特にびっくりするほど変わってしまうような時はその可能性も考えられるが、内面や意識の変化は徐々に印象が変化するようだ。

有名人でも知人でも暫く見ないうちにすっかり感じや顔付きが変わってしまったと思うような人は、マインドが変わったと思った方がいい。
良い場合もあるが悪い方が多く、成功したり羽振りが良くなったのに顔付が悪くなったというのは、必ず転落していくのが法則だ。
仮に今世は逃れたとしても、因果は巡りいつか帳尻が合う。



全ては繋がる

2016–03–22 (Tue) 17:27
最近は神社仏閣との縁が多く、確実に方向性が変わってきているように思う。
元々太宰府天満宮には縁があると思っていたが、最近いくつかの地元の神社に行く機会があり、その都度何かしら感じるものがあったりして今は神仏と繋がりを持つ時期なのかと考えている。

何故か行かなければならない神社仏閣が誰かを通じて教えられるパターンだ。
次は三峯神社へ行くことになるらしい。
つい最近まで存在さえ知らなかったのに立て続けにその名前に遭遇したので、どうやら必要があるようだ。

かつてベネチアンマスクを描いているのは仲間を探すためだとヒプノセラピーをやって自分の潜在意識が言っていたが、それを証明するように人との出会いがあったり実はかつて知っていた人がそうだったと知る機会がある。

そういう人を通じて自分に必要な事や道が与えられるような気がする。
次から次へと目の前の風景は変わっていくが、その都度人や物が訪れるのだと今は確信している。

いいものばかりが来るわけではないし知り合う人の中にも自分のスピリチュアル的判断力や選別眼を試されることもあるが、それすらも私のカリキュラムの一つだと思える。

スピリチュアルの世界は陽と陰、光と闇、正邪、明暗など様々なグループや分類があり、いつの間にか反転したり、どこにも属さないグレーゾーンの者、自覚と実際が反対の者など底の知れない広がりがある。

その中でぶれない、変わらない軸を持つのが大切なのだろう。
自分の中でそれを確実なものにしていくために、私は色々な仲間と出会い学んでいるのだと思う。

全ては皆連綿と繋がっていて、道筋は気付かなくても決められていくものだと改めて思う日々だ。

DSC_0615.jpg




ネットの闇

2016–03–17 (Thu) 16:50
最近はスピリチュアル業界もネットが主な市場になっている。

しかし、インターネットや画像でも波動を受け取ったり魔が飛んできたりするので気を付けなければならない。
その証拠に祈祷師や陰陽師などはHPやブログを持っていても顔写真を載せないことが多い。
顔写真一つでも悪意ある者からの念を飛ばされたり呪術を掛けられるからだ。

だからプロフィールに華々しくベストショットの顔写真と仰々しい経歴や、神や大天使と繋がってるシャーマンです系の説明を載せている手合いは力がないか闇系が多い。

逆にブログにも書き手の気が乗ることもある。
例えばスピリチュアル的な文章に念を込めたりすると、受け取り側は敏感だったら眠くなったりする。
意識的に書く場合もあるが、何気なく書いていても書き手が強いスピリチュアリティーを持っていたりすると良くも悪くも読み手に影響があったりする。

先日それを目の当たりにして驚いたことがあった。
スピ系の知り合いと会っていて何気なくあるブログを見せたところ、どうやらそのブログを伝わって書き手についている眷属が飛んできたらしい。
そのブログは過去にも一人能力がある人に紹介したら気持ちが悪くなって途中で読むのをやめたそうだし、今回は実体として形あるものが来たようだ。
その人は飛んできた物の描写もしてくれてその場で自分で祓ったが、ブログ主は自分の文章にそんな怖い力があるとは気が付いていないだろう。
そのブログを読んだ二人はかなり力があり同じ反応を示したので、ネットといえど写真や文章もスピリチュアル世界の媒体にはなるのだと少々恐ろしく感じた。

