ユター沖縄 ・2

2018–12–15 (Sat) 15:35
沖縄で斎場御嶽へ行った翌日は、宿から紹介されたユタの所へ行った。
沖縄のユタは有名だが、家系的な由緒正しいユタもいれば亜流でもユタを名乗っている人もいるようだ。
知名度も料金もピンキリだが宿の主人曰く「ネットに出ているようなユタは本物じゃない」そうだ。

私が紹介されたのは30分3000円で常識的な料金設定だったし、国際通りでひっそりとやっている人だった。
初めてユタに見てもらったが、確かにかなり見えているようだった。
早口で目が半眼になりどこかからダウンロードしている。
質問の内容に答えてくれたが、これからの人生についても時期的なものをかなり具体的に見てくれた。
体のスキャンも出来ているようだし、寿命も見ると言っていた。
聞かれれば厳しいこともきちんと答える主義だそうだ。

私が信頼している陰陽師やアカシックリーディングの女性とほぼ同じことを言っていたので、本物の霊能者だと思った。
代々沖縄の礼拝所で拝む女性の血筋だと言っていた。
まさしく沖縄の正統派ユタなのだろう。
何処と繋がって降ろしてくるのかはわからなかったが、沖縄の祖霊神を通じて降ろしているのかもしれない。
東京へも出張で行くと言っていたから、その筋では知られているようだった。

ユタの後は平和祈念公園へ行ってみたが、そこでおびただしい慰霊の石碑をみて言葉を失った。
沖縄戦で亡くなった人の名前が全員刻まれていたのだ。
全国各地から沖縄で戦死した人が全て出身地ごとに記名されている。
名前が刻まれた壮大な数の石碑が海を見下ろす公園の丘に林立していた。
それを見た時に私は、沖縄はまだ戦争を忘れていないのだと胸が痛くなった。
圧倒されてしまい全部の場所を見ることはできなかったが、あの果てしない石碑群が沖縄の人々の今も続く戦後とアメリカ軍と共存する苦しみを訴えている。
修学旅行生が多数来ていたが、最近はもう戦争の惨禍も教えられない彼らが実体験として戦争がどれほどの悲劇なのかを実感してほしいものだ。

私は何度か沖縄は訪れている。
一番最初に行った時に道路の横を延々と続く鉄条網にショックを受けた。
今回平和祈念公園を訪ねることが出来て、改めて沖縄の苦しみを直視するのが日本人の務めなのだと考えている。

折しも昨日辺野古に政府が土砂の投入を始めた。
私が泊った宿には60代の男性が二人、手弁当で辺野古の座り込みに本土から来て宿泊をしていた。
心ある日本人ならあの美しい海を汚したくないはずだ。
辺野古に基地を作りたがっているのは日本政府と利権を貪る連中だけだ。
オバマ大統領がグアムへ移すと言ったのを止めたのは日本側なのだから。

沖縄は琉球王国の時から神が宿る聖地だ。
何度日本政府はそこを踏みにじれば気が済むのだろう。
美しい海を潰すのは沖縄の神への冒涜だ。


R0011819.jpg R0011806.jpg





メンタルを病むスピリチュアル ・3

2018–12–09 (Sun) 17:25
メンタルを病むことについてスピリチュアル視点から書いてきたが、精神疾患と判定されなくてもいわゆる依存や洗脳という形で現れる場合もある。
「鰯の頭も信心から」「信じる者は救われる」とは信仰をいい方に解釈した諺だが、これは悪い方に振れると洗脳された状態になる。
洗脳は心理学的には説明がついているが、実は新興宗教やカルトでは教祖の後ろに憑いた闇の物の怪が信者達に一種の憑依現象を起こしている場合がある。

依存心が強い人は不安や恐れを持つと何かにすがったり安心したいために、信仰やスピリチュアルに入っていく傾向がある。
特定の占い師や霊能者に困り事を定期的に見てもらうくらいはまだいいが、中には明らかに依存して金品を捧げ毎日の着る服や行動まで占い師にお伺いを立てる異常な事例もある。
億単位のお金をつぎ込んだり生活さえ占い師の言いなりになっていた芸能人もいた。
中には自分の式神のようなものをお客に憑けて意のままに操る悪徳霊能者などもいるから、洗脳なのか憑依なのかわからない場合もあるようだ。

しかし依存し洗脳された人達も普通の生活をして仕事もしていたりすると、鬱のようにメンタルを病んでいることがはっきりわかるわけではない。
何が正常で何が異常なのかの判断はつきかねるし、信仰か洗脳かという見極めも周りに迷惑をかけたり犯罪に抵触しない限りは、洗脳と思えても本人の自由だ。

