虫の知らせ

2018–11–02 (Fri) 16:49
「虫の知らせ」というのは悪い予感や直観のことを言う場合が多いが、今回は実際の虫、つまり生きている虫の知らせについて書いてみたい。
スピリチュアル的に昆虫は色々な知らせを持ってくると考えられ、洋の東西を問わずに同様な意味を持っていることが多い。
鳥や動物もそうだが虫にも神遣いと考えられたり、縁起の良し悪しの象徴になっているものもある。

縁起がいいと言われるのはてんとう虫でこれは世界共通のようだし、黄金虫や玉虫などもそうだ。
蜘蛛は朝蜘蛛は縁起が良く夜蜘蛛は縁起が悪いと言われているが、これは誰でも知っていると思う。

ここまではスピリチュアルには関係なく言われている迷信のようなものだが、スピリチュアル的には虫も何かの報せで来ることがあるらしい。
例えばお墓参りに行ってトンボや蝶々が飛んで来たら故人が来ているとか、神社で神遣いと言われる蜂が飛んで来たら神様に歓迎されているとか。
見えない世界は生き物を使って合図をくれることがあり、どうしてこんな虫がここに?とか、普通は考えられないような生き物がいたり、とても印象に残る動物や虫を見た時は何か意味があるかもしれないと考えてもいいだろう。

というのも自分のことになるが、最近窓を開けていたらブーンと音がして何か虫が入ってきたことがある。
珍しいと思ったが、よくわからず追い出したつもりでいたのが実は二日経って天井にいるのを発見し、よく見るとそれはカメムシだった。

私はマンションの三階に住んでいるが、この時期にカメムシが一匹飛び込んでくるのは初めてだった。
しかも二晩部屋にいたことになる。
発見すると壁に移動したので袋を使って無事に外へ逃がしたが、妙に気になってスピリチュアル的にカメムシは意味があるのか調べてみた。
するとカメムシは「深刻になりすぎない」というような意味があるらしい。

実は最近胃腸の調子が悪かったので検査の予約を取っていて、カメムシはその検査の前に飛び込んで来たのだった。
結構ネガティブ思考の私は検査にビビっていたのだが、無事に異常なしで終わり、ほっとした翌日カメムシを発見して外に出したことになる。
つまり検査の前に飛び込んできて終わったら出て行ったわけだ。

深刻になっていた私に「深刻にならなくていい」と知らせに来てくれたということだろうか。
こじつけと一笑に付されても、私にとっては見えない何かが知らせてくれたと思わずにはいられなかった。
後付けになってしまうが、文字通り虫の知らせだったようだ。

全てを意味あるものにはできないが、気になる事、印象に残る事、不思議な事はきっと何かを教えてくれているのかもしれない。
普段は嫌われるカメムシだが都会のマンションの三階に飛び込んできて、二晩も過ごして出て行ったのはやはり偶然とは思えない。
何となく見えない世界とカメムシに感謝したいような気持になった。


74e291abfc1bfcce3abb628d4eae9205_s.jpg





ネックレスが切れる

2018–10–22 (Mon) 14:21
今六本木の国立新美術館で所属する団体の展覧会をやっているのだが、昨日一昨日と当番や手伝いで会場に行ってきた。
最近は美術団体の集まりはもうついていけない感じで出ないことにしているのだが、振り当てられた仕事だけは行かないわけにはいかない。

しかし、久しぶり行って当番でずっと会場に座っていたら、様々な懐かしい人と会い中には話し込んでいく人もいて楽しかった。
団体の中での価値観は違っても「久しぶり~」と笑顔で挨拶されると、かつて同じところを見て頑張っていた自分が甦って来て忘れていた感覚を思い出した。
最近は殆どスピリチュアル世界にシフトしてしまったが、スピ人間はややもするとその世界を知ってしまった故に自分は特殊だとか普通の生活には馴染めないなど自分から離れてしまう場合もある。
かくいう私もそういう傾向が最近は顕著になっていた。

しかしこのままでは出家するしかないような孤高の生活になりそうな気がする。
画家の世界で孤高と言えばある種の付加価値が付くかもしれないが、スピリチュアルで孤高というと世捨て人になってしまう。
その選択はないのだということを、何となくどこかから示唆されたような気がした。

人として生きているわけだからまだまだ日常の当たり前の感覚や喜怒哀楽を忘れずに生活すべきなのであって、生きていく上で持つ欲や野望も全否定は出来ないのだと思う。
時にそれは人生の目標になり生きるモチベーションにもなる。
欲のネガティブな面ばかりを見るようになっていたが、それさえも包容するような器量が必要なのかもしれない。

