「病」と「気」

2017–09–20 (Wed) 16:22
人間の体は不思議だ。
「病気」という言葉は文字通り病は気からという意味でもある。
特に念の強い人間はその矛先を自分に向けると、本当に病気になったりする。
子供が「学校へ行きたくない」と思うと実際におなかが痛くなるのは、気持ちが体に直結して神経が胃腸の動きに影響を与えるためだ。
緊張したら動悸がしたり赤面したり、胃腸が痛くなったりトイレが近くなったりするのも気持ちが体を動かしている。

私もパニック発作のような感じになったことがあるが、これは自分の心にスイッチが入ると起動するというのがよくわかる。
以前なった状況と同じ場面になったり、一瞬でも「大丈夫だろうか?」と不安になるとほぼなってしまう。
動悸や胃痛は原因の「気持ち」を克服すれば治るが、では大きな病気はどうだろうか。
実はこれもかなりの割合で自分が作るようだ。

何でも原因不明の病気はストレスのせいにされる傾向もあるが、人間の体が心と密接に連動している以上病気になるにもなってからも気の持ちようが大きくものを言う。
想念が強いと例えば胃が痛いからまたなったらいやだと思うだけで念は胃に向かうことになる。
私はどこかが気になると実際そこが痛み出すことがよくあるので、パニック発作も私的にはなっても仕方がないものだ。

認知症で訳が分からなくなった老人が、それまでの体の不調が治り元気になるという話はよく聞く。
意識のしっかりしている時は常に不調を気にしたり体の存在を感じていたのだが、認知症でもう頭が空白になると本来の自律神経しか働かないから体にとってはまことに楽な状態となって何の影響も受けず正常に動く。

スピに興味がなくてもどこか身体が不調になっている時は、明らかな病名の付く病気でない限りひょっとしたら自分が作り出している可能性も考えた方がいい。
特に生霊を飛ばすほど念の強い人は、等しくその念で自分も攻撃する時がある。
一番よくないのは自分を責めることでこれは想念の刃を自分に向けているのと同じだから、体はそれに従って自分で自分を攻撃し罰を与える。
胃痛ぐらいで済めばよいが、自己免疫疾患や癌も自分で作ると言われている。

大きな病気になる時はいくつかの原因が必ず重なるが、本当にそんな状態になったらそれまでの自分の心模様を検証して見た方がいいかもしれない。
悲傷、苦悩、自己否定、自責、罪悪感は必ず自分の体に傷をつけている。
それを探り原因を突き止めるだけでも納得出来て気持ちは楽になる。

「気」は自分を生かしもするし殺しもするほど力を持っている。




焼き場に立つ少年

2017–08–09 (Wed) 16:05
今日は長崎原爆の日だ。
広島の1.5倍の規模の原爆が落とされた。
以前長崎と広島に行ったが、長崎はスピリチュアルに覚醒する前で平和記念公園や原爆資料館、浦上天主堂も訪れたが胸のざわめきが暫く収まらなかった。
広島は最近なので原爆ドームには怖くて行かれなかった。

今日ネットを見ていたら長崎の原爆に関する画像が色々アップされていて、あまりにも有名な原爆直後の少年の写真もあった。
「焼き場に立つ少年」と題名が付いた写真。
若い頃これを見て涙が止まらなかったが、今日もまた久しぶりに見て込み上げるものがあった。
死んだ弟を背負って焼き場に来て、直立不動で弟の火葬を待つ少年。
どんな無残な屍の写真より原爆の残忍さを雄弁に物語っている一枚だと思う。

これを見た時画像から伝わってくる何とも言えない波動を感じる人は、必ず胸が痛くなり涙が出てくるだろう。
写ったその空間と少年が未だにその時の切ない、そして人類への警鐘ともいえる悲愴な波動を発しているような気がする。

スピリチュアルに覚醒して命のない様々なものでも波動、エネルギーを持っていることが分かった。
心霊写真を見るとぞっとするのはその写真がネガティブな霊の波動を出しているからだし、ネットで悪意のブログを読んだら作者の悪しきエネルギーが伝わって来る。

画像は幾多の言葉より訴求力がある。
世界中の人々の胸を揺さぶったこの長崎原爆直後の少年の写真は、被写体の少年も撮ったアメリカ軍の軍曹もその瞬間何か天の凄まじい意思を受けていたような気がする。
ベトナム戦争でナパーム弾から逃げる裸の少女の写真も有名だが、こういう写真が世に出て人々の胸に突き刺さり人心を動かすのは人知を超えた不思議な力が働いていると思う。
人類への天の啓示なのではないだろうか。
この写真を撮ったジョー・オダネル氏は以後の人生を反戦、反原爆に身を捧げたのだから彼は天に選ばれたのだろう。