一番問題なのはカルトでは集団で教祖に洗脳されて非社会的行動をした場合で、オウム真理教などはそれに当たる。
鬱病や統合失調症は普通の社会生活を営めなくなるが、カルトに洗脳されても普通に会社勤めをしていたり家庭を持って生活している人もいるので、洗脳でメンタルを病むとは言えないのかもしれない。
洗脳という憑依が取れた時初めて自分はメンタルをやられていたのだと気が付くが、解けない限りは本人の中では正常なのだ。

カルトとは言わなくても、怪しげな自称スピリチュアルリーダーや自己啓発のカリスマはいる。
講演やイベントではスピ人間が全国から大挙して押し寄せるが、引き寄せられる人は殆ど依存と洗脳の一歩手前でメンタルは危ないような気がする。
人気ミュージシャンに夢中になって追いかけるのと行動様式は一緒だが、音楽を聴くだけなら洗脳されないがスピリチュアルや自己啓発の教祖だと言われたことがそのまま頭に刷り込まれ信者になってしまう。

スピリチュアル教祖は後ろに何らかの強大な背後霊を憑けている。
心に忍び込んだり憑依したり、引き寄せておくためには見えない世界の力が働いている。

スピにはまり追いかけて洗脳されその末に待っているものは、メンタルを病んで社会からドロップアウトした自分かもしれない。


5909da597d9c6d304691b5d33260d370_s.jpg





政治と魔術 ・2

2018–12–02 (Sun) 16:12
時の為政者が霊能者や占い師に傾倒し政策や側近選びにまで影響されたり指示を仰ぐのは、現代でも続いている。
レーガン大統領が夫人の信奉していた占星術師に自分も影響されるようになったのは有名な話だし、日本の初代大統領伊藤博文には高島嘉右衛門という呪術的ブレーンがいた。
誰でも知っている「高島暦」の創始者だ。
日清戦争開戦は、高島の勧めによって伊藤が決断したといわれている。
また、日露戦争直前には、政治家たちが高島のもとを訪れ司令を誰にするか相談したり、最終的には高島の易で、人事が決められていた。

戦後も政財界に影響を与えた有名な霊能者に藤田小女姫という女性がいて、岸信介、福田赳夫、松下幸之助、小佐野賢治などの政財界の大物が顧客としてついていた。
安倍総理の祖父の岸信介も霊能者に頼っていたわけだ。

つい最近お隣の韓国ではパククネ前大統領が逮捕されたが、原因となった友人はその父親が新興宗教の教祖でありシャーマンでパククネの母親の霊を降ろして彼女が大統領になることを予言した。
それですっかり信用した大統領は、その娘である友人にも国家のことを相談してしまったのだろう。
つまり一見仲の良い女同士の友人に見えても、実は霊能者や見えない世界に政治家が依存し政治を動かしていたという構図だったわけだ。

表には出ないが、有名占い師や霊能者には必ず政治家や経済人が客としてついている。
私の知っている陰陽師も代々家系的に平安時代から天皇や公家のお抱えだったから、現在でも一族は一般の人の鑑定はせず特別な人しか見ないそうだ。
そしてそういう陰陽師の存在さえ世に知られず、特別な階級の特別な関係として続いているそうだ。

今でこそ会社コンサルとしてスピリチュアル業界も認められてきたが、そうなる以前も霊能の世界や新興宗教カルトなどは経済政治に深く食い込み国を動かしてきたのは間違いない。
中には平安貴族のように政敵の失脚やライバル会社の失墜を、見えない世界に願う輩もいないとは限らない。
表に出ないだけなのだ。

日本が日清日露戦争に勝ったのも、松下幸之助が経済界のカリスマになったのも、その陰には霊能者の力があったのかもしれない。


404f2504973e27704651139b3a36b15e_s.jpg






政治と魔術 ・1

2018–11–29 (Thu) 17:09
政治とスピリチュアルについては過去にも何度か書いているが、改めてもう一度書いてみたい。

政治と宗教や霊能は切っても切り離せない。
古今東西歴史の初めから支配者やリーダーは、見えないものが見えたり神と話せるシャーマン的な人物が多かった。
それが部族から国という形になり政治という制度になっても、特殊な能力を持っている者は当然人々を導くポジションにつくことになる。

日本でも卑弥呼はシャーマンだったし聖徳太子も予言をしたり数々のエピソードから霊能者だったことが分かる。
元を辿れば太古の指導者は宇宙から来た特殊な魂とも言われているが、そこは触れずにおくとして、古来から洋の東西を問わず政治と神事は切り離せない。