最近はエネルギーを出すばかりで枯渇しつつあったが、会場では側に来てくれる人達から沢山のエネルギーを補給してもらったような気がした。
昨日美術館の廊下を歩いていたら付けていた大ぶりのネックレスが、何もしないのにいきなり切れて大きな音を立てて床中に玉が転がった。
びっくりして周りにいた人も拾い集めてくれたが、何もしていないのに切れたのは意味がある。
思い当たることがあって本当にタイムリーで、見えない世界は凄いと思った。

因みに出かける前にルノルマンカードをやったら二回も鎌のカードが出ていた。
確かに当たったと言えば当たった。
・・・切る必要の物があってそれが切れたのを知らせてくれたのだろう。

どうも再起動させられるようだ。
後ろの守護達は様々な方法を使って教えてくれるのだと改めて驚いている。


1540184097045.jpg





出雲大社

2018–10–14 (Sun) 18:19
ブログ更新が滞ってしまったが、実はこの間出雲大社に行っていた。
その前後して体調を崩し、行けるかどうか悩んだが結局行ってきた。
二泊三日だったが雨女のなのでやはり雨が降り、午後からやっと上がって近くの命主社まで行くことが出来た。

相変わらず大国主命の銅像は圧巻で、雨に濡れていてもその威容に圧倒されしばらく側で佇んで見とれていた。
三峯神社の日本武尊と出雲大社の大国主命の銅像は、大きさからいったら日本屈指の物ではないだろうか。
好きな神様のいずれもが大きな銅像になっているのは何かのシンクロかと思ったり。
ついでに最初に好きになった菅原道真公も大きな像があればいいのだが、これは残念ながらないようだ。笑

体調が良くないので行こうかどうか迷ったがどうもそれには意味があるようで、これは私のスピリチュアルに対する立ち位置の見直しを示唆しているようだと思い至った。
最近はスピ系の友人ばかりになったが良くも悪くも影響を受ける場面も多くなり、自分の軸を見失うこともあったのでこれを機会にきちんと線引きをする必要があるようだ。
霊能者や強い占い師は人にパワーを与えることもできるし取ることもできる。
意図していなくてもそれが発動する場合があり、私も窮地の人には役立ちたいと思う気持ちが知らずにエネルギーの遣り取りをしてしまい疲弊していたのかもしれない。

今回の体調不良もそんなところがあった。
誰でもそうだが悩んだり不安を抱えていると、元気づけたり助けになってくれる人には頼りたくなるし言うことを信じてしまう。
しかし、時としてそれがお互いにとって依存や負のエネルギー交換になってしまうケースがあるので、気を付けた方がいい。

出雲大社でも体調はいまいちだったが、今の自分の置かれた現状がよく判って体調不良も原因はそこにもあるということに気付かされた。
自戒も込めて思ったのは、中途半端に視える人はネガティブなビジョンは絶対に口にしない方がよいということだ。
そういう人は念の力も強いので、言われた相手はそれを引き寄せてしまうことになる。
言葉ではっきり伝えるのは、ポジティブでいいビジョンだけにした方が良い。


DSC_0405.jpg DSC_0407.jpg DSC_0395.jpg




ハイヤーセルフ

2018–08–22 (Wed) 18:40
本業は画家なので毎日油絵を描いているが、数年前突然ベネチアンマスクを描き始め以来ずっと描き続けている。
その前は数十年も睡蓮をライフワークとして描いてきて、コンクールや団体でそれなりの画歴を積み職業画家としてやっている。
しかしスピリチュアルに覚醒してからは段々画壇が息苦しくなり、団体にも属していたが一つは辞めてしまった。

何処の人間社会でもヒエラルキーがあって、ステイタスによって人間関係の上下が決まる。
しかし生の人間ではない魂の世界を知ってしまうと、現実の序列ではない序列が見えて疎外感を感じるようになった。
センセイと呼ばれ大名行列をしている人でも絵の実力もさることながら霊格の低さや魂の未熟を感じてしまうと、大名行列にひれ伏す滑稽さに耐えられなくなる。
人間でいる限り欲も野望も持つのはいいとしても、それが優先し何のために絵を描いているのか分からない人や、有名になりたいがために手段を選ばない営業画家、金と忖度と人脈で動く絵の世界にはもういささか嫌気が差していた。
そこでスピリチュアルに覚醒し違う世界から絵描きを見るようになると、芸術と言いながらその部分が欠落している人の多いことに落胆と疲れしか感じなくなった。

かつては私も持っていた画家としての目標がいかに小さいコップの中の世界でのことだったのか分かってしまうと、前と同じ気持ちにはなれなくなったのだ。
大方の絵描きはとにかく有名になって画壇で「先生」と呼ばれ、売れっ子作家になりマスコミに取り上げられることを目指す。
最終目標は芸術院会員、叙勲あたりだが、そこまでは行けないからせいぜい有名画廊や有名百貨店の美術画廊、美術館での個展だろう。