面白いのは反対に明らかに闇側と思しき人と話した時、某有名ブログの話になりそれを読むとやはり気持ちが悪いと言っていたことだ。
つまり自分と相容れない能力に対してはネットの文章さえ波動を感じたり何かを受けたりするのだとうことだ。

私も色々なスピ系HPやブログを見るが、もう見ない方がいいと思うものも中にはある。
怖いもの見たさでまた見てしまう場合もあるが、これは厳に慎むべきだと先日の出来事を目の前で見て実感している。

以前知り合った陰陽師が「ネットのプロフィール写真だけでも術を掛けて落とせるんですよ」と言っていたことがあったが、その時は半信半疑だった。
確かに呪術は氏名住所年齢に顔写真や身に付けていたものがあれば本人を知らなくても完全にかけられるから、ネットのプロフィールも怖いと思う。
因みにそれを教えてくれた陰陽師は結局闇落ちしていたので疎遠になったが、一時は助けてもらったしそれによってスピリチュアル世界の深さや功罪を知ったので、今は感謝している。



スピリチュアル世界の陥穽

2016–03–14 (Mon) 16:04
最近またスピの仲間と会ってしまった。
灯台下暗しで本業の仕事関係の人である。

前から顔は知っていたが挨拶をする程度で、たまたま隣に座り話す機会を得たところ何かのはずみでスピ系の人間であることが分かり話は完全に繋がってしまった。
私より少し年下くらいだったが、小さい頃から自分はどこか違っていると思っており、それを隠して普通の振りをしていたそうだ。
人からは天然や不思議ちゃんと思われることがあったが、分かってもらえないので押し殺してきたそうで、私と話して理解してくれる人間がいると驚いたらしい。

かなり色々なことが分かるようで、たまに未来や異空間に行ってビジョンを見るそうだ。
アメリカ911の時も事前に死者のおびただしい群れを見たり、311の津波も見たと言っていた。
彼女の描く絵は割れた瓶の集合体だが、私が見たら完全に宇宙でそれを言ったら分かるんですねと喜んでいた。
多分彼女の住んでいた星が破壊された時の光景だろう。

最近は引き寄せているのか引き寄せられるのか、それ系の人に会う確率が高い。
セッションでも、日常の生活の中でも、宇宙から来たり魔女だったり自称ライトワーカーや自己啓発系の仕事をしていたりと、精神世界に深い関わりを持つ人が多い。

ただ、そのいずれもかが親近感を持てるかと言うとそうでもなく、宇宙人でも出自が違ったりいわゆるスピ系の仕事をしていても明らかに目指す方向が反対だったりして、かえってお互いに良くない場合もあるようだ。
昔の魔女狩りの時、魔女同士で敵視したり嫉妬したり果ては魔術を掛け合って戦ったこともあったわけだから、悲しいかなその歴史は延々と続いているのかもしれない。

今でも霊能者や占い師、ライトワーカー同士がライバル視したり足の引っ張り合いをしたりしている実態がある。
だから本当のライトワーカーはライトワーカーなどと名乗らず市井でひっそりと人を助けていたりする。

スピ業界でも地位と名声と金が目的になると、残念なことになる。
人にない能力を持つということは良しにつけ悪しきにつけ普通以上に目立ってしまうわけだから、上記の仲間のように普通を装って生きてきたほうが安全と思うのも無理からぬことだろう。

同じ宇宙人でも宇宙で戦争もしてきたのだから、近親憎悪や軋轢があるのは仕方がないといえば仕方がないのだが…。


天の篩

2016–03–11 (Fri) 16:24
東北大震災から5年経った。

あれは海底に3発の小型核爆弾を仕掛けた人工地震だという陰謀説もあるが、真偽の程は永久にわからないだろう。
地震と津波ならいくらでも復興はできるが、その後の福島原発爆発で日本は永久に払拭できない十字架を背負ってしまった。

