護られる時

2018–08–16 (Thu) 15:48
お盆も今日で終わる。
私の知り合いは霊能関係や占い師が多いが、この時期は体がきついそうだ。
死者が行き交うのでその干渉を受けるのだろう。
私は殆ど感じたことはないが、それでも昨日は感情が揺れたり夜はなかなか寝付けなかった。

地震や災害の前に心身がきつくなる場合もあって、これに敏感な人はいわゆる「体感さん」と呼ばれる。
見えないものは霊の世界から電磁波や放射能まで様々あるが、人間でもそれらを感じ取る人は案外多いようだ。
ただ結び付けないので判らないだけで、記録に残して突き合せたら関係性が立証できるかもしれない。

山口の幼児行方不明の事件は無事に見つかったが、不思議に思った人も多いと思う。
お盆でありご先祖様や山の精霊やはたまたいい妖怪が助けてくれたのかもしれないと、ふと考えた人もいるだろう。
あるいは一時的に異次元に行っていたとか、不思議世界的には色々な可能性が考えられる。笑

命に関わるような事故やトラブル、災害に遭った時に助かる人はやはり何かの加護が働いていると思っていい。
自動車事故で一人だけ車外に飛び出して助かった若者が、どうして外に飛び出たのか分からないと言っていたニュースを見たが、これなどは視える人が見たら見えない世界の手が咄嗟に抱えていたのが分かったろう。

先祖なのか守護するものなのかあるいは神仏なのかは分からないが、加護の厚い人と薄い人は確かにいると思う。
先祖が功徳を積んでいれば子々孫々に行くだろうし、親や祖父母が信仰心が篤ければ神仏の加護もあるだろう。
また本人のがまだこの世でやらなければならないことがある場合も奇跡的に助かる。

以前記事で書いたが、ダッカハイジャック事件で助かった聖路加病院の日野原重明院長はその時から人生観が変わり、サリン事件でも多くの人を助けた。
100歳まで生きてどれだけの人を医療の現場で救い、生きる力を与えたかわからない。
原爆で被爆しながら被爆者を助け原爆の悲惨さを訴え続けた肥田舜太郎医師も100歳まで生きた。
彼等にはそういうこの世での役目があったからまだ生きなければならなかったのだ。
晩年の二人の写真を見たら柔和な生き仏のような顔をしていた。

にはそれぞれこの世へ生まれてくる目的がある。
ひたすら人間としての経験を積むもあれば特別な使命を持って来るもある。
私見だが何かやらなければならないは、あまり人としての平凡な幸せは望めないような気がする。
その代わり強力な加護が働く。
死にたくても死なせてもらえないほどの。

まあ、そんな大それたライフパーパスでなくても、何か大変な事があった時に切り抜けられたり結果上手くいったと思えたら、見えない世界で何かが働いてくれたのだと思っていいだろう。



DSC_0204.jpg





守護霊の知らせ

2018–05–31 (Thu) 17:15
守護霊は一人で生涯変わらないというのがほぼスピの考え方として共通している。
その他に補助霊とか背後霊というのがいて守護霊以外にも守護する存在が数人固定的にいるが、中には何年かで変わって行く場合もあるようだ。
その中で指導霊という能力や才能を授けたりする守護霊もいて、これが変わるといきなり転職したり違う能力に目覚めたりする場合がある。
これらを総称してガーディアンスピリット、あるいはガイドと呼んでいるが、霊能者などに見てもらうとしばしば同じ格好や様子で出てきたりするのはこの一人だと思っていい。

大体4人ぐらい守護する存在が付いていると言われるが、芸能人や政治家など100,1000単位で付けている人もいるようだ。
全てが守護する存在とは限らず、中には悪さをしたり何もしなくてただ居るだけという霊も憑いている。
たまたまどこかでひょいと肩に乗ってきた霊などはすぐに離れてしまうが、何かしら縁があったり意図的に憑いた場合はちょっと厄介だ。
ただ、守護する存在としての霊は一度いわゆる成仏しているので、不成仏で浮遊している霊とは違う。

守護霊、指導霊、補助霊、背後霊、ガイドと色々呼び名はあるが概ね意味は同じで、生涯変わらない守護霊と他数人の補助霊が守護してくれると考えていいだろう。
他にもハイヤーセルフというものがあるが、これも高次の自分や魂の源など色々解釈がある。
ハイヤーセルフガイドと言ったりスピリチュアルでは解釈も呼び方も様々だが、大きなところでの捉え方は同じだ。

案外スピリチュアルには疎い人でも、自分の守護霊がどんな人なのかぼんやり知っている人がいる。
イメージ的におじいさんとかおばあさんとか髭を生やしていたり着物を着ていたり。
亡くなったご先祖様など具体的に感じている人もいる。
そしてそれは殆ど当たっているようだ。

困った時やピンチの時に助かったとか、救われたと思ったら必ず彼等の介入が入ったと思ってよい。
あとは何となく予感めいたものを感じたらそれも彼等の報せだ。
気が付かなかったら身近な誰かを使ったり、あえて事を起こし気付かせたり、色々な方法で助けてくれる。
ただ、彼等は知らせ注意喚起をしてくれるが、選択は本人なのでそれを無視したり違う道を選べばそれを変えることは出来ない。

