ブログの限界

2018–11–27 (Tue) 15:10
最近は政治ネタを書くのに気合が入らなくなってきた。
それというのも明らかにネット規制があるのが分かったからだ。
それを知りつつそういう勢力に屈したくなくて書いていたが、先頃政権批判の過激な記事を書いたらアクセス数が半分に減った。

政府が規制しているというより、プロバイダー側などが自主規制のように特定ワードで規制を掛けているようだ。
このブログは自動的にツイッターにも連動するような設定にしていたが、その記事の後数日間はツイッターにも載らなくなっていた。
日本ツイッター社が露骨な政権寄りの規制をしているのは知られているが、その他アメブロや他のブログでも規制を掛けていてある日突然ブログ閉鎖のお知らせが届いたりするらしい。

スピ系ブログがお約束のように政治批判をしないのは(礼賛なら構わない)、人気に差し支えるというのが大きいだろう。
ブログをビジネスの一環と捉えているブロガーは決して政治ネタは書かない。
安倍政権は情報統制に力を入れ出してから、、マスコミへの露骨な政治介入で政権批判のジャーナリストたちを駆逐し御用記者や評論家を多用するようになった。
それを見て我が身を守るため、ネット業界から一般の人間にまで自主規制の意識が出てしまったのだろう。
暗黒政治の始まりと言えそうだが、それに唯々諾々と従がっているのも日本国民なのだから未だに現政権は続いているわけだ。

安倍総理が海外にばらまいたお金が10兆円。
アメリカからお古の兵器購入は10年ローンで、本人達が政界から去っても国民は使えない武器にお金を払い続けることになる。
そしてオリンピックの予算は3000億円から3兆円に跳ね上がり、大阪万博には参加国に240億円の支援金を出すそうだ。
みんな国民の血税である。
生活保護も年金もカットで消費税は上がり70歳まで働かなければならない。
政権の連中はあと3年もしたら責任を取らなくてもよくなる。

考えると眩暈がするのでもうブログネタにしても空しいだけだと最近はあまり書かないが、スピ的に言うとそれも日本人のが選択したことで決まったロードマップなのかもしれない。
スピ世界で言われているのはの淘汰が来るということだから、これから様々な天災人災で地球は変わっていくだろう、
私の年代はもう人間の経験をある程度積んだが、次の世代はどうなるのだろうかと危惧している。
日本人の自浄作用がまだ残っていることを期待したいが、多分もう外的な力でないとどうにもならないのだろうと漠然と考えている。

さて、この記事はまたブラックリストに入るのだろうか。



IMG_20181123_115631_208.jpg





人生に疲れた時

2018–11–17 (Sat) 17:11
疲れた時や落ち込んだ時は、子供の頃に好きだった食べ物を食べるといいという話を聞いたことがある。
懐かしい曲を聴くのもそうだ。
大人になると食べ物の好みも変わってくるし、あんなに好きだったのにいつの間にか食べなくなってしまったものもある。
だが私自身メンタルが落ちたり身体的にも疲れた時に昔大好きだったものを食べてみると、本当に少し元気が出たり気持ちが癒されたりしたので確かに効果はあったと思う。
何故かは判らないが、心身共に疲れた時にはお勧めだ。

人間が過去を振り返るのは、大抵現在の生活に何かしら不安があったり満たされない時が多い。
運気上昇でイケイケの時には過去を顧みる余裕も懐かしむ必要もない。
視線は全て前に注がれているからだ。
老境を迎えれば来し方を振り返る事はあるだろうが、まだ先の人生が長いのに過去ばかり振り返ってしまうのは、運気が落ちている時や生きることに疲れているからだ。
そんな時きっと無意識に子供時代や過去の楽しかったこと、幸せだったことを思い出して今の辛さを相殺させたいのだろう。
今の落ち込みが増幅するかもしれないが、それを通り越すと過去には戻れないし現実に立ち向かうしかないことを悟る。

よくあの時の選択が間違ったとか、この道を選ばなかったらと悔いることがあるが、その時違った道を選んでいたらもっと悪くなっていたかもしれないとは誰も考えない。
人生の選択は間違いだったと後から思うことがあっても、実はその時のベストチョイスでそれがのブループリントに沿っているからだ。
あまりにも違うとハイヤーセルフガイドが必ず警告を与え軌道修正するらしいから、苦悩の末選んだり強制的にそちらへ進まされてもすべてはソウルコントラクトだと思っていいだろう。