放射能の恐怖や被曝の危険性を国民に周知するどころかなるべく軽く思わせる情報操作と政策によって、政府は国民を洗脳してきた。
復興支援のためと汚染された瓦礫を全国にばら撒き、「食べて応援」と汚染された食品を全国に流通させている。
何年も経てば被曝の被害が出て国民が大変なことになっても、福島原発の放射能との因果関係は立証できないようにするためだ。

関東圏が未だに病院の放射線管理区域と同等の汚染地帯で、原発ではドラム缶に入れられて処理される放射能汚染物質と同じ100ベクレルの食品が普通に売られて食べさせられている現実を一体どれくらいの人が知っているだろうか。

しかし国の言うことを信じて今も原発を推進する政権を続けさせているのも日本人なのだから、これは我々の選択だ。
日本人の集合意識は、命の安全や安心できる未来より目先の利益や金のために原発推進や経済を選んだわけだ。

大いなる天の采配の中にはこれも予定調和なのかもしれないから、私はもう国会前のデモにも行かないしただ与えられた生を全うし、自分のなすべきことをしていこうと思っている。

地球の大きな立て直しには個人の力ではどうしようもない部分を知ってしまったが、今回高浜原発再稼働差し止めの判決が大津地裁で下ったのを見て、必死で気付かせようとしている、或は助けようとしている見えない力を感じた。
過日再稼働をしたまさにその日4号機はトラブルで停止を余儀なくされたし、これはもう神意としか言いようがないのではないか。

訴訟を起こした住民、判決を下した裁判官は、光の意志を受けたのかもしれない。

まだ日本は見捨てられていないし、大難を小難にしてくれる神々や光の存在はいる。

目の前の利益だけを求めて闇に行くのか欲を超越し魂が進化して光へ行くのか、人間は今アセンションという篩にかけられているような気がする。




宇宙の法則

2016–03–10 (Thu) 17:50
面白いHPを読んだ。
スピリチュアル世界からのメッセージを発信しているHPだが、言葉の力に言及している項目で物や植物でも言葉の種類によって反応が違うという内容があった。

いわゆる「有難う」や「愛している」というポジティブな言葉と、「ばかやろう」「嫌いだ」というネガティブな言葉の違いをご飯を使って実験するものだった。
二つの瓶に入れて一ヶ月間「有難う」という言葉と「ばかやろう」という言葉を毎日掛け続けると、前者は黄色く発酵したようになり後者は真っ黒になって腐っていたそうだ。

宇宙からのメッセージを他にも様々載せているとてもいいHPなのでリンクを貼っておく。

スピリチュアルメッセージ

このHPもそうだが、今スピリチュアル界で言われている事、また、自己啓発やマインド系のセミナーで教えていることも、概ね骨子は同じようなことだ。

ポジティブシンキング、願いの実現化、量子としての思考や意識、引き寄せの法則等を生活やビジネスに取り入れ生きるという内容だが、スピリチュアル的には次元上昇する地球の未来の為、自己啓発やマインド系は現実世界でより良く生きるか、現世利益を求めるためとなっている。

ジャッジしないのがスピリチュアル世界であり宇宙だから、成功するためにその法則を使ってもいいのだろうが、例えば成功したい野心家が欲のために「有難う」「感謝します」を口癖にしても、何に有難うを言っているのか疑問ではある。

言った言葉もしたことも回り回って自分に返ってくる。
過去も未来も繋がっている。

小さな虫けら一つの命でも踏み潰さずに逃がしてやったら、いつかの世であなたを助けてくれるかもしれない。


闇は招く

2016–03–08 (Tue) 20:40
人間の欲には様々あるが、最近は欲と欲のぶつかり合いを目の当たりにすると非常に疲れる。
今日も仕事関係の権力抗争に辟易として帰宅した。