付いている存在の魂が向上するように彼等は守り教えてくれるが、それになかなか気が付かない場合も多い。
道に迷った場合は必ず助けてくれるし合図をくれるので、アンテナを立てて自分の直観、閃き、予感、何かの印象や言葉を逃さないようにした方がよい。
信じらられないかもしれないが、ガイド達に「どうすればいいか教えてください」と心から願ってみれば、本当に何かの方法で教えてくれるだろう。




守護霊のサイン

2017–08–02 (Wed) 17:10
昨日電車に乗っていたら座っている座席の反対側の壁に小さなポスターが貼ってあり、「守護霊」という文字があった。
有名霊能者の本の宣伝ポスターだが電車の壁に単独で貼ってあるのは珍しく、その上ちょうど私の正面に位置する場所にあったので驚いた。
実はここ数日ハイヤーセルフやガイド達と必死でコンタクトを取ろうとしていたのだ。
勿論彼らがいて守ってくれているのは信じているが、少々トラブルがあってそれに対する答えやヒントを教えてもらうため何とか繋がりたいと心の中で願っていたところで、それらしきものはもらっていても確信がない状態だった。

昨日も暗中模索のような心理状態で出掛けて、ぼんやり何か電車の中にでもシンクロするポスターがないかなと思っていた。
乗り換えで違う電車に乗り座ったところ、正面のそのポスターが目に飛び込んできたのだ。
多分「ちゃんといるよ」という、まさしく守護霊からのサインだったのだろう。

確かにいくらコンタクトを取りたいと思っても明確に言葉で答えてくれることは私の場合は殆どない。
何となくふと閃いたり後から考えてあれがサインかと思うようなことや、シンクロを読み解いて多分そうだと思う感じだ。
ハイヤーセルフとツインソウルだと思っているガイドは私の守護霊であり、その他何人か守護してくれるガイドがいる。

今回のポスターは具体的な答えより、多分ちゃんといるから心配しなくていいという合図だったのだろうと思う。
色々なスピリチュアルブログを読んでいると、完全にガイドと会話していたり頼めばやってくれる便利なガイドを持っている人もいたりするが、私はスピリチュアルに覚醒してから人生を検証し、多分こういうガイドがずっといてくれたという何人かを確信しているだけだ。
いずれも複数の霊能者に見てもらって同じことを言われている。
色々格好を変えて現れるが、特徴からしてそれぞれ間違いないと思っている。
何となく子供の頃頭を撫でられたおぶられたり抱き上げられたりしたような覚えがあるから、小さい頃からずっとついて守ってくれていたガイド達もいる。
今でも思い描くと自分は子供になって話しかけているビジョンが浮かんだりする。

スピリチュアル世界を知り自分の守護霊を自覚して以来、常に存在を意識して生活してきた。
今では生きている人間と同じくらいに私の中では必要な存在だ。
ツインソウルのガイドは過去生でもずっと一緒で深い絆があるから今も人間になって来てはくれないだろうかと思う事があるが、今回は人間は無理でもポスターで存在を示してくれたようだ。

誰でも必ず守護霊やガイドはついている。
ただその存在との関係は薄くもなるし濃くすることもできるので、まず否定せず信じて常に存在を感じるようにしていれば必ず何かのサインをくれる。
願いが叶った時や難を逃れた時は、必ず守ってくれていることを感謝するといいだろう。




背後霊の姿

2017–07–18 (Tue) 17:39
昨日は仕事の集まりに行って来た。
私は画家なので皆絵を描く人ばかりだ。
芸術家と言えば聞こえはいいが、どこかが欠落している人や、逆に芸術家というより俗的で有名になりたい権力がほしいという手合いも多くいる。
芸術家は癖のある人が多い。
危ない絵やおどろおどろしい絵を描く人は、すぐ危ないと分かる人もいるが一見普通で常識的な人もいる。
しかし長年の経験で絵は作家の根底にある、本人も知らない本質、潜在意識が出ていると確信をもって言える。

しかし怖いのは危ない部分や欠落した部分を持っていても美しい絵や綺麗な絵を描く人もいて、つまり危ない絵を描く人は危ない人と言えるが、綺麗な絵を描く人にも危ない人がいるということだ。
そのギャップはどこから来るかと言うと、絵を描いているのは本人のみならず本人の中、あるいは後ろにいる違う何かが描かせてていることもあるからではないだろうか。

私は大きな美術団体に属しているが、そこには日本を代表する有名作家も多い。
昨日は小さな集まりだったが、絵に興味のある人は誰でも知っているような女性作家が来ていた。
彼女は大御所なので絵の批評をすることがあるが、相手を切り捨て叩きのめすようなことを言う。
「下手だから絵をやめたら?」みたいなことはよく言うし、それで泣き出したり二度と会いたくないと言ったり実際筆を折った人もいたように聞く。