政治を日本では、政と言う。
「まつりごと」である。
古代は祭政一致が常だから、神からの御宣託を受けて「政」は行われた。
天皇は神事を行うシャーマンという位置付けで、「現人神-あらひとがみ」とつい最近まで考えられていたのは歴史で習っただろう。

外国も日本も時の為政者が霊能者や宗教者に頼り言いなりに国を動かした事例がいくつもあり、、ロシアの怪僧ラスプーチンや奈良時代の道鏡などは女帝に取り入ったことで有名だ。
平安時代に安倍晴明が陰陽師となり様々な呪術を駆使して天皇や公家達に絶大な影響力を持つと、以降政治の世界ではお抱えの陰陽師や祈祷師を持って政敵を呪詛することもあったようだ。
天皇はじめ平安貴族は血を流すのが嫌いだから呪術を使ったとの説があるが、確かに武家は刀、公家は呪詛と相手を倒す方法は違っていたのかもしれない。

飢饉や疫病が襲うと頼るのは僧侶や祈祷師を集めて神仏に願う加持祈祷だったし、菅原道真公や崇徳天皇、平将門も祟りを抑えるために神に祭り上げたのだから、政治は見えない世界、神仏に左右されていたと言っても過言ではないだろう。

世界各地で魔術師や祈祷師は呪術を使っていたし、日本でも藤原不比等が中国から蟲毒という呪術を持ってきて使っていたのは闇歴史で知られている。
魔術や呪術の需要は政治絡みが多く、政敵や邪魔者をひそかに疑われず葬るために使われた。
大抵は病気や怪我、事故なので呪詛だとは知られない。
仮にそう思われても因果関係など立証できないので、呪術は最強の武器だったろう。

スピリチュアルも政治にかかるとオカルトやホラーの側面が大きくなってしまう。



02233a191216d28e550c509bb8ca1b34_s.jpg





スピ的視点の違い

2018–09–09 (Sun) 17:23
私はスピリチュアルに覚醒してから数々のスピ人間、職業としての占い師、セラピスト、霊能者などに会った。
最近何となく理解できるようになったが、いわゆる視える人、わかる人でも、繋がっている場所や情報を降ろしてくる先、あるいは見える角度によって、同一の物でも様々な見え方や解釈の仕方が違い、一律に当たる当たらないの次元では論ぜられないということだ。
神仏系や宇宙系、魔術系や闇系など簡単には分けられるが、それとは別にどこにフォーカスして解釈するかというのもそれぞれで違う。

例えば子供が手術を必要とする病気だったとしよう。
手術は難しく名医に巡り合えたお陰で助かった場合、子供を助けたのは執刀した医師と普通は考える。
しかし子供を助けたい一心で全国の名医を探し最高の医師に頼めた両親かもしれない。
またその子や両親は神仏の加護が厚く名医に導いてくれたかもしれない。

この場合子供を助けたのは執刀医だと見るか、両親の助けたいという思念だと見るか、神仏だと見るか、解釈の仕方で答えが違ってくる。
スピの世界でもこういう差異があって、一見言ってることが違うような気がするが実は物事の事象をどこから見ているかで異なった答えになっているケースがあるだろう。

霊能者でも神仏や高次の存在から答えを降ろしてくる人もいるし、自分や質問者の背後の守護霊やガイドと話して判る人もいるし、純粋に自分の念力だけで霊視する人もいる。
いわゆる占い師霊能者は一番、二番が多いようだが、三番目となると陰陽師や修行系の祈祷師に多い。
上記の子供が手術で助かった場合も、スピ的ケースで例えると祈祷師なら手術、守護霊やガイドなら両親の強い祈りや願い、神仏なら一連の流れを作った加護など、どれも子供を助けたといえるし、この三つが合わさって助かったというのが正解だろう。

様々なスピリチュアリストがいるから困った時は何人かに見てもらうこともあるだろうが、答えが違うからと言っても案外色々な角度から見ている可能性もある。
人生は選択であり結局自分の選んだ道は様々な要因でそこに収斂したわけだから、一見違って見えるものでも実は大局的に見ると同じもので結末は決まっていたりするのかもしれない。



077.jpg





 | HOME |  次へ »

プロフィール

masquerade

Author:masquerade
職業画家でベネチアンマスクを描いています。

PR

カレンダー

11 | 2018/12 | 01
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

最新記事

カテゴリ

人気記事ランキング

月別アーカイブ

タグ

メール送信

リンク

フリーエリア

QRコード

QR

人気ブログランキング

PR