誰でも後悔のない人生はない。
しかし都度都度最善の選択をしての今なのだから、たとえ困難にあっても辛くても自分のの選択だったと思うべきだ。
生きていればいい時も悪い時もある。
どん底に落ちれば次は必ず上がる。
そして高みに行けばまた下っていくのが運気であり人生だ。
四柱推命でも算命術でも人の運気は12年一回りで、1年12か月の中でもそれは巡る。

疲れ切ってしまった時は子供の頃好きだった物を食べて懐かしい音楽を聴こう。


DSC_0022.jpg





白鳥は かなしからずや

2018–10–23 (Tue) 15:22
白鳥は かなしからずや 空の青 海のあをにも 染まずただよふ

今日は幾つかのシンクロから、この歌が浮かび上がり頭を占領した。
学生時代に習った若山牧水の有名な短歌なので、覚えている人も多いだろう。
当時からこの歌は何故か印象に残り、なんとも胸が切なくなったものだ。
今人生の来し方を振り返ると、あの時の感覚は予感のようなものだったのかもしれない。

これに心が揺れる人は、多分宇宙から地球にやってきたスピリットだと今なら分かる。
若山牧水は放浪の歌人と言われるが、旅と酒と詩歌を愛し40代の若さで亡くなっている。
彼のはこの世という世界で漂泊を続け、もと居た場所に戻って行ったのかもしれない。
経歴を見ても破滅的芸術家の例に漏れず、何かに突き動かされるように短い人生を駆け抜けて行った。

9000首とも言われる歌を残しているが、きっと何処かから降りてきたもので彼のはそれをこの世に残すために来たのだろう。
幾つかから出たような歌がある。
きっとこの地球へ来て自分の存在や居場所、アイデンティティーというものを諦観と共に見つめているような歌だ。


幾山河越えさり行かば寂しさのはてなむ国ぞ今日も旅ゆく

われ歌をうたへりけふも故わかぬかなしみどもにうち追はれつつ

山ねむる山のふもとに海ねむるかなしき春の国を旅ゆく

かたはらに秋ぐさの花あたるらくほろびしものはなつかしきかな

いざ行かむ行きてまだ見ぬ山を見むこのさびしさに君は耐ふるや


いずれも彼のがこの世界で安住の地を見つけられず、どこかで還る場所を希求しているようだ。
目的を持って地球へ来ただとは言え、そこは生涯彼にとってはかりそめの場所だったのだろう。

白鳥はかなしからずや~、の歌を読んで胸を揺さぶられる人がいれば、それはもしかしたら牧水の仲間で、の奥底で郷愁の念を抱きながらここに留まって仕事をしている人達なのかもしれない。


50ec4732776d6353735578e2b7994136_s.jpg





宇宙人かも?

2018–10–17 (Wed) 16:22
昨日髪を切りに行ったのだが、やってくれた美容師の女性が宇宙系の人ですっかり話が合ってしまった。
これまでも何度か切ってもらいスピ的な話もしていたのだが、たまにビジョンが見えるそうだ。
お父さんが亡くなる前にある音楽を聴いて「父が亡くなったらこの曲を泣きながら聴く」というビジョンが見えて実際亡くなった後その曲を泣きながら聴いていたとか、ご主人とまだ付き合う前に彼が女の子を肩車して歩いていく姿が見えて、その後結婚して女の子を生みその場面が実現したとか。

ビジョンを見るのは宇宙系の人に多いようだ。
きっと宇宙から来ただよと言ったら、「実は小さい頃から地球が滅亡したら宇宙から迎えに来てくれると思っていた。」と言っていた。
空が好きでご主人も同じらしいから宇宙の仲間同士で巡り合ったのかもしれない。
何処の星からという話にもなったが、御主人と彼女はシリウスとプレアデスの特徴を持っているようだった。

