自己犠牲という錯覚

2018–10–05 (Fri) 16:14
生きていく上で、社会の中で、人間関係で、家族との関りで、人は必ず自分の意志に反した道を迫られることがある。
社会が求めていること、常識としてしなければならないことなど、不本意でもやってしまうことは誰でもよくあるに違いない。
頼まれ事を断れない、自分もいっぱいいっぱいなのに人のために犠牲になってしまう、断ったらどんなに楽だろうと思うが悪い人になりたくないので引き受けるなどだ。

人生の中でこの局面は色々な形で誰もが経験すると思う。
多分その葛藤はもはや相手に対してではなく自分の内面の問題なのだ。
やりたくないが拒否したら良心が痛むし後で後悔するかもしれない。
助けを求められても突っぱね、相手が可哀想なことになったら自責にかられるだろうと心のどこかで思う。

この身近なケースでは、家族や親の介護がある。
夫婦や親子という家族で介護が必要になれば当然やりざるを得ない。
仲の良い夫婦や親子なら相手のために面倒を見たいと思うし、それは純粋に愛情が動機になる。
しかし中には不仲な夫婦もいれば、親の介護で生活を犠牲にしたくないと思う子供もいるだろう。
親が我が子を介護するのは一番愛情度が高いと思うが、他は義務感が先に立つ場合も多いのではないか。

自分を殺しても人に尽くすこと、毒親と思っていても介護することなど、一見自己犠牲の美徳に見えるが、実は自分のためにしている場合もあるような気がする。
自分のためとはつまり、人の道に背く人間になりたくない、いい人間でいたい、世間体がある等々、ある意味良心を納得させるために選んだ方法でそこにはもう相手など存在しないのかもしれない。

これは私自身が経験したことなので言えるのだが、親の介護というのは己との戦いだと痛感させられた。
よく自分が後悔しないために親の面倒を見て見送ったという人がいるが、そこには子供としての義務をきちんと果たすという自己満足が含まれている。
夫婦や親子で義務というのは切ない言葉だが、法律でも明文化されているように悲しいかな家族でも愛情だけでは立ちいかない現実がある。

不本意な事をする時でも必ず自分の中でジャッジが存在する。
義務だから、人非人になりたくないからと表層意識は思うかもしれないが、実はそれを選んで自分が苦しみたくないからだという潜在意識の訴えを素直に受け止めた方がいいだろう。
どちらが自分にとってより心が痛まないかの苦しい選択を迫られる時はあるものだ。



ls-004.jpg






我に七難八苦を与えよ

2018–09–30 (Sun) 17:59
スピリチュアルに覚醒し見えない世界や人知では解明できない世界を知ると、自分の価値観が揺らぐ。
人が生きていく上で感じる不平等、不公平、不条理の理由も理解できるようになるが、現実に生きる場合その乖離が大きければ大きいほど、所詮机上の空論ではないかと思ってしまう。

努力は報われない、正直に真っ当に生きてきても不運やトラブルに見舞われる。
一方ずるをしたり人を欺いたり阿漕な事をやっても、ツイていてどんどん成功していったり悪人が地位と権力を得たりする。
世の中に勧善懲悪はないのかと思うことは度々あるし、罰も当たらず畳の上で大往生する悪党もいる。

そんな大所高所の見方でなくとも、自分の人生を考えてみるとこんなに頑張ったのになぜ報われないのだろうと思うことは誰でもあるはずだ。
過ちを犯したら反省し常により良く生きたいと努力しているのに、苦難は次々襲ってくる。
そんな時は何の苦労もせずに幸運に恵まれたり、スイスイと上手く行っている人が羨ましくもなるだろう。

スピリチュアル的観点からは今生だけでなく過去生や来世へのカルマ、宿業、、因果などで考えて辻褄が合うのも理解出来ても、実生活では精一杯頑張っても報われないのには涙が出てくる時が無いだろうか。

確かに私も客観的なブログを書いているつもりだが、自分自身についても属する社会でも矛盾や不条理について全てを受容出来たり達観出来てはいない。
時には「もう十分大変な思いをし、それも乗り越えたのにまた来るのですか」と天に向かって嘆きたくなることもある。
ガイド達に弱音を吐いたり泣きついたこともある。

