『~のせい』と『~のおかげ』

2019–02–13 (Wed) 16:53
前記事で「おかげ様」について書いたが、「~のおかげ」と「~のせい」の違いについて考えてみたい。
よく人はいいことがあったら「~のおかげ」と言い、悪いことがあったら「~のせい」という。

何でも自分以外に原因を求めたがるのは人間のサガだが、特に悪いことについては多い。
「~のおかげ」と「~のせい」は表裏一体で、前者はポジティブな出来事の場合で後者はネガティブな場合だ。
対象は同じでも自分にとっていいか悪いかだけで、言い方が変わる。

しかし時としてネガティブな「~のせい」が未来には「~のおかげ」になることがある。
過去を振り返れば誰にでもあるのではないか。
その時は大変でも結果的にあのおかげで違う道が開けたとか、成長できた、いい経験になったと思えることがあるはずだ。
当時は「~のせいでこうなった」と恨んでも、ずっと後になって「あれがあったから今日がある、あれをバネにしてここまで来られた」と考えると「~のせい」が「~のおかげ」に転換する。

私自身も絵の世界にいて、若い頃は随分人間関係で苦労した。
媚びるのが嫌いで常に単独行動だったので、生意気と見られたりいわゆるお局様や大センセイにはあからさまに冷遇されたこともある。
しかし当時はそれを制作のモチベーションに出来たし、その結果ここまで来られたと思っている。
だから今となっては、私に試練を与えてくれた人達のおかげだと考え、彼女、彼等には感謝している。

人間とは弱いもので、特に組織や団体は利害関係で成り立っていることが多いから染まってしまう。
欲や権力にしがみつく者はあからさまに人間の感情を剥き出しにして時には子供じみたこともするが、彼らの器量の狭さやの未熟さを理解出来るようになると同じ土俵にはいられなくなる。
だから、その関係から脱却するために努力しステージを上げれば、彼らは逆説的に恩人なわけだ。

人生に苦労や試練は付き物だ。
霊的進化のために自ら苦難を決めて来たと言われるほどだ。
だから齢を重ねが成長すると「~のせい」が減って「~のおかげ」が増えてくるだろう。

何にでも感謝する「感謝教」とは違うが、人生の最後の方には「おかげさまで生かしてもらった」という境地になりたいものだ。
誰でも辞世の句で「幸せな人生だった、人生の全ての物に感謝します。」と言うことが出来たらと思う。



DSC_1724.jpg





毒親と虐待

2019–02–08 (Fri) 17:45
毒親という言葉があるがこれはここ十数年で使われるようになった。
この言葉が出て来た時に、自分の親のことだと思った子供も沢山いたのではないだろうか。
大まかにいえば子供に有害な親のことだ。
虐待は言うに及ばず、暴力はなくても生育の過程で子供に有害な影響を及ぼす親は毒親だ。

子供を否定したり劣等感を植え付けたり生涯心に残るような傷を与える親は、毒を吐きながら子供を育てている。
毒親という言葉は、親は子供に愛情を持つと美化する社会通念を覆す認識だと思う。

今般の虐待死事件もそうだが、鬼畜のような親は歴史上何処にでもいる。
日本でも江戸時代は折檻は当たり前だったし、生まれた子供の間引きや、年端のいかない女児を女郎屋に売るのもよくあった。
虐待は通報すべきという社会認識が出来上がる前の昭和は、小さい子が突然死んでも事故だと言えばそれで済んでいたように思う。
あの頃も確実に虐待はあったはずだ。

毒親という考え方が認知されるようになって、自我が芽生える歳になったり大人になってからも、自分の親は毒親だと気づく子供が増えた。
虐待はそれなりの防御策があるが、明らかな虐待ではない毒親に対しては子供自身が戦うしかなく、早々に家を出たり長じては親との接触を断つなどするしかない。
親になっても人として失格と思うような人間は山ほどいる。
的に見ればまだ幼稚な子供、未熟なが親になって、人間を学ばなければならない設定だろう。

毒親を持つ子供は親だからと言って尊敬したり好きになる必要はないし、そういう自分に良心の呵責を感じる必要もない。
むしろ毒親を毒親だったと自覚させ反省させるべきだ。
何故なら親子の関係が的には逆転している場合が多々あるからだ。

「虐待の連鎖」と言われるが、そういう環境に育った子供は二通りの道を歩むようだ。
一つは本当に連鎖して同じことを繰り返すケース。
幼少時から叩かれれば子供は叩くものだと刷り込まれるから、残念ながら親になったら同じことをする。
もう一つは知識と知恵を得て自分の親を反面教師にし、同じ轍を踏まないケースだ。

呪縛のように虐待は連鎖すると、虐待された子は大人になって思うらしい。
一生そういう足枷を子供にはめるのが虐待の罪深さだ。
『親を親とも思わない』と親側は使うが、毒親を持つ子にとっては逆にそれが一番必要な言葉ではないだろうか。