もちろん私も人間なので様々な欲を持ってきた。
しかし、この世にはお金で買えないものや権力でも動かせないものがある。
野心家や権力志向の人間は常に権力金力を追い求め、それに死ぬまで気が付かないことが多い。

巨万の富を手に入れ、人にかしずかれ権勢を振るっても、それをあの世まで持って行くことは出来ない。

人間社会に上下はあるが、魂の世界にも上下がある。
それは現世社会の地位や身分とは一致しない。
金持ちや権力者でも未熟で格の低い魂もあるし、逆に貧民窟に生きている人間でも格の高い魂もある。

それを見分けるのはその人間がどれだけ他者に慈愛のエネルギーを与え敬愛されているかだ。
それも目に見える形ではなく密かに助けている場合が多い。

成功したい、栄耀栄華を手に入れたいという野心家の動機は自分の欲が殆どだ。
そのためには人を蹴落としたり寝首を掻くようなことも平気でやるし、人を利用するのも横紙破りも何とも思わない。
でもなぜか思いのままのし上がって、成功したりする。

多分これは本人も気が付かないうちに闇のエネルギーを利用しているのだろう。
人間は光も闇も持っていて自分の中に陰陽の世界があると思っていい。
光に行くのか闇に行くのか、光の恩恵を受けるのか闇のエネルギーを利用するのかは本人の考え方、生き方次第でどちらにも振れる。

スピリチュアルの世界ではライトワーカーや術者が闇落ちしたと言われることがあるが、それは普通の人間にも言えることで金力権力に目が眩むと魂的には残念なことになる。

自己啓発やマインドコントロールで成功を手に入れるセミナーが大流行だが、まず何のために成功したいのかをよく考えるべきだろう。


光と闇

2016–03–06 (Sun) 16:02
気が付いたら三月もあっという間に6日だ。
何やら忙しくブログを更新する暇もないが、最近は出会いが多い。

確実に昔の仲間という人に出会ったり、縁があったような人と話す機会がある。
一見スピリチュアルには関係ない集まりでも、偶然その手の人に会ったりその繋がりが広がったりする。

ただ面白いのはスピリチュアル関係でもいわゆる闇と光的な分類が出来てしまうところだ。
同じスピリチュアル関係なのに何となく違和感を覚えたり、普通の人でもシフトしていく先が分かれたりして、やがてその明暗が分かるという感じだ。

高次元まで行くと闇も光も統合してしまうらしいが、少なくとも5次元ぐらいまでは明暗が分かれているそうだから、そこまではお互いの対立や戦いがあるらしい。

光と闇の二極化ではなくても、ライトワーカーやスピリチュアリストは様々なところと繋がっている。
高次と繋がっても低次と繋がっても、神と繋がっても悪魔と繋がっても、ある程度能力は与えられ予知やリーディングが出来る。
それが慈愛で行われるか、欲得で行われるかの違いで後者はやがて悲惨な末路を辿ることになるかもしれないが、現世利益は大きい。

最近スピリチュアル能力を開きたい人がどこそこの先生や講座に通い伝授やアチューメントをして貰い、私も出来るようになりました的な風潮があるが、誰かの力や気を受け入れるということはその大元の存在と契約するということになるのでよく相手を見極めなければならない。
実は怖いことでもあるのだ。

アチューメントされたからすぐ出来るようになるというのは、あまりいい方のものではないと思った方がいい。
皆スピリチュアル能力は持っているのだから、自分で色々調べたり試して自己開発をするのが一番安全だろう。
習うにしても知識だけを学ぶようにして、決して相手のエネルギーを入れてもらったり通してもらうのはお勧めしない。


 | HOME |  次へ »

プロフィール

masquerade

Author:masquerade
職業画家でベネチアンマスクを描いています。

PR

カレンダー

02 | 2016/03 | 04
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

最新記事

カテゴリ

人気記事ランキング

月別アーカイブ

タグ

メール送信

リンク

フリーエリア

QRコード

QR

PR