戦国武将の山中鹿之助が 「我に七難八苦を与えたまえ」と言葉を残したが、彼の人生はその言葉通りの艱難辛苦の連続だった。
「またですか?まだですか?」と思うことも正直あって、そんな簡単に人間は達観できない。
まだまだ山中鹿之助の境地には至れない。

しかし、私達は生身の感情を持った人間だ。
聖人君子にはなれないしネガティブな感情も人間の証だ。
時には霊性の向上など忘れて、辛い、悲しい、悔しいという気持ちも素直に受け止める方がいいのだと思う。


ls-003.jpg





ダメンズ考

2018–09–21 (Fri) 16:34
『ダメンズ』とはダメ男のことだが、このダメンズに惹かれる女性は少なくない。
昔はヒモとかジゴロとか女性に寄生する男性を言ったが、近頃のダメンズは金銭的理由だけではなくメンタル的にも問題を抱えていてDV傾向や依存症があったり、社会生活をうまく営めない男性も含まれるようだ。
「隠れダメンズ」という言葉があって、一見普通の人でも良く知ると問題を抱えている男性で、知った頃には深く付き合ってなかなか別れられないという場合もあるようだ。

ダメンズに惹かれる女性はいくつか特徴がある。

1.よく言えばキャパが広い、悪く言えばいい加減で白黒をはっきりつけられない。→ずるずる関係が続く
2.面倒見がよくていい人なので、人の長所ばかり見ようとして否定できない。→「あの人だっていいところがあるのよ」が常套句。
3.自分もダメ女で似た部分を持ち傷を舐め合う割れ鍋に綴じ蓋。→傷を舐め合ううちはいいが傷をえぐり合うと悲劇。

現実的にはこんな関係性がみられるが、スピ的に言うといずれもほとんどが過去生の因縁やカルマを共有している。
一見ダメンズにカモにされている可哀そうな女性でも、実は過去生を見てみると反対の関係だったとか、彼女の方に自分でもわからない闇を抱えているとか何かしら色情因縁を含む宿縁を持っていたりする。

なかなか離れられないとなると色情因縁の腐れ縁で必ず因果があるわけだが、一度できちんと清算出来たらその課題はクリアしたので二度と同じような相手は来ないだろう。
DV男を逃げ出してもまた違うDV男を好きになるケースはよくあるが、これなどはまだ卒業できていないから何度でも同じような相手と同じことを繰り返す。

上記の1と2は改善の余地はあるが、3の場合は先祖や過去生の宿業が深くその引き寄せの相手なので、負のループから抜け出せずお互い差し違えるような凄惨な結末で終わることがある。
実際そんな事件は時々起こっている。

そもそもダメンズになる人自体霊格が低かったり多くの業を抱えていたりするので、付き合うとそれまで貰ってしまう危険がある。
しかしなぜかダメンズは魅力的なところを持っていて、女心をくすぐられたりするから厄介だ。
ダメンズに限らず関わらない方がいい人間は、よく知るようになると必ず「あれ?」と思うような瞬間がある。
「こんなところがあったのか」「なんか違うな」という違和感を感じたら、それは注意しなさいよという警告だ。

ダメンズのことを書いたがこれは等しく女の場合にも言えることで、ダメ男ダメ女にはならないようにすると同時に引き寄せないように自分の霊性を上げたいものだ。


c84dd1e9b0a34f98d49f1069a7ddfea2_s.jpg





課題の分離

2018–09–20 (Thu) 17:49
私はこのブログで様々なスピ的考察を書いているが、スピリチュアルの理や霊的進化の道筋など客観的には判っていても、では自分で全て実践出来ているかというとなかなか難しい。
最近これはデジャブだと思う出来事があり、去年全く同じような出来事に遭遇したことを思い出した。
詳細は割愛するが、結果的に私の取り組み方が間違っていて、きちんと自分の立ち位置のボーダーが引けなかったことで心身ともに疲弊したことがあった。

アドラー心理学で「課題の分離」という考え方がある。

―『課題の分離』とは、問題や課題を目の前にして、『この問題・課題の最終的な末路を経験し、責任を負うのは誰か』を考え、課題が誰に属しているのかを仕分けていくことを言う。
そして、誰の課題なのかが明確になったら、自分の課題とだけ真摯に向き合い、他者の課題には介入しないようにする。―