42ae9638b2c9006b51c3a15ea7dda3ba_s.jpg





『嵐』ショック

2019–01–29 (Tue) 16:35
今日の記事は嵐のファンの方はスルーしてほしい。

嵐の活動休止で日本中が大騒ぎになった。
折しも国会が始まる前日で、安倍政権は不正統計、、北方領土の交渉失敗など国民に注目されたくない内容が目白押しでその目くらましにまた繋がりのあるジャニーズ事務所を使ってスピン報道を仕掛けたのかと思う向きも多いようだ。
おまけにメンバーの一人の父が不正統計を行っていた総務省の当時の次官ともなれば、痛くない腹も探られよう。
そもそも二年後の活動休止について何故今なのか疑問を持たれても仕方がない発表だが、関係者にすればスピンにはなるしこれから二年間最大限の営業で収入が見込めるベストタイミングかもしれない。

私は嵐など興味がないのだが、TOKIOの解散の時も日本中の反応に違和感を覚えて記事にしたことがある。
今回もショックで泣きじゃくったり食事も喉を通らなかったり会社を休んだり、信じられないリアクションがツイッターに流れていてドン引きしてしまった。

スピリチュア的に考えると殆どカルトと変わらないと思う。
ただ教祖が歌手やタレントである違いと、教義も布教もないので社会にとっては健全だと言える。
しかし筋金入りのファンは洗脳状態と同じで、生活の大きな部分がその芸能人の存在で占められている。
同じ普通の人間でもファンにとっては偶像化され神格化されているから、独身のはずが恋人がいたり結婚するだけでも裏切られたりショックを受けたりするようだ。

その心理状態や行動様式は私にとっては理解不能だが、人間は昔から偶像崇拝の行動原理を持っていてその対象は神だったり王だったり支配者だったりした。
それらが廃れてきて、代わりにアイドルや人気グループに対して小規模ながら似た形態になっているのではないだろうか。
カリスマ性を持つ芸能人やグループは過去生を辿ると集団のリーダーや指導者で、そこに惹かれるファンはその集団に属していたというリーディングを読んだことがある。
もっと遡れば的には大きなソウルグループだったり宇宙からの移住集団で、同じ船に乗り合わせたかもしれない。

ファンは対象に理由もなく惹かれてしまうから、そういう意味では見えない世界の引き寄せであり、ファン同士が仲良くなったり妙な共同意識を持つのも頷ける。
過去生で一緒だったからだ。

この世でリーダーのもとにグループを作るというのは、現世だけの関係ではないと思った方がいい。
幸い歌手やアイドルに傾倒してもせいぜいファンクラブに入りグッツを買ってライブやコンサートに行くくらいだが、これが営利絡みや思想絡みだと問題が起きてくるから注意だ。
私も一度ライブに行ったことがあるが皆でペンライトを振る光景を見て、独裁国家の民衆が重なりぞっとした覚えがある。

芸能人のファンになり生きていく活力にするぐらいはいいが、解散や活動休止、あるいは結婚などでショックを受け会社を休むほどめり込むのは危険だ。
そして一番悪いのは、それを利用する勢力がいたりその意を受けて煽るように喧伝するマスコミに踊らされることだ。
彼らは夢を与えてくれたが、一方現実的には歳を取り人気の落ちて来たアイドルグループが、最後に打ち上げ花火で営業をかけているという残酷な見方もできる。
いくらアイドルで今世ではその役目で来たかもしれないが、人間であることに変わりはない。
今一つのミッションが終わって、嵐という虚像から一人の人間の実像へ戻る時が来たのだろう。


9f92aa915660e94318a6d4fa91e61d62_s.jpg





皇室のスキャンダル

2019–01–25 (Fri) 16:22
政治以外の時事ネタはあまり書かないことにしているが、ここ数日皇室スキャンダルでマスコミやネット上が賑わっている。
女性皇族の婚約が延期になり、その理由が婚約者の母親の借金問題なのはすでに周知の通りだ。
婚約が延期になりスキャンダルが出た段階で、相手方が婚約を辞退する宮内庁の脚本だったようだが、そう簡単にはいかなかったらしい。

長く付き合ってはいたが周辺環境を整える前に、安倍政権がピンチになってスピンネタで官邸が公表してしまったから、体裁を整える暇も宮内庁にはなかったのだろう。
女性皇族が温室育ちで相応しくない男性を好きになってしまったという構図だが、役者が揃っていてワイドショー仕立てになっているのが興味をそそるようだ。

婚約をした男性は先日『借金は贈与だった』との文書を公表したが、逆効果だったようで騒ぎは大きくなる一方だ。
平たく言えば皇族の婚約者もその母親も母親の元婚約者も、金と欲が行動原理になっている感じがする。
恋愛関係にある男女間の金銭授受は正式な借用書がない限り借金とは言えない。
金銭に限らず何かを買ってやったり贈ったりしても、恋愛が終わると金ややったものを返せという男は時々いる。