そのために人生をかけしのぎを削るのだが、本当にこの人は芸術家になるために描かされているのだと思う人は少ない。
逆にそういう人はそれとは違ったところで、作品が人の癒しになったりエネルギーを与えたり役に立っているのではないかと思う。
私も何十年も画壇でやって来たが、見る視点が違ってきてしまったので元の意識には戻れないのを感じている。

芸術は大局的に見ればスピリチュアルワークによって生み出されるものだと思う。
芸術という波動は人に伝わり様々な影響を及ぼす。
その意味でも絵を描く人や画家を志す者は、欲や野望のためではなく純粋な気持ちで描いてほしい。

最近ハイヤーセルフと会うというイメージワークをしているが、見えない世界の人はエネルギー体なのでその人に合わせた形で来てくれることが多い。
下の絵は私の希望が見せたハイヤーセルフガイドか、あるいはそのメッセンジャーだ。
勿論私の妄想と言えばそれまでだが、絵描きなのでたまには自分のために描いてみた。
美形なので目の保養になった。笑


DSC_0373.jpg






ハイヤーセルフや守護霊と繋がる方法

2018–07–17 (Tue) 22:56
最近あるスピリチュアル系のサイトを見ていて、ハイヤーセルフと繋がる方法、アカシックレコードを見る方法などのハウツーがあった。
様々なサイトや記事でこの手のやり方は紹介されている。
私もセルフヒプノを始めいくつか試して自分のやり方のようなものがあるが、興味を惹かれてやってみたところそれらしきものと繋がり少々驚いた。

勿論これは自己暗示や妄想と言ってしまえばそれまでだが、案外信憑性を感じたりこれまで確信したものがもう一度再現されたりしてこのツールは使えるかもしれないと思っている。

高いセッション代金を払ってハイヤーや守護霊ガイドを見てもらったりアカシックを読んでもらったりする場合が多いが、実は誰でもチャンネルさえ合えばそれと繋がることが出来る。
スピ系の講座で数十万円も払い開いてもらう人もいるが、自助努力でも可能な場合は多々ある。

一番驚いたのは、特にスピ能力があるにもかかわらず人によって同じメソッドを使っても、すぐ見られる人とそうでない人が分かれるということだ。
私は結構試行錯誤があったが、スピの友人二人にやってもらったところ、二人とも一度で、それも私と話しながら繋がってしまった。
ハイヤーセルフもしくはそれと繋がるガイドが来るはずだけど」、と私が言った瞬間「あ、目の前にいる」「足が見える」などすぐにそれを見ていて、一人などは名前も聞き他の情報もその場で聞いている。
庭園を思い浮かべるというところから入るのだが、私は無理して頭の中に庭園を作り出すことから始まっても、彼女たちは瞬間でビジョンが浮かびチャネリング出来ていた。

色々な人のスピブログを読むが、小説のようにあっという間に長い記事を書いている人もいて「~の場面が見えて云云かんぬん」とあるのを、私はいまいち本当にチャネリングしているのか自分の空想で作っているのか疑問だった。
しかし、同じような人を目の当たりにして、その記事も自動書記のような感じで書いているのかもしれないと納得した。

私は多分繋がるのに自分の制御が働いてしまうのだと思う。
ブログの記事も時として降りてくるように書くこともあるが、大抵はこういう内容でというのが来る程度で文章にするには自分の現実的な文章力に頼っており、何度も推敲を繰り返しアップした後まで直したりするので、自動書記とは言えないような気がする。

すぐにハイヤーに繋がった友人の二人はどちらかというと自分を解放するタイプなので、理性の縛りが少ない人達だ。
平たく言えば喜怒哀楽がはっきりしているともいえる。
この二人はアカシックレコードで未来も見に行くというのをやってもらったら、やはりその場ですぐに未来の場面や情報が得られた。
内容が当たるか当たらないかは別にして、そんなやり方ですぐに結果を得られるのを見て驚いている。

スピ能力も千差万別だし得意なツールも人それぞれなのだと今更ながら得心した。
何はともあれ私も出来たので、興味のある人は下記のURLで試してみてはいかがだろうか。
何度も同じ人が来てくれるのなら、頼んで他の人のガイドと繋げてもらうことも可能のようだ。

ただし間違って宣しくないものに繋がる可能性もあるので、そこは自己責任で。

ハイヤーセルフと繋がる
アカシックレコードに繋がる




 | HOME |  次へ »

プロフィール

masquerade

Author:masquerade
職業画家でベネチアンマスクを描いています。

PR

カレンダー

11 | 2018/12 | 01
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

最新記事

カテゴリ

人気記事ランキング

月別アーカイブ

タグ

メール送信

リンク

フリーエリア

QRコード

QR

人気ブログランキング

PR