つまり他者の問題に関わるといつの間にか自分の問題にまでなってしまう場合があるが、それは自分の課題ではなく忠告やアドバイスはしても解決はあくまで相手がしなければならないということだ。
人間関係や友人関係で、特に情が絡むとその境が分からなくなる場合がある。
またスピ系人間、特にエンパスや霊媒体質の人は、生きている人間の気持ちともシンクロしてしまうので、我が事のように心を痛めたり行動を起こしてしまう。
果ては相手に憑いている邪気までもらってしまい、ミイラ取りがミイラになることさえある。
占い師や霊能者はこのボーダーをはっきりさせないと命に関わるが、普通の人間関係でも課題の分離を行っていけばシンプルな生き方が出来るだろう。

図らずも最近私は全く同じパターンのシチュエーションに遭遇した。
しかしいつもブログで言っているように、私のガイド達が今回は教えてくれていた。
三度も違う人の口を介して同じことを言われたのだ。
内容は、言葉は違っても「課題の分離」をしなさいということだった。

三人から同じ事を言われたら、これはもう注意と指導以外の何物でもない。
自分でも気付いた「この道はいつか来た道」という感覚と、同じ轍を踏んではいけないという思いがある。

ブログではいつも見えない世界との繋がりを強くすればガイド守護霊から様々なサインが貰えると言っていたが、今回は自分が信じて書いていた事が証明された気がする。
昨日久しぶりに会った3人目の人は私に「前回の宿題がクリア出来たかどうかお試しされたんじゃない?」と私に言った。
その通りだと思う。

見えない世界の人達に感謝だ。


Image429.jpg





エネルギーバンパイアはいる

2018–09–18 (Tue) 16:02
エネルギーバンパイアという人がいる。
本人が気が付いているのは少ないが、エネルギーの強い人に多い。
そこに霊性の高さや品格が伴っていれば違うが、そうでなけれは周りのエネルギーを吸い取ってますます強大になっていく場合がある。

よくさんざん人を振り回したり巻き込んで周りは疲労困憊するのに、当の本人はケロッとして元気だったりするケースがある。
あるいは悪口や毒を吐き散らして周りの人間をげんなりさせて、ご本人はすっきりという人など。

特に生死にかかわる時に知らずに生命エネルギーを取ったり取られたりすることもあるようだ。
これはケースバイケースで、例えば親が子供を助けたい一心で自分のエネルギーを与えるケースもあるし、生きたい執念がすごくて側にいる弱い人やエネルギーを流すヒーラーのような人から吸い取るケースもある。

病院へ行って疲れる人は自分のエネルギーが知らず知らずに吸い取られていることもあるので、気合を入れて脇を締めてから行った方がよい。
また、例えば事故現場に居合わせたりした時も自分が救命しなければならない立場ならいざ知らず、物見高さで野次馬になり側に行って見ているのは、エンパスや霊媒体質の人はやめた方がよい。
命のぎりぎりの場面では激しいエネルギーの遣り取りがあるからだ。

霊能者やヒーラー、占い師はエネルギーが強いので与えもするが逆に取っている場合もある。
本人達は自覚がなくても、占いや鑑定に行って元気になれた場合と何となくいい感じがしない場合は、占いの内容とは別にいい波動でエネルギーを貰えたか、悪い波動でエネルギーを取られたかという違いもあるかもしれない。
同様な事はマッサージやヒーリングにも言えるので、直観を信じ「なんとなく疲れた」「気分がすっきりしない」というところはエネルギーを取られた可能性があるし、自分にとっては合わないところだと思った方がいいだろう。

とにかく会っていて疲れたり振り回す人はエネルギーバンパイアの可能性がある。


f1858beda2a35f5440b9302c3a88f9f5_s.jpg





 | HOME |  次へ »

プロフィール

masquerade

Author:masquerade
職業画家でベネチアンマスクを描いています。

PR

カレンダー

09 | 2018/10 | 11
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

最新記事

カテゴリ

人気記事ランキング

月別アーカイブ

タグ

メール送信

リンク

フリーエリア

QRコード

QR

PR