美容室でこんな話をしているのは怪しいのだが、時に完全にトンデモ話が一致して盛り上がってしまう時がある。
多分普通に人には話せないことでも「そうそう、わかるわかる」という感じになると、一挙に妄想だと思っていたことをカミングアウトしてしまうことがある。

このブログを読んでくれている人の中にも「わかる」と首肯している人がいるのではないだろうか。
宇宙由来のはとにかく小さい頃空や星が好きで、帰りたいとか迎えに来てくれるとか思ったことがあるはずだ。
スピ系人間でも霊能力というよりビジョンを見たり全く違うところから情報を降ろしてきたりする。

インディゴ、スターシードなど分類はあるが、特徴のチェックをするとかなりの項目が当てはまる。
いわゆるライトワーカーと名乗っている人達は自覚しているが、全然自覚もなく普通に生活している人でもかなりの数がいるのではないか。
逆に自称ライトワーカーでも、実は違うところと繋がって光ではない方の人もいる。

くだんの美容師さんは明るくてよく笑う楽しい人だったが、スターシードやクリスタルチルドレンなどは人間の転生が少ないのでなかなか社会に馴染めず苦難の人生を送り地球の泥沼に埋もれてしまう人も多いようだ。
自分が人と違う感覚を持っているとか、妄想のようなものを感じるなど、どこか違う部分を持って悩んでいたら、もしかしたら人間の経験の浅い宇宙のかもしれない。
是非スターシードやインディゴをググって特徴を調べてみてはいかがだろうか。
ついでに出身星ごとの性質も出ているので、自分がどこの星から来たのかもわかるかもしれない。


dc8e39d7ea3f2a5ce618bff64b7b02e1_s.jpg





スピリチュアルブログ

2018–10–07 (Sun) 17:18
私は毎日複数のスピ系ブログを読んでいる。
傾向、主義主張、繋がる先はバラバラだが、共通点としてあるのは「読んでいて参考になる」ことだ。

中には極右的な思想を持つスピリチュアリストもいて、これは神仏系と繋がっている人に多い。
一個人としてはお友達になれそうにないが、見えない世界的にはなるほどと思うこともあるので定期的に読んでいる。
先日靖国神社の宮司が今上天皇の慰霊の旅を批判して、今の政府を代弁するような戦前回帰的意見を言っていた。
日本会議に代表されるように日本の神社は右翼的愛国的だ。
神仏と繋がっている霊能者も高次ではなく、その下の世界と繋がっている人も多いのかもしれない。
「敵が攻めてくるから日本は戦争に備えよ」と靖国の英霊が言っていたと伝えているブログもあったが、神仏の世界も次元や傾向が分かれているようだ。

面白いのは宇宙系のスピリチュアリストのブログで、「みんなの目的があるのだから勝手にしたら」的な論調が多く、組織的なものには無関心な傾向が窺える。
地球が変化し人類も二極化するか淘汰されると言っているのは宇宙系の人たちに多く、神仏系はより現実的でい因果応報や先祖供養などを説いていたりする。
完全に視点が違うのだが、一つだけ共通しているのは~ソウルの存在だ。
だからスピリチュアルなど現実逃避のたわごとだいう人達も、人間にはがあるということだけは信じた方がいいかもしれない。

は霊ともいい、肉体とは違って形が無い。
幽霊が見える人はがそのような形に見えるのだろう。
生きていても死んでいても魂の存在はあって、神仏系霊能者も宇宙系スピリチュアリストも同じものは見えるようだ。
まあ、結局見えない世界は突き詰めれば同じところに行くということなのだろう。

因みに今日読んだスピブログで面白い記述があった。
スピリチュアルも時代が変わったそうだ。

20世紀までの3G「義務・犠牲・我慢」、
21世紀からのLTE「ラブ・サンクス・エンジョイ」

これは神仏系と宇宙系の違いともとれるかもしれない。


ef1a04e617d295e983e9fb5a7f413e5a_s.jpg





 | HOME |  次へ »

プロフィール

masquerade

Author:masquerade
職業画家でベネチアンマスクを描いています。

PR

カレンダー

11 | 2018/12 | 01
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

最新記事

カテゴリ

人気記事ランキング

月別アーカイブ

タグ

メール送信

リンク

フリーエリア

QRコード

QR

人気ブログランキング

PR