今朝ネットでこの少年の写真を久しぶりに見て、改めてこの写真の放つ魂を震撼せるような波動を感じて胸が痛くなった。
中年以降の日本人なら、この写真を教科書やどこかで目にしていると思う。
スピ的人間でなくてもこの写真と背景を知ったら心が揺さぶられるのが当たり前だと思っていたが、しかし今の日本には何も感じない人たちもいるのではないかとふと考えてしまった。
戦争をゲーム感覚にしか考えていない若者が、果たしてこの少年の写真の意味するものを理解できるかどうかは疑わしい。

下のリンクはこの写真が撮られた経緯と背景。

20638674_2016288265270590_7079435966117412926_n.jpg



http://www.dailymotion.com/video/xzghxa#.UYKKBxyILXp


「悪い気」をもらう

2017–01–11 (Wed) 17:29
よく悪い気を貰う、という言い方をする。
特にスピ的知識があると波動やエネルギーや見えない世界の視点から考えて、人間関係が上手く行かなかったり体調不良になったり運気が落ちたと感じると、何か悪いものや悪い気を貰ったのではないか、憑依されたのではないかと思ってしまう。

私自身もスピリチュアル的になってきたら確かに人混みや大勢の集まる場所、仕事上の欲得がぶつかり合うような人間関係は負のエネルギーを受けて疲れてしまうことがある。
スピリチュアルカウンセリングをしたり、知り合いからその手の相談を受けても真剣になればなるほど相手のネガティブ波動や憑けているものを貰って調子が悪くなり、自分で作った最強の邪気払いのパワーストーンブレスレットを付けても無理だったりする。

多分それは相手と真剣になればなるほど気を通じ合ってしまうので、いくら邪気払いを身に付けても自分自身がゲートを開いてしまうからだ。
だからビジネスでセッションや鑑定をしている人は、逆に相手からの気を入れない術を身に付けないと体が持たないだろう。

確かに人間にはネガティブエネルギーが服を着て歩いているような人や因縁だらけで自縄自縛になっている人、また人を食べてしまうエネルギーバンパイアもいて、例えば仕事の同僚がそんな人だと弱い人はたまったものではない。

負の波動は貰うし、もしかしたら憑けている変なものも飛び乗って来たり、こちらのエネルギーも吸われ放題で運気も落ちて体調も崩れるだろう。
友達なら切ってしまえるが職場だとそうはいかない。

しかし、どんな人でも人生の一時期そういう人間と知り合うという事は、大きな目で見れば魂の学びなのである。
自分の周りは鏡という法則があるが、どこかで自分がその相手と波長が合ってしまったから気を取られたり悪い気を貰ったりすることになって、苦しい思いをする。
それは人生の試練であって、それを乗り越えて成長するという魂のトライであり天の試験だ。

大変な相手と会ってしまった時、そしてその解決方法にはスピリチュアル的にはいくつかのパターンがある。
職場の人間関係で悩んだりいじめられたりした時は、まず自分が変わらなければ関係も変わらない。
何故なら同じ何かを持っていて共鳴してしまったからだ。
また、そんな次元ではない禍々しいものを抱えた相手なら、それは距離を置くしかないし自分を守るためには環境を変えるしかない。
今一つは、そこにはもういる必要がないという上からの報せで、あえて耐えられないほどの人間関係を作るケースもある。
しかしどれも何らかの意味のある引き寄せで、結果的には変わりなさいという警告なのだ。

結局嫌な人と知り合ったり苦しいことや辛いことがあっても、それはその時必要だから来たのであって、そこから自分自身が何を学ぶかなのだと思う。
そしてその課題がクリアできないと同じようなことがまた起こる。
自分の霊的成長があれば、波動が合わなくなるからそんな負の人たちは側に来なくなるし、いても関わらずに済むようになる。

自分の置かれた環境、周りの人間模様、全ては自分自身の魂が求める必然なのかもしれない。
エネルギーバンパイアと会うのも、悪霊に憑依されるのも、またそれに打ち勝つのも、全ては自分のロウワー、ハイヤーの導きだと考えたら、まず相手より自分自身の成長とステージアップを目指すべきだろう。



パワーストーンは生きている

2016–12–08 (Thu) 17:06
私は趣味でパワーストーンブレスレットを作っているが、最近頼まれてタイガーアイのブレスレットを作ることになった。
大きな玉の強いのがほしいという事で、探して幾つか候補の粒を買ってみた。
連で買うこともあるしいい石でリーズナブルなのはブレスレットごと買ってばらして他の石と組み直すこともある。
御夫婦でと頼まれたので奥さんはレッドタイガーアイ、御主人はブルータイガーアイ、ついでにミックスタイガーアイも買ってみた。
余ったら自分用にも一つ作ろうと思ったのだ。

そもそもタイガーアイは強い石だが、ネット購入なので当たり外れもある。
今回届いたのはどれも予想通りのいい石だったが、中でもミックスの大粒のブレスレットは見た瞬間これは自分でしたいと思ってしまった。
必ずばらして組み直すが、見た段階で強く他の石は入れられないと思った。