彼女は普通の人生経験をしておらず若い頃から認められ周りにちやほやされてきたので、自分は特別な人間だと思っており弱者の気持ちが分からない。
家庭も持たず子供もいないが、美貌の持ち主で絵も孔雀をモチーフにして美しく華麗だ。
同じ有名画家と同棲したり色恋沙汰はあったようだが、それも糧に栄華の階段を昇って行ったようだ。
当然周りは腫物を扱うように接する。

私は同じ支部に属しているので年に何回かは顔を合わせるが、彼女を観察していると人に激昂する時全く顔の表情が変わるのに気付いていた。
元々きつめで彫りの深い美人だが、一瞬で眉間に深い縦皺が入りぎょろりとした目になり般若のような顔になるのだ。
声も神経に障るような甲高い声で相手を威嚇する。
大抵の人間は震え上がるだろう。

ある時私はその一瞬出てくる別人のような彼女が、多分彼女に憑いている背後霊の姿なのだと思った。
彼女の場合は悪霊とかそういう類ではなく、画家として有名になり偉業を達成させるためについている鬼神の類だと思っている。
彼女を守り才能を与え彼女に来た呪詛や生霊を弾き飛ばし絵を描かせて、ある意味社会にミッションとしてその絵画を還元させているわけだ。

先日妻を亡くした歌舞伎役者の記事を書いたが、それと同類で様々な人のネガティブな念を受けても本人は全く平気でいる。
芸術家に限らずやはり世間に名の知られる著名人にはこういうタイプが多い。
良いことも悪いことも含めて、何か社会に対して大きなことをしなければならない役目を持っている人は、背後に強力な守護がいる。

有名人ではなくても、人の顔が一瞬変わるというのは時々ある。
友人でも知り合いでも、あまりに表情が一変して別人のようになるのは気を付けた方がいいかもしれない。
その人に憑依しているあまりよくないもの姿である可能性がある。
表情だけでなく突然別人になったような行動をしたり怒り出したりなどは、それまでそういうことが無くてそれが何度か起こるようになったら何かよくないものの影響を受けている場合があるからだ。


bansyu3.jpg





守護霊とガイド

2017–03–28 (Tue) 14:21
守護霊やガイドは必ずどの人にもついている。
分類や解釈は微妙に違うが、どの霊能関係、スピリチュアル関係でも流派は問わずそれは一致した見解だ。

守護霊、あるいはガーディアンエンジェルとも呼ばれるが、これは一体で生涯変わらないというのが大方の見方だ。
またハイヤーセルフガイドと考える人達もハイヤーセルフと切り離して考える人達もいる。
とにかく主たる守護霊は一人で、これは一生寄り添って守ってくれる存在だ。

よく霊能者やリーダーが祖先と思しきお祖母さんやお祖父さんを見てくれることがあるが、それは大抵守護霊ではなく孫が可愛くてついていたりする補助霊だ。
この人達はまだ新しい霊体なので、生前の姿を持っていて割合分かりやすい。
しかし守護霊となると殆ど時間の経ったエネルギー体で、姿形はある程度変えられるようだ。
男女とか若者老人ぐらいは共通していても、本人や視る人間のイメージというフィルターが掛かる。

その他にも複数のガイドが付いていたり、その上の神仏に近い高次の存在もついていたり、指導霊といって才能や仕事に関わる力を与えてくれるガイドがついている人もいる。
また、動物霊や一時憑依している霊もいたりして、一人の人間は必ず後ろに複数の背後霊をつけている。

霊視する人によって認知されるガイド達も全員ではないし、視る人間の意識を通すからブレがある。
確かめたいと思ったら複数の人に鑑定してもらい、同じ守護霊やガイドが出てきたら信憑性があると思っていいだろう。

守護霊がどんな人か、または後ろで守ってくれている人達は誰がいるのかスピに興味があると必ず知りたくなる。
勿論具体的に知ることが出来ればそれに越したことはないが、それとて鑑定してもらっても曖昧だったりするので、まずは自分で存在を信じ繋がりたいと願うことだ。

常に存在を意識し考えたり話しかければ、シンクロや閃きというサインで必ず教えてくれる。
日常の中でも例えば直感や嫌な予感、第六感、不思議な偶然などでいつもサインはあるのだが、普通の人はそれと結びつけず認知しないだけだ。
それを今度は意識して注意すると、きっと気が付くようになる。

そうなれば徐々に守護霊やガイドとの繋がりが分かるようになって、存在を感じられるはずだ。
姿が見えなくても話が出来なくても、存在を確信できるようになる。
こちらがそう思うと守護霊の力も高まるというフィードバックが起こるらしいので、結びつきを強めるのはお互いにとっていいことに違いない。

人は孤独だと思っても決して一人ではない。
守護霊も他のガイドも見えなくてもいつも側にいる。
悲しくて泣いている時、彼等は頭をそっと撫でてくれているのかもしれないのだから。


005.jpg



 | HOME |  次へ »

プロフィール

masquerade

Author:masquerade
職業画家でベネチアンマスクを描いています。

PR

カレンダー

10 | 2018/11 | 12
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

最新記事

カテゴリ

人気記事ランキング

月別アーカイブ

タグ

メール送信

リンク

フリーエリア

QRコード

QR

人気ブログランキング

PR