男女限らずこの手の「金や物をせびる」や「やったものを返せ」という人間は卑しいと思う。
金を返せと主張している男性も、貰ったものだから返さないと言っている母親と息子も、まさしく同じレベルので引き寄せ合うことになったのだろう。
どちらも引かない泥仕合だが、見ていて気持ちのいいものではない。

このドラマの俗っぽさが三流芸能ネタと変わらず今国民にウケているのだと思うと、純粋に好きになってしまった女性皇族が気の毒だが、そんな男性を好きになった彼女もまた学ぶことが必要だったのかもしれない。

金と地位目当てで婚約を辞退しない婚約者、恋愛絡みで男性から金をせびる母親、好きだったから援助したのに相手が出世したから腹いせにあの時の金を返せと週刊誌に暴露する男性。
同じような業で縁を持った者達だが、これが皇室を巻き込んでいるということにも深い意味があるような気がする。

皇室も各宮家があり代々高潔な人ばかりというわけではないし、人間臭いドラマやスキャンダルも菊のカーテンに隠されてきたと聞く。
ひょっとしたら今可哀そうな立場にいる問題の皇女はその因果を引き受けたのかもしれず、見えない世界的には下世話なスキャンダルも深い宿業の結果かもしれない。

かなり想像を逞しくしてしまったが、どんなやんごとなき家系でもどんな俗的な一族でもレベルでは様々なカルマや宿縁を持っている。
霊的進化のために人間として生まれたのだから、金や欲しかないのもそこに引き寄せられるのも、的には多くの課題を抱えているのだろう。



9eeaeb9704879dbec5d77e36177dc342_s.jpg





魂の履歴書

2019–01–21 (Mon) 15:47
スピリチュアルに覚醒し出して様々なスピリチュアリストと出会った。
私は仮面の絵を描いているが、その理由は過去生でベネチアにいて仮面を実際に被ったことがあったのと、仮面の人物が宇宙から来た仲間だかららしい。
真偽はもちろん不明だが腑に落ちることは多々ある。
その時の仲間かもと思う人とも何人か出会った。
中にはある仮面の作品を見て、これは私とガイドだと言って実際に購入した人もいる。

ここ数年、私のサードアイを開き必要な情報をくれる人が現れては消えて行った。
残念ながら良い事ばかりではなく見えない世界の怖さや闇を教えてくれた黒系の人もいたが、今では修行させてもらったと思っている。
おかげでスピの危ない部分や己の分限というものが分かったからだ。
いわゆるサイキックアタックも身をもって知り、スピリチュアル世界の付き合い方というものは学んだ。

最近は無闇に同類だからと言って、知り合いを増やしたり関係を作るのは良くないと思っている。
しかしたまたま数年前に癒し系のイベントでお試し鑑定を受けたヒーラーが、渋谷の百貨店の占いコーナーで鑑定しているのを知って行ってみた。
最初に会った時この顔は覚えがあると思ったので、多分どこかで縁はあったのだろう。
インド占星術をベースに色々な占術もやるらしいが、半分は霊視のようだ。
その人のブログも時々見ていたので、バックボーンもある程度わかっている。

私はスピリチュアルに覚醒してから、ずっと自分のの出自、来歴、ブループリントを知りたいと思っていた。
このブログでも断片的に書いているし、大まかなものは過去生も含めて他者にリーディングしてもらったりセルフヒプノをやったりして知っている。
だが妄想半分かもしれないので、確信が欲しかったり証明したいというのが常にある。

昨日そのヒーラーに改めて事情を説明しリーディングしてもらったところ、7割ぐらいが私が思い描いていたの由来や過去生と同じ内容だった。
求めていたことの半分ぐらいは得られたので、渋谷まで出かけて行った意味はあった。
一番心に残ったのは「人生で沢山の修行をして来たから元々あったものが開いた。」と言われたことだった。
それは当たっているかもしれないと思う。
確かに普通の人ならしなくても済む体験や大病もして死と向き合ったり、人生の転換や局面を何度か経験した。

あれは多分文字通り人間という道の修行だったのだろう。
もともとはそんなじゃないから、今世は人間の苦悩や悲哀、限りや縛りを経験したかったのだと言われた。

確かに人生を振り返ると「ストイック」が大好きだった。
この歳になり、そしてスピリチュアルの理を知ったから納得できることで、こうなるまでは「これは自分が望んだ修行だ」、などと考えらなかった。
しかし、実際そう思えるようになったので、今艱難辛苦の渦中にいる人も後にはあれは修行だったと思える日が来るかもしれない。

「自分はなぜ生まれたのか」「自分はなぜ生きているのか」
自分の存在意義を知りたくなった時は、の視点で探ってみると案外驚くような答えが見つかるのではないだろうか。


20151010_154608.jpg





 | HOME |  次へ »

プロフィール

masquerade

Author:masquerade
職業画家でベネチアンマスクを描いています。

PR

カレンダー

01 | 2019/02 | 03
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 - -

最新記事

カテゴリ

人気記事ランキング

月別アーカイブ

タグ

メール送信

リンク

フリーエリア

QRコード

QR

人気ブログランキング

PR