よくどんなパワーストーンがいいですかと聞かれるが、自分で選んで買う場合は瞬間的にピンときたものが一番自分に合っている。
物でも何でも自分で選んでいると思っても、実は逆に選ばれている場合がある。
特に装身具や身近に置くものなどは向こうからやってきたと思えるようなことがあるだろう。

何かを買おうと思った時比較検討しようと色々なものを見比べるが、案外最初にいいと思ったものに落ち着くことが多い。
多少予算が合わなくても無理してでも欲しいと思ったり、買う気がないものでも偶然目に付いてどうしても欲しくなり買ってしまったものなら、波長が合ったという事だから大事にすると必ず持ち主の気が入って役に立ってくれる。

物にも波動があったり念さえあるという人もいる。
少なくとも無機物のものでしかないと思うのと、大事にしたり気持ちを向けるのとは格段に違ってくるはずだ。

パワーストーンは石の持っている力もあるが、持つ人間と波動が合って気が通じた時に大きな力を発揮してくれる。
一度、依然作った人のゴムがきつくなってお直しを頼まれた時、何度やっても玉が弾けて出来上がるまで何時間もかかったことがある。
疲れた石を交換して配列も変えようとしたのだが、どうも石自体がそれを気に入らなかったらしい。
ブレスをとても大事にしてくれる持ち主で、ご本人もかなり強い人だったので石と本人が完全に同期していたようだ。
石は生きているとその時実感したものだ。

今回手元に来たミックスタイガーアイは見た瞬間「凄い」と思ったので、組んで身に付けてみるのが楽しみだ。




二度あることは三度ある

2016–06–16 (Thu) 22:01
今日の北海道地震の後に龍神神社と地震の関係を記事に書いていた。
一時中断しまた書き始めようと思ったら操作ミスで消えてしまったので、その話は書いてはいけないようだ。

函館市が震度6弱だったが、すぐ向かいには青森があって六ヶ所村の核燃料再処理工場がある。
その貯蔵施設が壊滅したら、原発より被害は大きいらしい。
今は停止しているが、福井県の高速増殖炉もんじゅも同様のようだ。

もんじゅはまた再開を目指すことになったらしいが、そこでは過去数名が不慮の死を遂げている。
自殺か事故かわからないものもあるが、一つの施設や場所やプロジェクトで複数の死者が出たらそこにはネガティブな波動が充満していると考えていい。
無念の死の想念や取り巻く人間達のネガティブエネルギーが増幅し負の連鎖を起こす。

東京オリンピックも舛添知事が辞めたがエンブレムや建設費用、競技場の白紙化、JOCの贈賄など何故これほどまで不祥事が付きまとうのかと思えるほどだ。
はっきり言って東京オリンピックは「縁起が悪い」。

東京オリンピックが決まった時も「福島原発はアンダーコントロール」と安倍総理は大見えを切ったが、あの段階で果たしてオリンピックはできるのかと疑問を感じたものだ。

つまりそもそも無理なことを強引にやろうとしてもそれは天の摂理に反していることで、群がる強欲な想念が悪のエネルギーを増幅し負が負を呼んでいるような状態に見える。

簡単なスピリチュアル的法則だが、物事が自然で順調に進むなら天の理に適っている時で、これは個人的なこともビジネスや組織についても同じだ。
しかし初めから無理があってごり押ししても必ず、邪魔が入ったり躓いたり問題が起こるし、そういう時はすべきではないということなのだ。
強引にやると犠牲者が出て、そのネガティブエネルギーが集まり肥大化し負のスパイラルになる。

やってはいけない事、天意に背く事は必ず警告が入る。
国単位のプロジェクトなどは簡単に変更は出来ないだろうが、一部の為政者や利権者のために関係ない人々に被害が及び国の存亡にまで関わるようになってはもう取り返しがつかない。

天はいつも大事になる前には注意喚起や警告を何度かする。
シンクロのようなミスや失敗が複数あったら個人の生活の中でも注意すべきだし、それはもっと大きな組織規模でも同じことだ。

今日の北海道の地震は東通原発と六ケ所村核燃料再処理工場のすぐ近く、先般の熊本地震は川内原発のすぐ近く。
これが何を意味するのかを考えてみた方がいいのではないか。

「二度あることは三度ある。」
昔の人はこの法則の意味をよく知っていた。
これはスピリチュアル的にも至言である。
そして三度目はとどめのことが多い。



 | HOME |  次へ »

プロフィール

masquerade

Author:masquerade
職業画家でベネチアンマスクを描いています。

PR

カレンダー

09 | 2018/10 | 11
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

最新記事

カテゴリ

人気記事ランキング

月別アーカイブ

タグ

メール送信

リンク

フリーエリア

QRコード

QR

PR